06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

酒垂山の紫雲 

酒垂山の紫雲(さかたりやまのしうん)~防府市~


 今からおよそ千年ほどむかしのことだ。

 このあたりでは見かけない船が一そう、勝間の浦(かつまのうら:防府市)に流れ着いた。
 海辺の冷たい風が肌をさす、2月のある夕暮れのことであった。
「えらい大きな船じゃのう。どこから来たんじゃろう。」
「漁をする船じゃないで。だれが乗っておいでたんかのう。」
 漁師たちが、がやがや言いながら浜辺に集まってきた。

 しばらくすると、船からりっぱな着物を着た人たちがおりてきた。その中の供らしい男が、つかつかと漁師たちの方へ近づくと、
「われわれは、菅原道真公(すがわらみちざねこう)の供をして大宰府(だざいふ:福岡県)にむかうところである。長い船旅で、道真公がたいへんお疲れになっているので、どこぞで休ませてもらえぬか。」
 と、言った。

 漁師たちは、たいへん驚いた。
 道真公といえば、後に学問の神様といわれるほどの名高い人だ。それに右大臣という高い位の人だ。
 漁師たちは、しばらく話し合っていたが、やがてその中の一人が、
「せまくてきたないところですが、どうぞおいでください。」
 おそるおそる、一軒の家に案内した。

 その家の中はうす暗く、魚をとる網やびくが、土間のかたすみにおいてある。
「さぞお疲れでございましょう。何もございませんが、これでもどうぞおめしあがりください。」
 と、お茶とありあわせの食べ物をさし出した。
 かべの落ちた、よごれたまずしい家、それに、そまつな食べ物であったが、里人のあたたかい気持ちが、道真には何よりもうれしかった。

 次の日の朝、この地の国司(こくし:役人)の信貞(のぶさだ)は、道真を国府(役所)のやかたへ案内し、そして大切な客としてもてなした。道真は、その晩はひさしぶりにゆっくりと休むことができた。そして、それからしばらくの日を、そのやかたですごさせてもらうことにした。そのひまひまに、詩や歌を作ったり、本を読んだりしていた。

 そんなある日、信貞は、
「道真様、あまり学問ばかりなさっていると、おからだにさわります。すこしこのあたりをお歩きになって、ゆっくりとなさってはいかがでしょうか。」
 と言って、道真を酒垂山(さかたりやま:現天神山)へ案内した。

 小高い酒垂山には、枝ぶりのよい松の林があり、その間からは、佐波の青い海が見えた。海に浮かぶ数々の島じま、塩を焼く煙が静かにたちのぼるようすは、まるで絵のようなながめであった。
 道真は、この美しい景色を、いつまでもあきることなくながめていた。そして、信貞に、
「ここは、まだ都と陸続きなのだろう。できることなら、ここでずっと暮らしたいものだ。」
 と言った。
 きっと、都に残してきた妻や子どもたちといっしょに、この美しい景色をながめて、ここでくらしたいと思われたのであろう。

 道真は、都で活躍していたのだが、道真をねたむ人たちの悪だくみにあって、遠くはなれた九州の役人として、都を追われたのだった。とつぜんのことだったので、こうしてわずかの供をつれて、九州の大宰府へ下るとちゅうであった。

 話を伝え聞いた里の人たちは、道真のことを気の毒に思い、深く悲しんだ。道真は、
「そう悲しむことはない。わたしは悪くないのだから、いまに、きっとこの罪は晴れるだろう。」
 という意味の歌をよんで、里人をなぐさめたという。

 こうして、国司や里人とともに暮らしているうちに、とうとう九州へいかなければならない日がやってきた。
 その日は、秋の風が気もちよくふき、波も静かないい日であった。
 道真は、酒垂山を見上げて、
「わたしが、もし、大宰府で死ぬようなことがあったなら、わたしの魂はかならず、この勝間の里に帰ってくるであろう。」
 と言って、勝間の浦から船に乗り、九州へむかった。

 道真が大宰府に着いてみると、建物は古びて雨もりがするほどであった。
 しかし、道真は都へ帰れる日を待ちながら、詩を作ったり、本を読んだりして、毎日を過ごしていた。
 ところが、もともとじょうぶでなかった道真は、すっかり身体をこわしてしまい、それがもとで、大宰府に来てから三年たった二月二十五日、とうとうなくなってしまった。五十九歳であった。

 ちょうどその頃、酒垂山にふしぎなことがおこった。
 いままで澄み切っていた酒垂山の空に、紫色の雲がわき出しかと思うと、みるみるうちに空いっぱいに広がっていった。
 そして、勝間の浦には、はるか西の空から五色の光がかがやいた。
「これはどうしたことだ。」
「きっと、何かたいへんなことが起こる前ぶれにちがいない。」
「それにしても、ふしぎなことじゃ。いったいどうしたというのだろう。」

 紫に染まった空、五色にかがやく佐波の海。
 余りの美しさに、国司信貞も里人たちも、みんな浜辺に出て、このふしぎなようすをながめていた。

 このふしぎなできごとから何日かたってから、道真がなくなったというしらせがとどいた。
「では、あのふしぎなできごとは、道真公の魂がここへお帰りになったしるしだったのか。」
 信貞は、勝間の浦をたつときに残した言葉を思い出した。

 そして、道真が愛していた酒垂山のふもとに小さな社(やしろ)をたて、道真をまつった。これが防府天満宮(ほうふてんまんぐう)の起こりである。
 いまも、毎年、秋になると、おおぜいの裸の男たちにより、神幸祭(じんこうさい)と呼ばれる祭りが行われている。
 これは、里人たちが、道真を勝間の浦まで送ったようすをしのんで、網代車(あじろぐるま)にご神体を乗せ、勝間の浦まで運ぶ行事である。
 また、紫色にかがやく雲がわき起こったことを長く伝えるために、天満宮の境内には、紫雲石(しうんせき)がまつってある。


題名:山口の伝説 出版社:(株)日本標準
編集:山口県小学校教育研究会国語部

豊徳園ホームページより
関連記事

Posted on 2019/07/03 Wed. 11:16 [edit]

category: 山口むかし話

TB: --    CM: 0

03

下関観光検定077 

【質問】

大歳神社は、源平の合戦にゆかりの神社です。
さて神社創建のきっかけともなる戦勝祈願をこの地でしたのはだれでしょうか。

【答え】

源義経

【解説】

竹崎町にある大歳神社は、伝えられるところによると、源平合戦の際、源義経が有明山に陣をしき、浅間神社の大歳神を祭り、桑の木を用いて作った弓矢を神前に捧げて戦勝祈願、のちその弓矢をもって対岸の彦島に陣取る平知盛軍へ射ち込んだため、驚いた平氏は壇之浦へ船を進め、ここに源平の合戦になったと伝えられています。
文治2年有明山麓の住民が戦勝の神を祭ったともいいます。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行
関連記事

Posted on 2019/07/03 Wed. 10:47 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

03

西楽寺 

西楽寺


平家ゆかりの寺。
本尊の阿弥陀如来座像は平重盛の守り本尊だったものと伝わる。
これは678年天武天皇が勅命によって彫らせたといわれる由緒ある仏像。


彦島商店会発行「もっと知りたい! 彦島」より
関連記事

Posted on 2019/07/03 Wed. 10:08 [edit]

category: 彦島あれこれ

TB: --    CM: 0

03

筋山砲台跡 

筋山砲台跡


明治21年に着工し翌年完成。
6門編成の砲台。
砲台そのものは移動されている為ここにはないが、砲側庫はそのまま残っている。
1920年要塞整理によって廃止された。


彦島商店会発行「もっと知りたい! 彦島」より
関連記事

Posted on 2019/07/03 Wed. 09:26 [edit]

category: 彦島あれこれ

TB: --    CM: 0

03