08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

下関の方言 う…の部 

下関の方言 う…の部

うっさばく
 髪を乱す。蜂の巣をつついたような頭髪。
 売りさばく。

うっちらかす
 まき散らす。散乱させる。乱雑なさま。

うてあう
 関わりあう。相手になる。

うとーておく
 証拠に書き残しておく。
 一筆したためておく。

うぶし
 啞。唖者。

うべる
 熱湯に水を入れて薄める。
 うめるとも、

うみる
 蒸し暑い。
 ご飯が蒸しあがる。
 腫れ物が化膿する。

うむ
 暑い。蒸し暑い。
 ご飯が蒸しあがる。
 理屈でやり込められる。いい負ける。
 将棋で詰められる。

うむす
 蒸し暑い。
 ご飯が蒸しあがる。

うめる
 薄める。
 暑い風呂に水を入れてぬるくする。

うりもの
 行商に出かける。
 市場に野菜や魚を運び込む。
 嫁入り前の娘。

うるい
 雨。小雨。久しぶりに降る雨。

うるいまち
 雨乞い。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より
関連記事

Posted on 2020/09/17 Thu. 09:28 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

17