06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

彦島あれこれ 

33625.jpg


著者の冨田義弘さんは、父の幼馴染で下商の同級生です。

「彦島あれこれ」は昭和50年9月30日、赤間関書房から発行されました。

関連記事

Posted on 2019/07/28 Sun. 10:19 [edit]

category: ぶらたん彦島

TB: --    CM: 0

28

下関の民俗 日常のこと2 

日常のこと2


縁から出入りするのは死者の作法として日常は禁じられた。
(吉田・小月・清末・王司・内日・旧市内・彦島・蓋井島・北九州)

茶碗洗いは、朝のものを昼に洗うようなことは許されない。
(小月・長府・内日・旧市内・彦島・北九州)

ふだんの握り飯は三角に結び、不祝儀の時は丸く結ぶ。
(清末)

一つ鍋の煮物に二人の人が一緒に材料を入れると双児が生まれる。
(清末)


「下関の民俗知識」中西輝麿著より
関連記事

Posted on 2019/07/28 Sun. 10:04 [edit]

category: 下関の民俗

TB: --    CM: 0

28

小暮 実千代 こぐれ みちよ(1918-1990) 

小暮 実千代 こぐれ みちよ(1918-1990)


大正7年、下関市彦島町で生まれました。
本名は、和田つま、梅光女学院へ進み、日本大学芸術科を卒業。
在学中から松竹映画に出演し、入社一週間目に菊池寛原作の「結婚天気図」の主役に抜擢され、そのまま映画界入りしています。
同19年には満州に渡り、スクリーンを離れますが、引き揚げて帰ると、再び松竹に誘われ「許された夜」でカムバックしています。
以後、「青い山脈」で毎日映画コンクール助演演技賞を受賞、スターの地位を不動のものにしました。
出演した作品は「執行猶予」「雪夫人絵図」「帰郷」「自由学校」「源氏物語」「千羽鶴」など300本以上を数えたほか、舞台やテレビでも活躍しています。
また、広告界に進出した俳優の先駆けで、マダムジュジュ・クリームや電気洗濯機の「サンヨー夫人」のコマーシャルは有名です。
さらに、女優として初めて厚生省から保護司に任命され、全国各地から保護司としての講演依頼が殺到、寸暇をさいて要望にこたえていました。
群馬県の「鐘の鳴る丘少年の家」講演会長を勤めるなど、ボランティア活動にも熱心に取り組み、社交家で情けに厚い人でした。
平成2年に亡くなりました。享年72歳でした。


「下関の人物」下関市教育委員会刊行より
関連記事

Posted on 2019/07/28 Sun. 09:22 [edit]

category: 彦島あれこれ

TB: --    CM: 0

28