05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

沖田のツル 

沖田のツル


今からおよそ百三十年前、宇部村(うべむら)に岡又十郎(おかまたじゅうろう)という若さむらいがいた。
又十郎は毛利藩(もうりはん)福原元僴(ふくはらもとたけ)の家来で、大鳥方(おおとりかた)という役目であった。
大鳥方というのは、毎日、野山をかけめぐって、鳥やけものをとらえる役目だ。

 ある年の秋のくれのことだ。
― 今日はどうしたというのだ。鳥の一羽、けもの一ぴきとれない
又十郎は少し気をおとして、家路についた。秋は日ぐれがはやい。沖田まで来ると、夕もやのかかった田の中に白いものが動いている。
目をすかしてみると、それは二羽のツルだった。一羽は、もう一羽よりずっとからだが大きい。
― しめしめ。これでやっときょうの仕事ができた
又十郎は鉄ぽうをかまえて、ズドンと一発うった。
ぱたっと一羽のツルがたおれた。小さいツルは、おどろいて空に飛び上がった。
― ようし、とのもきっとお喜びになるぞ
かけていってツルをひらいあげると、どうしたことか首がない。
― これはこまった。首なしの鳥はえんぎがわるい。これではとのにさしあげることもできない
又十郎はそこらあたりを、手さぐりでさがした。
けれども、首はとうとうさがしだすことはできなかった。
又十郎はがっかりして、首のないツルをぶらさげてわが家に帰った。

 それから一年たった。又十郎はいつものようにえものをもとめて野山をかけまわったあと、沖田までやってきた。
時こくもちょうど去年と同じころだった。ちち色の夕もやが野や田畑の上にかかっている。
― 去年も同じだったな
ふとそう思って、なにげなく田のほうを見ると、あのときと同じところに、ツルがいるではないか。
こんどは一羽だ。又十郎は自分の目をうたがった。目をこすって、もう一度見た。まちがいない。ツルだ。
― ようし、こんどは足をねらってやろう
又十郎はねらいをさだめてひきがねをひいた。
ねらいたがわず、ツルはぱたりとその場にたおれた。
又十郎はゆっくりと近づいていって、ツルを拾い上げた。
ぽろりと落ちるものがあった。見ると、一本のくだのようだ。手にとって、又十郎は、「あっ。」とさけんだ。
それはツルの首であった。せすじを冷たいものがすべり落ちた。
― さては、二羽のツルはめおとであったか
かわいそうなことをしてしまった。
又十郎は、いまうたれたツルが、夫の首をつばさにだいてずっとくらしてきたことに気づいた。

 そのあくる日、又十郎はとのさまのお役ごめんを申し出た。
その後まもなく、山深い万倉(まぐら)の里で百しょうをしている又十郎のすがたが見られたという。


「山口の伝説」(株式会社日本標準)より
協力/山口県小学校教育研究会国語部


ことば

毛利藩(もうりはん)
むかし中国地方をおさめていたとの様の領地

ねらいたがわず
ねらったとおりに

めおと
ふうふ

お役ごめん
役をやめること

万倉(まぐら)の里
今の山陽小野田市(さんよおのだし)万倉


ポイント

動物たちにも、わたしたちと同じように家族がいます。
そしてわたしたちと同じように、それぞれの動物にとっても家族は大切なものです。
今、わたしたち人間によって自然がこわされていますが、それが動物たちの家族をかなしませていることについて考えてみましょう。
関連記事

Posted on 2019/06/28 Fri. 10:25 [edit]

category: 山口むかし話

TB: --    CM: 0

28

下関観光検定072 

【質問】

戦前・戦中は関釜連絡船として、戦後は朝鮮半島からの引き揚げ船として活躍した船で、使われた錨が現在岬之町に設置されていますが、その船は何という船でしょうか。

【答え】

興安丸

【解説】

関釜連絡船として活躍した興安丸は、日本で最初に全室冷暖房を完備した、昭和を代表する客船でした。
敗戦後は、海外邦人の引き揚げ、在日コリアンの帰国輸送などにあたっていました。
昭和45年に広島県三原市で解体された後、現在岬之町に錨の一つが設置されています。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行
関連記事

Posted on 2019/06/28 Fri. 10:22 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

28

平家踊り「ヤットエーソラエのヤットエノエ」と彦島 

平家踊り「ヤットエーソラエのヤットエノエ」と彦島


平家の持仏をまつっている本村町にある西楽寺。
この寺を開いた西楽法師が、ある時お寺にお参りに来ていた里人の心の内を聞きました。
壇ノ浦の合戦から90年も経ったある日のことでした。
彦島の里人の多くは平家の落人で、90年たった今でも平家の再興の日を心待ちにしながら日々の瀬手活を送っていました。
西楽法師は平家の再興を願うことももっともなこととは思いましたが、もう現在は鎌倉の時代となり、平家の一門もその中心は壇ノ浦の海に沈み、残った武者も、この彦島をはじめ全国にちりじりになっており、平家の再興はもはや望むことの出来ないものであることと思いました。
西楽法師は、何日もの時間をかけて、平家の再興のことは忘れ、彦島の開拓や自分の子孫がこの島で幸せに暮らせるようになることだけを願い、開墾や農作業に精を出すよう、里人達を説得しました。
里人はなかなか納得しませんでしたが、やがて西楽法師に心を開き、そのすすめを受け入れました。
西楽法師は「良かった、私の言っていることをわかってくれましたか。本当に良かった。(ヤットエー、ソラエノ、ヤットエノエー)」と涙を流しました。
里人達も「私たちの未来はすべて法師にお任せして、彦島の開拓に励みましょう。(アーリャ、アリャマカショイ)」と誓ったとの事です。(十二苗祖の誓い)
この時の会話が、毎年の地蔵まつりの踊りに取り入れられ、やがて「平家踊り」へと発展していったとのことです。


彦島商店会発行「もっと知りたい! 彦島」より
関連記事

Posted on 2019/06/28 Fri. 09:17 [edit]

category: 彦島あれこれ

TB: --    CM: 0

28