07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

赤間関・馬関・下関 

赤間関・馬関・下関

本州の最西端、三方を海に面しているせいか海岸線の長さは日本一と言われる下関は、人口約二十七万、中国地方では広島、岡山に次ぐものの、中程度の上位にランクされる都市。
といっても、明治二十二年、わが国に初めて市制が布かれた時にはその仲間に入っていたから、日本で一番古い都市の一つだと言うこともできる。

昔は、赤間ヶ関と呼んだ。
赤目の魚がいたからだとか、赤馬の関だとか、海の汐水、つまり閼伽だとか、その由来は諸説分分。
赤目の魚は鯛のことで、赤馬は大きな船という意味だが、ここでは詮索はすまい。

幕末になって赤間ヶ関は何故か、馬関と呼ばれるようになる。
赤間ヶ関とか赤馬が関と書いていたものを、六字から三字の呼び名に縮めてしまう感覚は、現代の若者に通じるものがある。
それは永い鎖国の夢がようやく覚めかけた頃でもあった。

この馬関の呼び名は、テレビや小説で馴染み深いが、演ずる役者たちは必ずと言ってよいほど、馬関のバにアクセントを置く。
テレビを見ていてこれほど不愉快なことはない。
自分の住んでいる土地がとんでもない語調で呼ばれたりすれば、そのドラマ内容が薄っぺらなものに見えてくるのは当然だろう。

馬関は、どこにもアクセントを置かないバカンである。
つまり馬関戦争とか馬関海峡と呼ぶ場合と同じ調子のバカンで発すれば、地元の人々も満足してくれる。
馬関という呼称は現在でも下関の旧市内以外の山村漁村地域の古老の間で生きていて「明日は馬関に行ってくる」という会話もしばしば聞かれる。
かえって馬関に住んでいる下関市民のほうが、バカンの存在をすでに忘れかけているのかもしれない。

ところで下ノ関という呼び名も本当は、かなり古いが赤間関市を改めて正式に市の名称を下関市としたのは明治三十五年のことである。


冨田義弘著「下関駅周辺 下駄ばきぶらたん」
昭和51年 赤間関書房
関連記事

Posted on 2019/08/09 Fri. 11:30 [edit]

category: ぶらたん

TB: --    CM: 0

09

下関の民俗 民間治療法9 

民間治療法9


《乳のこわり》

メダカを四、五尾、生きたまま呑む。
(清末・王司・彦島・蓋井島)

コイのウロコを乳の上に貼る。
(内日)

サイテン草をつける。
(吉田)

ゴボウの種を五、六粒飲む。
(王司)

《乳の出が悪いとき》

ハコベを煎じて飲むか、おひたしにして食べる。
(王司)


「下関の民俗知識」中西輝麿著より
関連記事

Posted on 2019/08/09 Fri. 11:18 [edit]

category: 下関の民俗

TB: --    CM: 0

09

杉田古墳 

杉田古墳


江ノ浦桟橋通り、といっても二十年も前から桟橋はなく、バス停だけが残っているに過ぎない。
その停留所から山手に入れば、嘗ての遊郭街の名残を留める桜町。
そこから、杉田へ抜ける急坂は昔の幹道で、地蔵峠(じぞうだお)と呼ばれてきた。それは、本村の地蔵峠と同じ呼び方であるところから、鎌崎の峠とも杉田の坂とも呼ぶが、この峠の東寄りの丘に杉田古墳がある。
大きな石が三つ、肩を寄せ合うように南へ向けて据えられている。

一つは、ほぼ正方形で、絵のようなものが刻まれているが風雨にさらされて何を描いたものか判然としない。
恐らく四人の人物で、中央は女性であろうと推定されている。その東には一段高い位置に臥牛の形をした石が置かれ、前面には三角形の平石が据えてある。
周囲には、3、40センチ程度の石も置かれているが、何か意味ありげに見える。

下関市史によれば、これは「岩刻絵画」と呼ばれ、「墳形不明」となっている。
昭和初年、当時この丘一体を所有していた旧家、百合野忠美氏が、石に刻み込まれた絵を見て、「古墳ではないだろうか」と、彦島町教育委員会に調査を依頼した。
町では、県や市の協力を求めてつぶさに調べた結果、この付近では珍しい岩刻古墳であることが判った。

この丘には同じような石があちこちに建てられていたが明治の頃、宅地造成などによって破壊されたと、百合野氏は古老に聞いたことがあるというが、それでも同氏が幼少の頃いは、まだ何ヶ所か残っていたそうである。
それも、どの場所も共通して大岩が三つずつ置かれてあって、その中央には丘の頂から母屋へ向けて殆ど一直線となるように八つの平石が、ある間隔をおいて並べてあったので、不思議でならなかったと述懐していた。
しかし、それからも、大正の半ば頃から、心ない石屋たちによって密かに持ち去られはじめ、かろうじて残されたのが、彦島唯一のこの古墳である。

多くの貴重な文化遺産は、いつの時代でもひとびとの無知と無関心と、利害によって失われるもので、かつては、老の山の西麓や、福浦の鋤崎あたりにも、それらしい墳墓があったと云われているが、今となっては探すすべもない。

現在、杉田古墳には「高貴古墳之霊石」と書いた立て札が設けられ、板囲いも施されて近寄ることは出来ない。
炎暑に照らされ、雨に打たれ、雹に叩かれ、千五百年という永い年月に耐えてきたこの古墳の絵画は、これからも風雨にさらされて、ますます識別しにくくなるに違いないが、一応、往古のままに保存だけはされている。


冨田義弘著「彦島あれこれ」より抜粋
関連記事

Posted on 2019/08/09 Fri. 11:16 [edit]

category: ぶらたん彦島

TB: --    CM: 2

09