05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

姫山のお万 

姫山のお万(ひめやまのおまん) 山口市


 むかし、山口の城下に住む長者のところに、お万というひとり娘がいた。
 お万は、色白で、目のぱっちりした、笑うと小さいえくぼのできる美しい娘であった。 十七、八になると、その美しさは歌にまでうたわれるほどの評判になった。

 ある日、しばいの見物に出かけたお万は、わかい旅役者をひと目見て好きになった。そんな時、城下をまわっていた殿さまが、美しいお万に目をとめた。
「そちらの娘をよこせ。そうすれば、そちの願いをなんでみかなえてつかすぞ。」
と命じた。

 お万には、すでに好きな相手があるので、長者は返事をためらっていた。すると、気の短い殿さまは、すぐに承知しない長者に腹を立て、
「なぜ返事をせぬ。余の申すことが気に入らんとでもいうのか。」
「いえ、めっそうもございません。
 しかし、娘の気もちも聞いてみませぬと・・・。」
「そうか。では、お万によく言い聞かせて、きっと余の意にそうようにせよ。」

 殿さまの言いつけにそむけば、どんなおそろしいめにあうかよく知っていた長者は、家に帰ると、すべてをお万にうちあけた。お万は、
「お父様の言いつけなら、どんなことでもしたがうつもろです。でも、そればかりは・・・。」
 と、泣いて長者にすがった。長者は、
「よくわかった。無理もないことだ。どのようなことがあろうとも、このことはお断り申してこよう。

 すぐに城に出かけた長者は、いつまでたっても帰ってこなかった。お万をはじめ、家のものが心配していると、突然どやどやと殿さまの家来が屋敷の中に入ってきた。
 そして、いやがるお万をむりやりつれて引き上げていった。
 城へつれてこられたお万の前に、あらなわでしばられた長者が引きすえられ、胸もとへ刀をつきつけられた。
 殿さまは、
「お万、そちはどうしても余のことばにさからう気か。あれを見よ。そちの返事しだいでは、父親の命はないものと思え。」
 と大声でいった。

 お万は、なみだにぬれた顔をあげて、
「お殿さま。どうか、このことばかりはお許しください。それ以外のことなら、どんなことでもいたします。どうか・・・。」
 と、ひたすら、殿さまににお願いするばかりであった。
「だまれ。ふとどきもの。どうしても余の言いつけにそむく気だなっ。」
 いかりくるった殿さまは、お万をしばりあげ、
「ものども、ただちに父親の首をうて。このお万は姫山に送り、いただきの古井戸の中にいれてヘビ攻めにせよ。」
 と命じた。

  長者は、その日のうちに首をはねられた。
 姫山の古井戸に入れられたお万は、毎日投げ込まれる多くのヘビに攻め立てられた。
 お万は、その苦しみと父親を失った悲しみとで、日ごとにやせ細って、なげき苦しみながら死んでいったという。

 それからというもの、お万のうらみがこの山に残ったのか、姫山の見える山口の地からは、決して美しい娘は生まれなくなったと伝えられいる。


題名:山口の伝説 出版社:(株)日本標準
編集:山口県小学校教育研究会国語部
関連記事

Posted on 2019/06/26 Wed. 11:32 [edit]

category: 山口むかし話

TB: --    CM: 0

26

清盛塚 

源平ゆかりの地 清盛塚

源平壇之浦の合戦前に平家軍が砦を築いていたとされる場所で、平知盛が、父・清盛の霊を慰めるため、無銘の碑を建てたといわれています。
関門海峡をはるかに望む彦島の山中にあり、地元の自治会の人たちを中心に大切に守られています。
関連記事

Posted on 2019/06/26 Wed. 11:18 [edit]

category: 彦島あれこれ

TB: --    CM: 0

26