05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

白ギツネと福徳稲荷 

白ギツネと福徳稲荷 ~下松市~


 下松市花岡の上市(かみいち)に、朱塗りの大鳥居のある法静寺(ほうじょうじ)というお寺がある。
 お寺に鳥居があるのは、めずらしいことであるが、それは、このお寺の境内に、福徳稲荷大明神(ふくとくいなりだいみょうじん)がまつられているからである。

 いまから二百五十年ほど前、このお寺に称誉智順上人(しょうよちじゅんじょうにん)というおしょうさんがいた。
 おしょうさんは、生き物をかわいがる心のやさしい人であった。こまった人や苦しんで人を助けたり、悪い心をもっている人を正しくみちびいたりして、村の人びとからうやまわれ、したわれていた。

 秋のはじめのある日のことである。
 おしょうさんは、いつもより早く朝のおつとめをし、よそゆきの衣(ころも)に着替えると、じゅずをもって、外へ出た。
 きょうは、徳山(とくやま)の町へ法事へ出かけるのである。
 山門をくぐりぬける朝の風はすずしく、たいへんここちよかった。

「きょうもいい天気だわい。昼間はあつくなるぞ。さあ、すずしいうちにでかけよう。」
 と、山門のすぐ前の山陽道を西へむかって歩きだした。
 徳山の町まではかなり遠く、二里(約8キロメートル)はある。とちゅう山を二つも三つもこえ、くねくねと曲がった山道を行かなくてはならない。近道はあるのだが、山の中ややぶ道なので、朝のうちはつゆで衣がぬれる。それで、遠まわりだが、広い道を行くことにした。
 やっと徳山についたころには、お日さまは高いところにあがっていた。

 さて、法事を無事にすませると、帰りは午後のあつい日ざしをさけて、山林の近道を通ることにした。
 めったに人が通らないので、道には草木がおいしげっていた。草をかき分けながら大迫田(おおさこた)の白牟ヶ森(しろむがもり)の中ほどに来たとき、急にあたりが暗くなった。
 と思うと、ゴーッと風がふいて、草や木がザワザワと音をたてた。
「おかしなことじゃ。さっきまであんなに明るかったのに。」
 と、ひとりごとを言いながら、しばらくそこにたちすくんでいると、まもなく、もとの明るさにもどった。おかしなことがあればあるものだ、と気味悪く思いながら急いでその森をぬけ、やっとお寺に帰りついた。

 お寺に帰ったおしょうさんが、
「やれやれ、きょうはよう歩いた。お茶でものむとするか。」
 と言いながら、ふと手を見ると、手にかけていたはずのじゅずがない。あわててそでやふところに手をつっこんでみたがない。こまったことになった。おしょうさんにとって、じゅずはさむらいの刀とおなじくらいたいせつなものだ。
 お茶をのむどころではなくなって、あちらこちらとさがしまわったが見あたらない。おしょうさんはがっかりしてすわりこんでしまった。

 その夜は、とこについてもなかなかねつかれなかったが、昼のつかれで、いつのまにかうとうとしはじめた。すると、まくらもとで、
「わたしたちは、大迫田の白牟ヶ森で死んでいる白ギツネの夫婦でございます。どうか、わたしたちのなきがら(死体)を、人間と同じようにこのお寺にほうむってください。ねがいごとをかなえてくださったなら、このお寺や村の人々が火事やぬすみにあわないように守ってさしあげます。それに、おしょうさまが昼間になくされたじゅずも、ここにおとどけいたします。」
 という声がした。
 目をさましてみると、おどろいたことに、なくしてこまっていたじゅずが、まくらもとにちゃんとおいてあった。

 次の日、おしょうさんは、さっそく寺男をつれて白牟ヶ森へ行ってみた。
 昨夜の声のとおり、白ギツネ夫婦が死んでいたので、すぐに死体をお寺にはこんだ。そうして、人間と同じようにお経をとなえ、墓をつくって戒名(かいみょう:死んだ人につける名)までつけてやった。

 その後、お寺や村の人々は、白ギツネに守られ、火事やぬすみにあうことがなくなった。
 村人たちはありがたく思って、白ギツネの墓におまいりする人がたえなかったという。


 さて、それからおよそ百年たった文政(ぶんせい)十三年(1830)二月のことである。
 この地方の代官所(だいかんしょ)で、たいせつな書き物がなくなった。役人たちが困っていると、村人たちから白ギツネのことを教えられた。さっそく法静寺の白ギツネの墓にまいり、願(がん)をかけた。
 するとまもなく、その書き物が見つかった。代官所では、お礼にお寺の境内に社(やしろ)をたてて、白ギツネをまつった。
 そうして官領長公文所(かんりょうちょうくもんじょ:文書をあつかう役所)に願い出て、この社に「出世福徳正一位稲荷大明神(しゅっせふくとくしょういちいいなりだいみょうじん)」というりっぱな名まえもさずけてもらった。

 この後、このお社は「福徳稲荷」とよばれて、村内だけでなく、まわりの村や町まで広く知られるようになった。
 毎年、十一月三日には、豊作をねがって稲穂祭り(いなほまつり)が行われる。
 この日には、「キツネのよめ入り行列」がにぎやかに町をねり歩いて、見る人を楽しませている。


題名:山口の伝説 出版社:(株)日本標準
編集:山口県小学校教育研究会国語部

豊徳園ホームページより
関連記事

Posted on 2019/06/23 Sun. 11:07 [edit]

category: 山口むかし話

TB: --    CM: 0

23

下関観光検定067 

【質問】

大正天皇ご即位を記念して造られた公園が、下関最初の公園、日和山公園です。
大正10年から整備に着手し、完成したのは昭和2年11月のことでした。
この公園のシンボルとなったのが、昭和11年に建立された高杉晋作の銅像です。
しかしこの銅像は戦時中に供出され、台座のみ残っていましたが、この台座の上に、陶像として昭和31年4月に再建されました。
この陶像は何焼きでつくられたでしょうか。

【答え】

備前焼

【解説】

下関市では大正天皇ご即位を記念して、海峡を見下ろす景勝の地・日和山に公園を造ることを決定。
大正10年から整備に着手しましたが、完成したのは御代が変わった昭和2年のことでした。
この公園のシンボルとなったのが、昭和11年に建立された高杉晋作の銅像でした。
この銅像が戦時中に供出され、台座のみ残っていましたが、昭和31年備前焼の陶像として再建されました。
製作者は備前の陶工、伊勢崎陽山、像の高さは4.2m。
高杉晋作の墓所、吉田の清水山にもやや小型の像が立っていますが、これが日和山の像の原型です。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行
関連記事

Posted on 2019/06/23 Sun. 10:45 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

23

ペトログラフ 

ペトログラフ


下関市指定文化財・彦島杉田岩刻画が注目を浴びたのは、大正13年「考古学雑誌14巻4号」に上代の絵画であると思われると報告されたことからです。
石英閃緑岩(横140センチ、縦100センチ、高さ80センチ)の表面にペッキング(硬い石の先端でコツコツ叩いて図形を表出する方法)で刻画された、少なくとも三体の抽象的な人物形と、円、三角形、方形等、幾何学文の組合せの図形からなっています。
岩刻画は本当に古代シュメール文字だという説など、真相は謎に包まれています。
また彦島八幡宮にも同じようにペトログラフが存在します。


彦島商店会発行「もっと知りたい! 彦島」より
関連記事

Posted on 2019/06/23 Sun. 10:43 [edit]

category: 彦島あれこれ

TB: --    CM: 0

23