10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

高杉晋作ゆかりの地を巡る 

高杉晋作ゆかりの地を巡る

身分制度の厳しかった江戸時代に、町人、農民により編成された奇兵隊を結成し、長州藩の尊王討幕志士として活躍した高杉晋作。幕末という激動の時代を駆け抜け、日本の歴史を動かした高杉晋作の足跡を辿ってみませんか。

白石正一郎旧宅跡(奇兵隊結成の地)

高杉晋作は文久3年6月、荷受問屋 白石正一郎の後ろ盾を得て同士と共に、当地において「奇兵隊」を結成しました。白石正一郎は竹崎の荷受問屋で、鈴木重胤に国学を学び早くから勤王の志がありましたが、西郷隆盛に接したことから実際の活動に入ることになり、坂本龍馬ら諸藩の志士と広く交わり彼らの陰の力として大きな役割を果たしました。

功山寺

嘉暦2年創建の曹洞宗の寺で、長府毛利家の菩提寺でもある名刹。唐様建築の美しさを保つ仏殿は、わが国最古の禅寺様式を残しており、国宝に指定されています。桜と紅葉の名所としても知られています。高杉晋作が明治維新の転機となる旗揚げをした場所でもあり、門前に回天義挙の碑、境内には馬上姿の高杉晋作義挙銅像が建てられています。

高杉晋作療養の地

高杉晋作は小倉戦争で、長州軍を指揮して幕府軍と戦いましたが、この戦いで持病の結核が悪化し、桜山神社の近くに小さな家を建てて、野村望東尼、愛人おうのの看病による療養生活を送りました。

高杉晋作終焉の地

療養中の高杉晋作の身を案じた正妻のマサが看病のため、萩から訪れたことを機に新地の林算九郎宅に移りましたが、慶応3年4月14日、明治維新の直前に、27歳の若さで息を引き取りました。

東行庵

高杉晋作の墓は吉田の東行庵の裏山、清水山にあります。散策が死ぬ間際に「吉田へ…」とつぶやいたことから同所に葬られることとなったのです。東行庵の前身は、山縣有朋が所有していた「無隣庵」で、晋作の愛人・おうの(出家し梅処尼)に与え、著名士の寄付により東行庵が建てられ、梅処尼に贈られました。


下関たのしい旅のコンシェルジュ「楽しも」より
関連記事

Posted on 2019/11/02 Sat. 10:17 [edit]

category: 下関あれこれ

TB: --    CM: 0

02

彦島の氏神【彦島八幡宮】 

彦島の氏神【彦島八幡宮】


屋根の銅板が美しい緑色をみせている「彦島八幡宮」は、彦島の氏神として、多くの人々に親しまれています。

平治元年十月、河野通次が自ら祭りの主となって宇佐神宮より、分霊を勧請したものと伝えられ、別の名を「灘八幡」「子安八幡宮」ともいわれ、航海安全、安産の神様として、広く知られています。

秋の大祭には、八百年前から伝えられている「サイ上り神事」が行われます。
「サイ上り」とは「サァ上がらせ給え」と云う言葉が変化したものといわれ、市の無形文化財に指定されています。

この神事は、彦島開拓の十二苗祖の一人である河野通次が、舞子島の海中から、御神体を引き上げた故事に始まると伝えられ、今もなお十二苗の子孫の人達が、武具甲冑を身に付け、祭りに参列します。
この日だけは、日頃通れない、三井東圧の構内を通り抜け、海岸に出ると、そこには古い鳥居があります。

境内には、縄文時代の始めごろの遺跡である「宮ノ原遺跡」があり、この地の古さを物語っています。

また、仲哀天皇が弓を立てられたという松の碑があり、ここにも仲哀伝説がありました。

八幡宮の近くには、海水浴場があり、夏には多くの海水浴客でにぎわいます。


下関市教育委員会編「わがふるさと見て歩き」昭和58年発行
関連記事

Posted on 2019/11/02 Sat. 09:36 [edit]

category: わがふるさと見て歩き

TB: --    CM: 0

02

竹崎の渡し場と伊崎(下) 

竹崎の渡し場と伊崎(下)

だから先ほどの報済園あたりまで引き返してみよう。
その少し竹崎よりの空き地には石灯籠などなどが幾つも雑然と置かれていて阿弥陀寺町、神宮司町、外濱町などと彫った御影石が放置されている。
ここは赤間神宮の先帝祭における御旅所で、かつては網掛けの松とよばれる名松があったが、今はない。

御旅所は、源平合戦の翌日、ここに住む中島という漁師たちが安徳幼帝を網で引き上げたという伝説によって設けられたものだ。
その隣は観音堂と呼び名だけが残っているが、ここにも観音堂の松という枝振りの美しい松があったという。

その少し東側の小路を 山手に折れて入ると、そこからは往時の伊崎の本通り、約二メートルの狭い路地をはさんで古い家並みがどこまでも続く。
その突き当たりの白塀は天台宗の古寺、雲海院で、地元の人々にはゼンカイさんとか、デンカイさんなどと呼ばれ親しまれている。

雲海院の東側の急坂は文洋中学や無線中継所の丘へと続くが、今は伊崎の漁師町を味わった方が楽しい。
たとえば、ここには格子戸の家や、ベンガラ色の出格子の家、狐格子などが建ち並び、たこつぼや船の櫓などが玄関先にころがっていたりするのだ。

しばらくそのような町並みを楽しみながら歩いていると蛭子神社がある。
「急傾斜地崩壊危険区域」と書かれた看板が立っているが、これは竹崎町や丸山町などと共に伊崎町の特色で、この付近一帯、至る所に危険区域の標識が見られる。
何年か前の大豪雨でも、かなり広い範囲の崖が崩れて、多くの犠牲者を出した。

この辺り、時折磯の匂いが漂ってきて、軒先からは焼き魚の煙も鼻をついてくる。
珍しく共同水道が残っていて、玄関の表札のそばには「英霊の家」とか「水道専用」などの札も貼られたままであるところもなんとなく懐かしい。
こんなところが伊崎散策の良さでもあろうか。

しばらく行くとこの通りにはふさわしくない六階建ての大きなビルがあり、その角から山手に大きな岩と赤い鳥居や社が見える。
登ってみよう。
真下からの直登はかなり古い石段に頼ることになるが、登りきったところは文洋中学へ通ずる車道だ。
そこに建つ赤鳥居は福徳稲荷で海峡の眺めは実に素晴らしい。

福徳稲荷の足元の岩陰にも「正一位鈴ヶ森」と書かれた祠がある。
ここへは、岩にくっつくようにして家が建てられているため、蟹の横這いですり抜けるようにしなければ詣ることもできない。

もう一度、伊崎の町筋に下るには、先ほどの石段を戻ってもいいし、車道を鼻歌でも唄いながらのんびり歩いてもいい。
下りきった少し東側には三蓮寺がある。
そして、よく注意して歩けば、珍しい蔀戸を見つけ出すこともできる。


冨田義弘著「下関駅周辺 下駄ばきぶらたん」
昭和51年 赤間関書房
関連記事

Posted on 2019/11/02 Sat. 09:26 [edit]

category: ぶらたん

TB: --    CM: 0

02