05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

竜王山の神石 

竜王山の神石(りゅうおうざんのかみいし)~山陽小野田市~


 今からおよそ千七百年ほどむかしのことだ。

 九州の日向国灘(ひゅうがのくに)で、クマソという豪族(ごうぞく)があばれまわっていた。そこで仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)は、紀州(和歌山県)から軍船に乗りこみ、日向国にむかった。
 瀬戸内海を西へ西へと進んで、やがて、小野田の本山岬の沖合いにさしかかたときのことだ。今まで晴れていた空に黒雲がひろがりはいじめたかと思うと、風も強くふきだし、波もうねりはじめた。
 軍船は、木の葉のようにもまれはじめた。
 今まで見えていた遠くの山々も見失って、方角もわからなくなった。とうとう、たくさんの軍船ははなればなれになっていった。

 そのありさまを見た天皇は、
「この災難(さいなん)を助けてくださるよう、海神においのりしよう。」
 と、いのりはじめた。

 すると、はるか沖のほうから火の玉があらわれ、ふき荒れる大空に大きな輪をえがいて、岬の方へ飛んでいった。あたりは真昼(まひる)のように明るくなり、まわりの山々も見えはじめた。そのうえ、吹きすさんでいた風、荒れくるっていた波もしずまってきた。

 天皇は、
「海神がこの災難を救われたのだ。あの火の玉は、きっと海神にちがいない。ありがたいことだ。」
 と、この火の玉が飛んでいく本山岬にむけて船を進めさせた。

 あくる日、天皇は、自分たちを助けてくれた海神をおまつりする場所をもとめて、海岸のあちらこちらをさがしまわった。
 しかし、おまつりする場所は、どこにもみつからなかった。
 そこで、岬の近くの山に登ろうと、山道を登りはじめたとき、ふしぎな気のただよう大きな石がみつかった。
 天皇は、この石こそ海石をまつるのにふさわしい神石にちがいないと思った。そこで、この神意思をまつるのによい場所をさがすためにmさらに山道を登っていった。

 いただきに着くと、天皇は、
「ここぞ、朝日がさし、夕日がかがやき、神石をまつるにまことによいところである。このすぐれた地にやしろを建てることにしよう。」
 と言って、その神石を海神のみたまとしてまつることにした。

 その後、仲哀天皇の一行は無事に日向国につき、あばれまわるクマソを退治して都に帰ることができた。


 それから六百年ぐらいたったある日のこと、この岬の長(おさ 今の村長)をしていた中尾宇内(なかおうない)に、つぎのようなおつげがあった。
「わたしは、むかし仲哀天皇がこの地にまつった海神である。そのときのほこらもこわれ、ながい間わすれられてきた。さっそく新しいほこらをつくり、みなが心をこめて信心すれば、この地をさかえさせ、くらしもゆたかにし、海の災難もふせぐ守り神になるであろう。また、いりいろな願いごとも、かならずみんなかなえてつかわすであろう。」

 村人たちは、さっそく新しいほこらをつくり、竜王の宮と名づけて、海神としてまつった。
 それから後、村人たちは、どんなに海が荒れても、ふしぎと災難にあうこともなく、しあわせにくらしたという。

 竜王の宮は、今も山陽小野田市の竜王山のいただきにある。今はおまいりする人はほとんどいない。


題名:山口の伝説 出版社:(株)日本標準
編集:山口県小学校教育研究会国語部

豊徳園ホームページより
関連記事

Posted on 2019/06/12 Wed. 09:57 [edit]

category: 山口むかし話

TB: --    CM: 0

12

下関観光検定057 

【質問】

坂本龍馬が愛用した拳銃は二丁ありました。
このうち最初の一つは、長州のある人から贈られたものです。
さて龍馬に拳銃を贈った人物はだれでしょうか。

【答え】

高杉晋作

【解説】

龍馬が愛用した拳銃は二丁ありました。
ひとつは高杉晋作から贈呈されたS&Wモデル2アーミー32口径で、寺田屋事件の際に実際に使ったのはこの銃です。
しかし寺田屋事件のときに紛失してしまい、後に買い求めたのがS&Wモデル1.22口径です。
この銃は妻お龍とともに一丁ずつ所持し、薩摩藩在時はこれで狩猟などを楽しんだといいます。
当然この銃は暗殺された時も携帯していましたが、発砲することなく殺害されました。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行
関連記事

Posted on 2019/06/12 Wed. 09:46 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

12

高杉晋作が彦島を救った 2 

高杉晋作が彦島を救った 2


講和の全権を担って、外国との折衝をまかされたのが「高杉晋作」でした。
講和談判は、彦島が攻撃を受けた翌日の8月8日から始まりました。
イギリスの艦船に乗り込んでの講和談判では、晋作の通訳を伊藤博文、井上馨がつとめました。
賠償金300万ドルの要求は拒否し、これは幕府が払うことになりました。
その他事実上の下関開港や関門海峡の自由通行などは認めました。
その交渉の中で、イギリス提督は「彦島の租借」を申し入れてきました。
「彦島を期限付きで外国に貸してくれ」と言ってきたわけです。
晋作はこの二年前に上海に視察に行く経験をしていました、
二ヶ月間の上海視察で見たものは、欧米列強に支配され、半植民地と化していた清国の惨状でした。
ですから、この「彦島を貸してくれ」という提案が何を意味するのか、しっかりわかっていたのです。
晋作は「この土地は、長州のものではありませーん。むかーし、むかーし、その昔…」と日本の歴史をひもときながら、神々の話などしをして、通訳ごと煙にまいてしまった…とか、烈火のごとく怒って断った等と伝えられています。
明治42年に伊藤博文が、軍艦から彦島を眺めながら当時の交渉を「…今から考えてみると危ないところじゃった。そうなれば、この島はちょうど今日の香港と同じことになるし、馬関は九龍となるところじゃったろう。考えるだけでも身の毛のよだつ話じゃ」と振り返ったことが「伊藤公全集」に残されています。
もしも晋作が「ああ、どうぞどうぞ。彦島なんかでよければ自由に使ってください」と返事をしていたら、その後の日本史は大きく変わっていたでしよう。
今、私たちは彦島に住んでいなかったかもしれません。
高杉晋作が上海に旅行にいったおかげで、今の平和な彦島があるといってもいいでしょう。


彦島商店会発行「もっと知りたい! 彦島」より
関連記事

Posted on 2019/06/12 Wed. 09:29 [edit]

category: 彦島あれこれ

TB: --    CM: 0

12