05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

化けもの退治 

化けもの退治(ばけものたいじ)
~阿武郡阿東町~


 JR山口線山口駅から北へ向かって五つめに、長門峡駅(ちょうもんきょうえき)がある。その近くの阿武川(あぶがわ)の山あいに、長門峡というけしきのよいところがある。

  むかし、この長門峡に、年とった母と漁師のむすこが住んでいた。冬のある日、漁師はえものをもとめて、長門峡の中ほどの淵(ふち)を通りかかった。その淵は、淵の中に竜宮があるといいつたえられていることから、竜宮淵(りゅうぐうぶち)とよばれていた。

「もうし、もうし。」
 どこからともなく、やさしい声がした。
 漁師は、なんだろうと耳をすまして立ち止まった。
 すると、すうっとひとりの女があらわれた。わかくて美しいむすめだ。

 むすめは、「この淵のあたりは、化けものが出ます。通りかかる人をとっては食べ、今までになん人もの多くの人が食べられました。どうか、あなたの弓と矢で化けものを退治してください。りっぱに退治してくださったなら、どんな望みでもかなえてあげましょう。」
 といったかと思うと、またすうっと消えてしまった。

  漁師はふしぎに思いながらも、むすめのねがいをかなえようと、その日から毎日、竜宮淵のまわりを化けものをもとめてさがし歩いた。
 みぞれのふるある夕ぐれどきのことであった。
「きょうもだめか。」
 と、漁師は、ひとりごとをいいながら帰りをいそいでいた。みぞれまじりの冷たい風が、ようしゃなく顔にふきつける。
「おお寒。」
  思わず首をちじめ、背をまるめて走り出そうとしたとき、漁師のゆくえをえたいのしれないまっ黒なかたまりが、にゅうっとふさいだ。はっとして、漁師は弓をかまえた。黒いかたまりは、目の前にせまっている。大きな口をあけ、目をらんらんとかがやかせ、今にもとびかかろうとしている。
 漁師はとっさに横にとんで、化けものをにらみつけた。これこそさがしもとめていた化けものにちがいない。
「おのれ化けものめ。」
  漁師は、弓をひきしぼると、のどのあたりめがけて矢をひょうとはなった。
 ギャーッという声があって、化けものはどうとたおれた。
「やったあ。」
  漁師は、たおれた化けもののそばへかけよった。化けものは首に矢を立てたまま、長々と横たわっている。よくよく見ると、それは、全身を銀色の毛でおおわれた大カワウソであった。

 漁師は、そのカワウソを鈴ケ茶屋(すずがちゃや)とよばれるあたりの淵まで引きずっていった。
 そして、そこから川に投げすてた。
 岩にこしかけて休むうちに、さっきのつかれがどっと出て、漁師はついうとうととした。

 と、どこからともなくいいにおいがただよいはじめた。
 ふえやたいこのこころよい音も聞こえてきた。
 みぞれはまわたのような雪に変わっていた。

 漁師がわれにかえって川を見ると、この前の美しいむすめが、金銀、宝石をちりばめた船に乗って近づいてきた。
「化けものを退治してくださったお礼に参りました。どうぞこの船にお乗りください。」
 漁師は、むすめに言われるままに、ゆめごこちで船に乗りこんだ。船は音もなく川を下り、まもなくりっぱな御殿(ごてん)についた。

 それからというもの、漁師は月日のたつのもわすれ、毎日をゆめのようにすごした。
 美しい音楽と見たこともないごちそう。
 おとひめという美しい姫と侍女たちにもてなされる毎日。
 何ひとつ不自由のない、楽しい毎日だった。

 そのうち、漁師は、ふと年とった母と家のことを思い出した。するとやもたてもたまらず家へ帰りたくなった。おとひめたちがとめるのをふりきって、漁師はとうとう帰ることにした。
 おとひめは、みやげにたくさんの宝物をつんだ船を漁師におくってくれた。

 わが家へ帰った漁師は、それから村いちばんの長者になり、年とった母としあわせにくらしたということである。

 のちに、漁師が大カワウソを投げこんだ淵を「カワウソ淵」、長者になった漁師が住んでいたあたりを「長者が原」、とよぶようになった。
「カワウソ淵」と「長者が原」は、その後佐々並ダムができたために、今は水底にしずんでいる。
 また、竜宮へ向けて船を出したあたりは「江舟(えぶね)」と名づけられ、今もその地名は残っている。


題名:山口の伝説 出版社:(株)日本標準
編集:山口県小学校教育研究会国語部

豊徳園ホームページより
関連記事

Posted on 2019/06/19 Wed. 10:34 [edit]

category: 山口むかし話

TB: --    CM: 0

19

下関観光検定063 

【質問】

高杉晋作が下関の花街でめぐりあった一人の女性「おうの」は、高杉晋作亡き後、お墓の傍らに住んで菩提を弔いました。
彼女が梅処という名前で菩提を弔った家は、晋作の号にちなんで名づけられていますが、なんと呼ばれていますか。

【答え】

東行庵

【解説】

下関の花街で高杉晋作とめぐり合い、激動の中に愛をはぐくんだ「おうの」は、高杉の死により、生涯墓守として高杉の菩提を弔う道を選びます。
山県有朋から晋作の墓に接している無隣庵を贈られ、当初この無隣庵で日々を過ごしていたと思われます。
明治7年山県は吉田清水山周辺の地所をおうのに贈与し、後にこの地に東行庵が建立され、おうの(梅処尼)の生涯の住家となります。
東行は高杉晋作の号です。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行
関連記事

Posted on 2019/06/19 Wed. 10:17 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

19

西楽寺 

源平ゆかりの地 西楽寺

平家ゆかりの寺で、建治2年(1276)、一遍上人の従者で平忠政の孫でもあった西楽法師によって開かれました。
本尊の阿弥陀如来座像は平重盛の守り本尊であったと伝えられており、下関市指定有形文化財となっています。

関連記事

Posted on 2019/06/19 Wed. 09:45 [edit]

category: 彦島あれこれ

TB: --    CM: 0

19