05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

えんこうと杉の木 

えんこうと杉の木


 佐波川上流の柚野、柚木あたりの話である。
 このあたりでは、大きな杉の木が茂っている風景をよく見かける。

 さて、昔、佐波川にも「えんこう」がいて、泳ぎに行くと、足を引っぱるといって、子どもたちはとても恐れていました。

 ある夏の日のことでした。
 朝から雲ひとつない良い天気で、ギラギラと焼けつくような太陽がようしゃなく照っていました。するどい光にあてられて、草もきもすっかり元気をなくしていましたが、山あいのけい流では、子どもたちの楽しそうにはずんだ声が、こだましてははねかえっていました。
 さすがに暑い日も、太陽がかたむくころになると、涼しい風が木々の間を優しくわたってきました。
「ジィージィー」「ミーンミーン」と聞こえていたせみの声が、いつの間にか「カナカナ」という声に変わり、あたりはすっかり静まりかえってきました。

 まもなくひとりの百姓が馬をひいて「淵」へやってきました。汗とほこりにまみれた馬を、冷たい川の水につけ、百姓はやさしく馬の背中を洗ってやりました。馬は気もちよさそうに目を細め、緑の葉が鳴る風の音と、馬を洗う水の音だけが響いていました。

 突然、その静けさを破って、一匹のえんこうが淵の水面に姿を現しました。と見る間に馬のしっぽにつかまり、長くのびる手を馬のおしりから突っ込んで、生き肝をとろうとしたのです。馬は驚いて、前足を高くあげていななくやら、身ぶるいをするやら大あばれをはじめ、えんこうをしっぽにぶらさげたまま、たいへんな勢いで走り出し、お寺の境内にかけこみました。

 さわぎにおどろいてお坊さんが庭に出てみると、あばれまわっている馬のしっぽに、必死にしがみついているえんこうが、「オンオン」泣いているではありませんか。
 ほどなく、馬も疲れたとみえておとなしくなりました。お坊さんはえんこうに向かって重々しくいいました。
「おまえは人間を困らせるような悪いことばかりしている。重いおしおきをしなければ。」
 すると、えんこうは泣きべそをかきながらいやいやをしました。
「今日は許してやろう。そのかわり、川辺りに杉を植えること。その杉がある間は決して悪いことをしてはならない。もしも今度、人間を困らせるようなことをしたら、ただではすまさんぞ。」
 と、おどすようにお坊さんはいいました。
 えんこうは、首を何度も下げて、うれしそうに川へ帰っていきました。

 次の日、朝早くから、えんこうは一生けんめい川辺りに杉を植えました。
 それからというもの、えんこうは人間の前に出ることもなくなり、だんだんと忘れられていきました。しかし、えんこうがお坊さんと約束を守って植えた杉の木は、どんどん大きくなりました。

 そして、大雨で洪水が出たとき、護岸の役目をし、村を救ってくれました。
 お坊さんは、ちゃんと村の将来のことを考えていたのでしょう。


「徳地の昔ばなし」(徳地町教育委員会編集 平成3年発行)より引用
関連記事

Posted on 2019/06/21 Fri. 11:44 [edit]

category: 山口むかし話

TB: --    CM: 0

21

下関観光検定065 

【質問】

明治39年に赤煉瓦造りの洋館が、唐戸町に造られました。
この建物は、現在国の重要文化財となっています。
なんという建物でしょうか。

【答え】

旧下関英国領事館

【解説】

四国連合艦隊の下関襲来に通訳として参加、のち英国の駐日公使となったフーネスト・サトウの進言によって、下関に英国領事館が設置されたのが明治34年でした。
最初は赤間町で事務を取り扱い、まもなく西南部町の瓜生商会店舗内に移転。
それから五年後の明治39年に煉瓦造り瓦葺二階建ての領事館が建設されました。
領事館としては現存最古の建物。
平成11年に国の重要文化財となっています。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行
関連記事

Posted on 2019/06/21 Fri. 11:34 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

21

彦島ってこんなとこ 

彦島ってこんなとこ


下関の南端に位置し、長い歴史と豊かな自然にめぐまれた関門海峡に浮かぶ島です。
平家最後の陣地となり、現在でも地名としてまた平家踊りなどとして語り継がれる歴史をご紹介します。


人口 28,659人(下関市 277,902人)
男 13,271人
女 15,388人
世帯数 13,493世帯
面積 11.22平方キロメートル
(平成25年11月現在)


彦島商店会発行「もっと知りたい! 彦島」より
関連記事

Posted on 2019/06/21 Fri. 11:17 [edit]

category: 彦島あれこれ

TB: --    CM: 0

21