05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

勝谷の河童 

勝谷の河童


むかし、勝山には川、沼、池などがいたるところにあり、そこに河童がすんでいました。

ある夏のこと、勝谷の吾作という百姓が砂子多川で、牛に行水をさせていました。
ところが、牛はなにか落ち着かない様子で、さかんに尻尾を振っているので、吾作が牛に近づいてみますと、牛の“シリ”に河童がくっついていました。
噂に聞いたいたずら河童め、よし、こらしめてやれと吾作は、むんずと河童の首筋をつかみ、片手で頭の皿に入っている水をかきだしました。
最初は随分暴れていた河童も、さすがにぐったりとなったところで手足を縛り納屋へ閉じ込めました。

あまりの苦しさに河童は、
「水をくれ、水を、苦しくて死にそうだ。もう二度と悪いことをしないから、助けてください…」
吾作は、もうぼつぼつ助けてやってもいいなと思い、
「よし、許してやろう。そのかわり、田んぼの草をきれいにとること」
と、河童に命じました。

吾作は頭の皿に水を入れてやり、首に縄を結んで畦の上でじっと見張りました。
河童はすばらしい速さで、草をとり始めました。河童が草を取ったあとは、不思議なことに二度と草ははえなかったといいます。

やがて許しを得た河童は、どこからか大石を運んできて、吾作に、
「いままで人間さまに迷惑をかけてきましたが、この石が土になるまで、河童一族は、この土地から姿を消し、一切いたずらはしません」
といって姿を消しました。

その後、河童は勝山から姿を消し、今日まで人間の前に姿を現していません。


(注)
河童は想像上の動物で、本当はいません。
しかし、なんとなくいたずらはするが親しみのある動物です。
よく子どものころ、川や池で遊ぶとき、ナス、キュウリ、トマトなど水に浮いているものには手を出してはいけない。河童が化けているので“シリ”から手を差し込んで、人間の“キモ”をとるからと、よく言われたものです。
そしてこれを防ぐためには、香の煙で体をきよめるか、仏前に供えたご飯を食べていくとよいとも聞かされました。


『下関の民話』下関教育委員会編
関連記事

Posted on 2020/06/16 Tue. 09:19 [edit]

category: 下関の民話

TB: --    CM: 0

16

五年神 

五年神


むかし、内日の赤田代に、顔の醜い山の神が住んでいました。

山の神は、あまり自分の顔が醜いのでひっそりと祠に閉じこもり、ふさぎこんでいました。
大体山の神は、秋の収穫が終わると、近くの山にいて山を守り、春になると里に出て田の神となるのですが、赤田代の山の神は恥ずかしがって、いっこうに姿をあらわしませんでした。

そのため、村の田んぼは荒れ、山の木も少しも大きくならず、村人達はたいへん困ってしまいました。
どうかして、山の神様に里におりてもらい、山や田んぼを守ってもらわねば、この村は今に全滅すると、村人達はたびたび話し合いました。
「山の神様は、きっとお腹がすいているのだ、おいしいものを供えてみよう」
「みんなで歌ったり踊ったりしておなぐさめしよう」
ということになり、さっそく川で魚をとり、おいしいだんごを作ったりして、山の神のひそむ祠に供えました。
山の神様は、女性がきらいです。そこで若い男たちが着飾って賑やかに踊っているとき、急に地鳴りがしたかと思うと、山全体が揺れ動き、大木が次々に折れて、村人たちの頭に落ちてきました。

びっくりした村人たちは、一目散で里に逃げ帰り、
「山の神が怒った、山の神が怒った、みんな早く逃げろ」
と、みんなは、あわてふためいてめぼしい家財道具を担ぎ、隣の村へ避難しました。

その村には、村で一番の物知りの老婆がいました。みんなは、その老婆のところへいき、
「おばあ、どうしたもんだろうのう、お前さまに早くたずねりゃよかったんじゃが…、いい智恵はましもんかのう」
と、相談しました。ところが老婆は、とたんにクックッと笑い出し、
「それは、きっときれいな魚を供えたり、女の着物を着て踊ったんで、気を悪くされたんじゃ、気の弱い神様じゃな…。そしたら、山の神よりもっときりょうの悪いドロバエを供えてみなさい、きっとおよろこびになるから…」

村人達は、物知りばあさんの言うことを信じて、また山の神の住む森に入りました。
そして、恐る恐るドロバエを供えて…
しばらく待っていましたが、今度は前のように山が揺れるようなことはありません。
村人達はほっとして、では、おまつりをこれから何年ごとに行なったらいいでしょうと、伺ったところ、耳の遠い山の神は、
「なに、五年ごとだと…」
と聞き返され、逆らっては恐ろしいので、村人達は、
「ハイ、それでは五年ごとにおまつりします」
といって、大急ぎで山を降りました。

それからは、五年目ごとの十一月初申の日に、山の神のおまつりをするようになったといいます。


(注)
五年目ごとにおまつりをする家が決まっていて、それは、上田勇、上田隆士、稗田勉、福田一男さんら四戸の祖先が代々受け継いでいます。
神の森は、村のすぐ裏にあり、清い場所としてあがめられています。
森の中央にあるトリモチの巨木がご神体で、木の根元には一個の壷が置かれており、石の蓋がしてあります。


『下関の民話』下関教育委員会編
関連記事

Posted on 2020/06/15 Mon. 11:24 [edit]

category: 下関の民話

TB: --    CM: 2

15

かけじく幽霊 

かけじく幽霊 ~下関~

 今から約二百七十年まえ、永福寺(えいふくじ 下関市観音崎)の門前に代々続いている一軒の海産問屋(かいさんどんや 海でとれたものをあつかう店)があった。 

そこの夫婦は、どうしたことか、たいへん仲(なか)がわるく、いつもけんかばかりしていた。そのため商売もうまくいかず、ますます仲がわるくなるばかりであった。

 この夫婦に、としごろの美しいひとりむすめがいた。たいへん親孝行(おやこうこう)で、両親がけんかをするたびに、
「お父さん、お母さん、仲よくしてください。お願いです。」
と、たのむのだが、父親も母親も、
「よけいな心配をしなくていい。」
というばかりで、むすめの言うことを聞くどころか、朝晩けんかのたえまがなかった。

  むすめは、そのたびに悲しくなって、店の前の海辺に出ては、ひとりでないていた。
そんなことが、何日も続くうちに、むすめはとうとう病気にかかってしまった。
それでも、まだ両親のけんかはやまなかった。
むすめの病気はわるくなるばかりで、おきあがることもできないほど弱っていった。

  むすめは、そんなからだでありながら、両親のことが心配で、
「お父さん、お母さん、お願いだから仲よくくらして。」
と、なみだをはらはら流しながらたのむのだが、
「おまえは、心配しなくてよい。」
そう言うだけで、少しもけんかをやめようとはしなかった。 

「わたしの命もわずかのようだ。生きてる間に一度でいいから、お父さん、お母さんの楽しそうな声が聞きたかった。」
むすめのやつれたほおに、なみだがあとからあとから流れおちた。
 
 それからなん日かたったある日、とうとう両親の笑顔を見ることもなく、むすめは息をひきとった。

むすめのそう式があった夜のことである。
永福寺の玉雲(ぎょくうん)おしょうは、一日のおつとめもおわり、
「やれやれ、今晩もむし暑くてねぐるしいわい。」
と、かやの中でうちわをばたばたさせていた。

ようやくとろとろとしかけたころ、ひやっとした風がふきこんで、まくらもとに何者かが立った。
おしょうは、はね起きて、
「これは海産問屋のむすめご、いったいどうしたことじゃ。」
おしょうはおどろいてたずねた。
むすめは、消え入りそうな声で、
「おしょうさま、わたしは、今からあの世へまいります。
それにつけても気がかりなのは、両親の仲です。
あのように仲がわるくては、死んでも死にきれません。
おしょうさま、どうか両親の仲がよくなるようによろしくたのみます。」
と言いながら、かたをふるわせて泣いた。

おしょうは、しばらくむすめの姿を見ていたが、
「よしよし、両親にはよき言ってきかせるから、安心しなさい。でも、ちょっと待ちなさい。」
そう言うと、つと立ちあがってすずり箱をとりよせ、かすかなろうそくの光をたよりに、
すらすらとむすめの姿をかきうつした。
筆をおくと、むすめの姿は、ふっと消えた。

 おしょうは、あくる日、その絵をもって海産問屋をおとずれて、昨夜のできごとを話した。
それを聞いた両親は、
「おまえがそんなに苦しんでいたともしらず、わしたちがわるかった。どうかゆるしてくれ。」
と、声をあげて泣きくずれた。

 あくる日、むすめのお墓のまえで、両親は二度とけんかをすまいとちかった。
なん日かたつうちに、両親の顔に笑顔がよみがえった。
それからは、商売も日ましにさかえていったという。

  むすめの死んだ日は、十七夜の観音様のご縁日にあたる。

この後、永福寺では、むすめの孝心(こうしん 親を思う心)をたたえ、七月十七日の観音大祭には、玉雲おしょうのかいた幽霊のかけじくをお参りの人たちに見せるようになったという。

 この観音様の縁日の日には、遠くから幽霊のかけじくを見るために、お参りにくる人が、今もたえないという。


題名:山口の伝説 出版社:(株)日本標準
編集:山口県小学校教育研究会国語部

豊徳園ホームページより
関連記事

Posted on 2020/06/13 Sat. 10:24 [edit]

category: 下関の民話

TB: --    CM: 0

13

鬼の岩 

鬼の岩 ~下関市豊北町~


 下関市豊北町の島戸に、高坪山(たかつぼやま 長羽山(ながはやま)ともいう)という小高い山がある。
 頂上にのぼると、海士ヶ瀬(あまがせ)の海をへだてて、角島(つのしま)が見わたせるながめのいい山である。

 この高坪山に、むかし、たくさんの鬼が住んでいて、里に下りてきては、物をぬすんだり、漁師の家をあらしたりした。それで、村の人たちはたいへんこまっていた。

 あるとき、このことを聞いた住吉の神様は、なんとかして村の人たちをたすけてやりたいと思った。よい知恵はないものかと考えたすえ、鬼と「かけ」をすることを思いついた。

 ある日、神様はつぼに酒をたくさんつくって、鬼のかしらをよんだ。神様は鬼のかしらに酒をあたえて言った。
「おまえたちと、ひとつ「かけ」をしよう。よいか、ひと晩のうちに、この島戸と角島のあいだの海をうめて、歩いてわたれる瀬をつくるのじゃ。みごとつくれたら、おまえたちののぞみのものをなんでもかなえてやろう。どうじゃ。」

 鬼のかしらは、そのくらいのことならぞうさないと思ったので、よろこんで言った。

「よし、やろう。この「かけ」に勝ったら、浦じゅうのいけすをもらっていくぞ。」

 鬼のかしらは、すぐけらいの鬼どもを呼び集めてわけを話し、神様からもらった酒で酒もりをはじめた。酒もりが終わると、さっそく鬼たちは仕事をはじめることにした。
 鬼のかしらはふしぎな力を出して、大きな石を何万と集めた。けらいの鬼たちは、その石をつぎつぎと海に投げ込んだ。石はみるみるうちに一すじの瀬となってつながっていった。もうひと息で角島までとどきそうになった。

 このようすを見た住吉の神様は、
「これはたいへんだ。このままでは鬼にまけてしまうぞ。」
 とおどろいて、なんとか鬼に勝つくふうはあるまいかと考えた。
「おおそうじゃ。」
 神様はひざをポンとうつと、みのとかさをもってきて木にのぼり、バタバタと、ニワトリの羽おとをたてながら、
「コケコッコー。」
 と、大きな鳴き声を出した。鬼どもは、
「しまった、夜が明けてしまった。これは俺たちの負けだ。」
 といって、みんな逃げてしまった。

 それからは、村に鬼は出なくなった。

 村の人たちは、住吉の神様をありがたく思って、山の上に小さなやしろをたてて、神様をまつったという。
 島戸と角島の間にある鳩島は、鬼が瀬をつくるために投げ込んだ大岩が島になったものだといわれている。
 また、海士ヶ瀬は、小さい石を投げ込んでできたものといわれている。角島の海岸には、このとき鬼がつけたといわれる鬼の手形がついた岩がいまも残っている。
 高坪山は、鬼が酒のつぼを埋めたということから名づけられ、その山中に鬼のかしらの足あとがあったというが、今はもうない。
 いまでも、高坪山から酒もりをしたときの土器が出るといわれている。


題名:山口の伝説 出版社:(株)日本標準
編集:山口県小学校教育研究会国語部

豊徳園ホームページより
関連記事

Posted on 2020/06/12 Fri. 10:40 [edit]

category: 下関の民話

TB: --    CM: 0

12

ひばり毛の名馬 

ひばり毛の名馬


戦国時代にはいろうとする頃ですから、1466年ごろ、長門の国室津岬の牧場で、ひばり毛の仔馬が生まれました。
しかし、母馬は間もなく死に、母を慕う仔馬の悲しいいななきが毎日牧場いっぱいにこだまし、飼主の涙をさそいました。

ある日のこと、仔馬はいつものように、牧場の片隅で一声高く母恋しさにいななきました。
するとそこから一里ほど離れた沖合いの蓋井島で、これに答えるかのように母馬らしい声が聞こえました。
仔馬は驚いて、また一声高くいななくと、しばらくしてまたそれに答える母馬の声がしました。
すっかり喜んだ仔馬は、牧場の柵を飛び越え身の危険も忘れてザブンと海の中へ飛び込みました。
幾度か波にのまれながら、それでも母親に会いたい一心から一生懸命泳ぎました。
ようやく泳ぎついた仔馬は、島の隅から隅まで探し回りましたが、母馬の姿を見つけることができません。

がっかりした仔馬は、浜辺に立って絶望の一声をあげました。
するとどうでしょう。今度は牧場の方からかすかに答える母馬のいななきを聞きました。
仔馬はふたたび海を渡って牧場へ帰りましたが、母馬の姿はもちろんありません。
失望と激しい疲労のため、仔馬はいつの間にかぐっすりと眠ってしまいました。

あくる朝、仔馬はガバと跳ね起きました。
懐かしい母馬と島で楽しく遊んだ夢をみたのでした。
たまらなくなった仔馬は、また海を渡りました。
こうして仔馬は、いくどか海を渡るうちに逞しい若駒に成長していきました。
そのうち水泳は上達し、ひばり毛の毛並みも、ひときわ美しくなっていきました。

こうして“ひばり毛の名馬”は、母を慕う優しい心とともに、その名は近隣にまで高くなっていきました。

当時、周防の領主でした大内義隆は、この噂を伝え聞き、
「その馬こそ、探しもとめていた馬だ。末永く愛馬として飼いたい」
と、牧場からひばり毛の名馬を引き取りました。

しかし、天文二十年八月、義隆は家臣の陶晴賢に背かれて城を追われ、愛馬とともに、川棚ヶ原に逃げ、ここで最後の一戦をこころみましたが、この時惜しくも、ひばり毛の名馬は、敵の刀によって深手を受けて、かわいそうに死んでしまいました。
義隆は、戦いに敗れたことよりも、この哀れな名馬の姿がいたわしく、そばにあった楠の木の根元に亡骸を埋め、楠の木に名馬の霊がこもるようにと、この若木を霊馬神と名づけ、義隆もやがて、四、五日して、さびしく大寧寺で命を絶ちました。


それからながいながい月日が経ち、年が経って、楠の木はは見るからに立派な木に成長しました。


(注)
現在、豊浦町川棚に樹齢八百年と推定される楠の木があります。
高さ約11メートル、巾15メートルと、まるで楠の森のようです。
日本三大楠の木として名高く、大正11年10月12日天然記念物に指定されました。

このひばり毛の名馬は、また“するすみ”の名前で伝説があります。
寿永三年正月、宇治川をはさんで源平がにらみあっていました。
このとき、源氏側では、梶原景季の乗った名馬“するすみ”と佐々木高綱の乗馬、池月とが先陣あらそいをしました。
ともに源頼朝の持っている天下の名馬でしたが、この“するすみ”の生まれたのが、楠の木付近であったといわれています。


『下関の民話』下関教育委員会編
関連記事

Posted on 2020/06/11 Thu. 09:32 [edit]

category: 下関の民話

TB: --    CM: 0

11