05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

宝くらべ 

宝くらべ ~宇部市~


 宇部市の北の方に、霜降山(しもふりやま)という山がある。
 今からおよそ600年前、この山の上の城に、厚東判官盛俊(ことうはんがんもりとし)という武将が住んでいた。
 厚東判官は、周防、長門、安芸の三国をおさめる武将で、たくさんの宝物を集めていた。

 長雨のふりつづく五月のある日のこと、
「こんな雨つづきで、城の中にばかりおるのはあきあきした。なにかおもしろいことでもあるまいか。」
 と、判官はつぶやいて、ふと、床の間の金のニワトリに目をとめた。
 それは日ごろじまんしている金のニワトリである。
「そうじゃ、よいことを思いついた。」
 判官は、城中にひびきわたるような大声で、家来たちを大広間に集めた。
「みなのもの、よく聞くがよい。
 あすの朝、原武者兵庫包村(はらむしゃひょうごかねむら)とこの判官が宝くらべをする。」
 と、大声で言いはなった。
 どんないちだいじがおきたかと、息をひそめて判官のことばを待っていた家来たちは、思いがけないことばに、どっと声をあげた。
 筆頭家老の包村はおどろいて、
「とんでもない。わが殿は三国一のおん大将。わたしのようなものでは、とてもとても・・・・・・。」
 と、しりごみしたが、聞き入れられなかった。

 あくる朝、城の大広間には、日ごろうわさされている判官の宝物をひとめ見ようと、おおぜいの家来がおしかけていた。
 判官は、さも満足げに家来たちを見まわし、
「どうじゃ。これがわしの宝物じゃ。よく見るがよい。」
 と、声高々と言った。

 判官の指さす床の間には、なるほど三国一の大将が自慢するだけあって、それはそれはりっぱな宝物がずらりとならんでいた。中でも、金のニワトリ十二羽、金のネコ十二つがい、金銀、サンゴ、綾錦は目をみはるばかりであった。
 家来たちは、
「さすが、わが殿。なんというすばらしい宝の山だ。」
 と、口ぐちにほめそやした。
 ひととり判官の宝物を見おわると、こんどは包村の宝物を見ることになった。包村は、下の間のふすまを開いた。
 そこには、包村の長男太郎秀国(たろうひでくに)以下、男の子七人、女の子五人がぎょうぎよくすわっていた。
「や、や、やあ。」
 家来たちはおどろきの声をあげた。
 と、すぐにおそば役の刑部友春(ぎょうぶともはる)がの、
「一のご家老包村さまの勝ちいっ。」
 という声が高らかにあがった。

 金ノニワトリや金のネコといっても、生きているわけではない。子どもは、何にもかえがたい宝物というわけだ。じまんの鼻をへしおられた判官は、くやしくてくやしくてたまらない。
 それもそのはず、判官には子どもがいなかったからである。
 判官はあまりのくやしさに、どうか子どもがさずかりますようにと、中山(宇部市藤山区)の観音様に七日七夜いっしんにいのった。

 判官の真心が通じたのか、何か月かたって、玉のような女の子が生まれた。
 判官はたいへんよろこんだ。が、心配ごともあった。それは、姫が生まれた夜、ゆめまくらに立った観音様のお告げのことだ。
 お告げによれば、姫は、八歳になると命が終わるという。そこで判官は、いつまでも長生きしてほしいという願いをこめ、姫に万寿という名をつけてだいじに育てた。

 やがて、八年が月日はすぎた。

 姫はますます美しく、元気に育っていった。判官はほっとむねをなでおろす一方、観音様のお告げにはらをたてて、
「このうそつき観音め。人をだますな。」
 と、こしを強くけった。
 それで、中山の広福寺の観音様は、こしが曲がっているのだそうだ。


 それから何年かたって、三国一の武将といわれた判官は、包村のむほんにあってほろぼされ、姫とともに自殺したという。

  朝日さし  夕日かがやく木の下に
  黄金千枚  かわら千枚
 と、うたわれている霜降山には、金のニワトリと金のネコが、今でもうめられたままになっているという。


題名:山口の伝説 出版社:(株)日本標準
編集:山口県小学校教育研究会国語部

豊徳園ホームページより
関連記事

Posted on 2019/06/11 Tue. 11:13 [edit]

category: 山口むかし話

TB: --    CM: 0

11

下関観光検定056 

【質問】

高杉晋作は、戦死した同志の霊を慰め、残るものも死を常に覚悟して臨むため、生墳を築く必要があるとして、招魂場を設けることを提唱しました。
こうして実現した招魂場には、同じ規格の墓標391柱が整然と並んでいます。
さて、この神社は何神社でしょうか。

【答え】

桜山神社

【解説】

高杉晋作は、戦死した同志の霊を慰め、また後に残る者も、死を常に覚悟して時局に臨むため、生墳を築く必要があるとして、共同の招魂の場を設けることを提唱します。
場所も新地町の背後にある小丘の「岡の原」に決定、慶応元年7月に上棟式が行われ、8月には招魂社落成の祭典が行われました。
招魂場には先覚の師・吉田松陰の霊を祀り、慶応2年の小倉戦争の戦死者を祀り、周囲には桜の木を植え、人々はこの岡の原を桜山といいならわすようになりました。
桜山神社の招魂場では身分の区別なく、同じ規格の墓標391柱が整然と並んでいます。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行
関連記事

Posted on 2019/06/11 Tue. 10:59 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

11

高杉晋作が彦島を救った 1 

高杉晋作が彦島を救った 1


幕末、彦島はその後の日本史を大きく変えてしまうかもしれないほどの危機にさらされていました。
当時の窮地を救ったのは、若干26歳の「高杉晋作」でした。
新作が24歳の時に、上海に旅行に行っていなかったならば、今頃皆さんの家は彦島にはなかったかもしれない…というお話です。

攘夷の決行

1863年、長州藩は「攘夷」を決行します。
攘夷とは「夷人をしりぞける」。
つまり外国を実力行使で撃ち払うという考えでした。
攘夷戦にそなえて、彦島にも老の山や竹ノ子島、山床(田の首)などに砲台が築かれました。
攘夷期限とされた文久3年5月10日、長州藩は兵を下関に集結させます。
久坂玄端率いる光明寺党は、亀山砲台から合図の一発を放ち、関門海峡を通るアメリカの商船ベンプローク号を砲撃しました。
以降、フランスやオランダの船にも砲撃を加え、長州藩は外国船を撃ち払うことに成功しました。
しかし6月1日、列強の反撃が始まります。
アメリカ軍艦ワイオミング号が関門海峡に現れ、長州藩は亀山砲台と彦島砲台砲撃しますが、砲弾は届きません。
海峡に入ってきたワイオミング号は、艦砲射撃で亀山砲台を破壊し長州藩の軍艦を戦闘不能に追い込みました。
6月5日には、フランスの軍艦2隻がやってきて、前田、壇ノ浦の砲台は壊滅的な打撃を受け、フランス軍250人が前田に上陸。
砲台を占拠され、村に火を放たれるなど大敗を喫することになりました。
下関での敗北は、萩城にいた藩主毛利敬親にもすぐ報告されました。
敬親は、下関の海の守りに萩から25歳の高杉晋作を送り込み、晋作は身分を問わない有志による軍隊「奇兵隊」を結成します。

翌年、四カ国連合艦隊が来襲(下関戦争)彦島も

関門海峡で外国船打ち払いを決行した翌年、元治元年8月、四カ国連合艦隊(イギリス、オランダ、フランス、アメリカ)17隻が下関に来襲しました。
8月5日から7日のわずか三日間で、嵐のような攻撃を受け、7日には彦島の砲台は群は集中攻撃を受け陸戦隊に上陸され、大砲60門を奪いとられました。
長州藩の砲台はことごとく破壊され、多くの外国兵の上陸を許し、長州藩は敗北しました。


彦島商店会発行「もっと知りたい! 彦島」より
関連記事

Posted on 2019/06/11 Tue. 10:15 [edit]

category: 彦島あれこれ

TB: --    CM: 0

11