06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

下関とクジラの歴史1 

下関とクジラの歴史1

平成14年4月24日から一ヶ月、下関市で国際捕鯨委員会(IWC)が開催されます。
これを機に、下関とクジラの歴史をひもとき、その大要を紹介しましょう。

古代から親しまれたクジラ

下関市考古博物館に、クジラの骨を利用してできた「アワビオコシ」が、展示されています。
出土したのは、吉母浜遺跡からです。
このことから、弥生時代からすでに、私たちの祖先は、クジラを食用にしたり、骨を生活の道具にしたりしていたことがわかります。

壇之浦での源平合戦においては、クジラの一種イルカが、勝敗を占う手段とされています。
イルカが、平家軍の下を潜り抜けると敗者となり、向きを変えて戻ると勝者となる、と占いが出ました。
結果は、潜り抜けて、平家は敗者となりました。

クジラは、体の全てが利用できることから、「クジラ一頭で七浦潤す」といわれ、貴重なものでした。
永禄11年、下関市の北端、吉母と室津の境界にクジラが流れ着き、その領有をめぐって、両者が相譲らず、争いが起こっているほどです。

江戸時代になると、積極的にクジラを捕る捕鯨業が、さかんに行われるようになり、萩藩、長府藩も捕鯨を奨励援助し、見返りに税を課して収入を得るようになります。
捕れたクジラは、売り捌くことによって、税を払うことができました。
このとき、下関の問屋は、港町という地の利を生かし、長門仙崎や長崎県の生月から鯨油・鯨肉・鯨骨などを仕入れ、薩摩や大阪、東北へと売り捌く流通センターの役割を果たすようになります。
この傾向は、明治・大正・昭和時代と続き、商業都市下関の、クジラとの関わりの大きな柱でした。

では、クジラは、庶民生活にどのようにかかわってきたのでしょうか。

蓋井島に、七年毎に行われる「山ノ神神事」があることは、よく知られていますが、この祭りの「大まかない」という神事の、買い物控帳に、おばいけ、クジラ油が記されています。
また、今から約140年前、下関で奇兵隊を創設した高杉晋作に、物心両面から支援した白石正一郎の日記には、妻の実家へ尾羽毛を贈ったことが記され、鯨肉は大切な食品であり、贈答品とされていたことがわかります。

鯨油は、灯火用やローソクの原料に使われましたが、稲作の害虫ウンカ駆除のため、水田に散布され、農薬の役目を果たしていました。
また鯨骨や内臓は、肥料として大いに利用されて、捨てるところなく利用されていました。


安富静夫著「関門海峡雑記帳」(増補版)より
関連記事

Posted on 2019/07/17 Wed. 10:29 [edit]

category: 関門海峡雑記帳

TB: --    CM: 0

17

下関観光検定089 

【質問】

下関市彦島の生まれで、映画で活躍、のちにテレビにも出演、また広告界に進出した俳優のさきがけにもなった女優がいました。
戦前から戦後にかけて活躍したこの女優は、保護司としても活動、さてだれでしょうか。

【答え】

小暮実千代

【解説】

小暮実千代は、下関市彦島福浦町生まれ。
梅光女学院、日大芸術学科卒業。
昭和13年に松竹大船撮影所に入社「愛染かつら」で映画デビューしました。
個性的な美女として活躍。
戦後は「青い山脈」「自由学校」など300本以上の映画に出演。
後テレビにも出演。また広告界に進出した俳優のさきがけで「マダム・ジュジュ・クリーム」や「サンヨー夫人」のコマーシャルは有名。
昭和30年から戦災孤児のボランティア活動をはじめ、昭和48年からは女優では初めての保護司として活動。
平成2年に72歳で亡くなりました。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行
関連記事

Posted on 2019/07/17 Wed. 10:05 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

17

福浦港・一本道の灯台 

ロケ地ガイド

《福浦港・一本道の灯台》

カーテンコール

昭和の街かどへタイムトリップ
昭和30年から40年そして、現在の下関を舞台に撮影された映画「カーテンコール」。
舞台の7割が下関で、下関駅周辺・カモンワーフ・唐戸ボードウォーク・豊前田・茶山通り・長府地区・彦島地区等、過去から現在の下関がふんだんに映像に取り込まれています。

ストーリー

出版社で見習い記者を勤めながら正社員を目指していた香織(伊藤歩)はふとした事件をきっかけに九州のタウン誌に異動を命じられる。そこで香織を惹きつけた1通の匿名のはがき。このはがきの内容を記事にするために香織は取材を始める。取材を続けるうち昭和の映画全盛の時代に下関のみなと劇場で幕間芸人という仕事に就いていた男(修平:藤井隆)とその家族の数奇な運命に心動かされ、ついに親子探しの旅に出る。佐々部清監督が父、娘、そして家族を暖かく見つめながら描く感動の秀作。
 昭和30年代から40年代にかけての描写にはモノトーン映像が使われるが、スクリーンには昭和の歴史を物語る日本映画の数々が鮮やかなカラーで浮かび上がる。日本版「ニューシネマパラダイス」。

監督 佐々部清
出演 伊藤歩・藤井隆・鶴田真由・奥貫薫・井上尭之・藤村志保・夏八木勲ほか
音楽 藤原いくろう

福浦港・一本道の灯台

修平と良江(奥貫薫)のキスシーンの場所。以来ここで告白すれば必ず叶うといわれてきましたが…。

所在地 下関市彦島福浦町1丁目26番
交通 JR下関駅からバス18分
「福浦本町」バス停下車、徒歩5分

下関市ホームページより
関連記事

Posted on 2019/07/17 Wed. 09:34 [edit]

category: 彦島あれこれ

TB: --    CM: 0

17