07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

ダイコンおろしストーン 

ダイコンおろしストーン
鳥取県の民話


 むかしむかし、お百姓(ひゃくしょう)たちが年貢(ねんぐ)のお米をおさめないので、お代官(だいかん→役人)が、きつく取り立ててやろうと、山の村へやってきました。
 それを知った山の村では大さわぎで、ウマにのったお代官がやってくると、ごちそうにと、大きな皿(さら)にタイを一匹のせて出しました。
「よしよし、よい心がけじゃ。年貢の取り立ては、まずこれを食ってからにしてやろう」
と、お代官が出されたタイを食べようとしたら、なんとそのタイはくさっていて、ウジ虫がわいているのです。
「この無礼者(ぶれいもの)! なんと言う物を出すのだ!」
 お代官が顔をまっ赤にして怒ったので、村のお百姓が言いました。
「へえ、なんでも、えらいお方が来られたときは、タイをつくって(→この場合のつくるとは、本当はおさしみにすること)さしあげるもんじゃと聞きましたで、わしらはタイを畑にうめて、こやしをかけてつくりました」
 これには、お代官もあきれてしまいました。
「まあ、こんな山の中にいては、海の魚の食べ方など知らぬのも無理はない。だが、山ならダイコンぐらいあるじゃろう、ダイコンおろしにして食うから、もってまいれ」
「へえ、へえ」
 お百姓たちは、いったん帰りましたが、何をしているのか、なかなかダイコンを持ってきません。
 でもそのうちに家の天井裏で、何やらガサゴソと音がし始めました。
「あいつら、天井裏にのぼって、何をしているのじゃ?」
 お代官が天井を見上げていると、お百姓の一人が天井の板を一枚はがして言いました。
「お代官さま、今からダイコンおろしいを出します」
 そして、天井から大きなダイコンを投げ落としたのです。
「わっ、何をしておる!」
 ビックリするお代官の目の前に、お百姓はまた、ダイコンを投げ落としました。
「へい、ダイコンおろしいです」
 そしてまた、ストーンとダイコンを天井から投げ落とします。
「こら、あほうども、やめい。もうダイコンおろしはいらん!」
 お代官がいくらどなっても、お百姓たちは、天井からダイコンを投げ落としました。
「だっ、だめじゃ。話してわかるような相手じゃない。いや、こんな村にグズグズしていたら、何をされるかわからん」
 お代官は年貢の取り調べもせずに、急いで逃げ帰ったという事です。


おしまい
関連記事

Posted on 2013/11/12 Tue. 09:56 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

12

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form