07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

下関観光検定012 

【問題】

彦島一円の氏神として崇敬の厚い彦島八幡宮では、秋の例祭に「サイ上り」の神事があります。
これは海中からあるものを引き上げたときに「サア上がらせ給え」といったことから、神事はこう呼ばれるようになったそうです。
さて、海中から取り上げたものとは何だったでしょうか。

【答え】



【解説】

彦島八幡宮の例祭に「サイ上り神事」があります。
伝えられるところによると、平治元年10月、里より未申の方角に紫雲がかかり海中より光を放つので網を入れてみると鏡でした。
背面に河野八幡という銘があったので、河野通次は舞子島に祭りました。
このご神鏡を海中から取り上げるときに「サア上がらせ給え」といったところから、この神事の名前になったといわれています。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行
関連記事

Posted on 2017/06/16 Fri. 11:40 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

16

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form