03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

下関観光検定021 

【質問】

六連島の西教寺の境内には、江戸時代の熱心な信者の碑が建立されています。
それは誰の碑でしょうか。

【答え】

お軽

【解説】

お軽さんは、厚和元年に大森岩松の次女として生まれ、少女時代は島いちばんのお転婆娘だったそうです。
17歳のとき、島の幸七というものと結婚。
ところが身持ちが悪く家を顧みない夫であったため、人生に悲観して一時は死のうと思ったほどでした。
しかし、西教寺で住職の法話を聞くうちに生きる望みを取り戻し、深く仏に帰依して「長門のお軽」として、加賀の千代女、大和の清九郎とともに、真宗の三同行と呼ばれるようになりました。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行
関連記事

Posted on 2019/05/07 Tue. 11:05 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

07

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form