04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

しずが浦のタヌキ 

しずが浦のタヌキ


 むかしむかし、青海島(おうみしま)というところに、一人の漁師が八歳になる娘と二人で暮らしていました。
 娘の名前は『おしず』で、とても心やさしい娘です。

 ある日の事、この島に来た猟師が子ダヌキを生け捕りにしました。
 猟師はお昼ご飯に、その子ダヌキをタヌキ汁にしようと考えました。
 するとこれを見たおしずが子ダヌキを可愛そうに思って、父親にせがんで子ダヌキを買い取ってもらったのです。
 おしずは子ダヌキを裏山に連れて行くと、逃がしてやりました。
「もう、人間に捕まったら駄目だよ」
 おしずのおかげで命拾いをした子ダヌキは、何度も何度も頭を下げて山奥へと帰って行きました。

 さて、それから十年後。
 戦に破れて傷を負った一人の若い落武者が、この島に逃れて来ました。
 それを見つけたおしずが親身になって看護した為、やがて落ち武者の若者は元気になり、それが縁で二人は夫婦になったのです。
 ですが、やがて落ち武者狩りが始まり、追手がこの島までやって来たのです。
 そこで父親は二人を舟に乗せると、こっそりと九州へ逃がしてやりました。
 二人がいなくなり一人ぼっちになった父親は、とてもさびしい毎日を送りました。

 そんなある寒い夜の事、父親が家に帰ってみると、不思議な事に家の中は灯りがともり、ろばたの火が温かく燃えていたのです。
「おや? 一体誰が?」
 父親が家の中を見てみると、なんとそこには十年前の子ダヌキだったあのタヌキが、父親の大好きなどぶろくを持って座っていたのです。
 父親がさびしい毎日を送っている事を知ったタヌキが、父親をなぐさめようとやって来たのでした。
 それからタヌキは、毎日どぶろくを持って父親の家にやって来ました。

 しばらくしたある日、九州へ行ったおしず夫婦が、父親を迎えに島へ帰って来ました。
「お父さん、九州で新しい家を見つけました。そこで一緒に暮らしましょう」
 そして満月の晩、三人は舟に乗って九州へ行く事にしました。
 その時、あのタヌキが裏山に駆け上り、三人を見送りながら腹包みを打ち鳴らしたのです。
♪ポンポコポン
♪ポンポコポン
♪ポンポコポンのポンポン

 それ以来、タヌキは満月になると九州へ行った三人を思い出すのか、三人が舟で旅立った浜には満月になるとタヌキの腹包みが鳴りひびいたそうです。
 人々はその浜をおしずの名前を取って、『しずが浦』と呼ぶ様になりました。


山口県の民話 福娘童話集より
http://hukumusume.com/douwa/index.html
関連記事

Posted on 2019/05/22 Wed. 13:08 [edit]

category: 山口むかし話

TB: --    CM: 0

22

下関観光検定036 

【質問】

長府には、菅原道真が大宰府に流される途中、長府で自分の姿を写したといわれる井戸があります。
この井戸はなんと呼ばれているでしょうか。

【答え】

御影の井戸

【解説】

長府惣社町にある御影の井戸の言い伝えは次のとおりです。
菅原道真が大宰府に流される途中、長府に上陸され、忌宮神社大宮司家にお泊りになり、出発のの前日、壇具川沿いを歩き勧学院に入って庭の井戸に自分の姿を映しました。
水に映った自分の姿に向かい筆と紙を取り出して自画像をお書きになりました。
こうして道真公は大宰府に渡られそこで亡くなられました。
そして、道真公がのぞかれた井戸は「御影の井戸」と呼ばれ、この井戸をのぞいたものは、目がつぶれるという言伝えが残りました。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行
関連記事

Posted on 2019/05/22 Wed. 12:56 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

22

きぬかけ岩 

きぬかけ岩


 むかし、河野権之進という人が、田ノ首という村からの帰り道、小さな山すそにさしかかると、そこに今まで見たこともない流れがありました。
 不思議に思って流れにさかのぼって行くと林の中に湧き水があり、妙齢の姫が衣を濯いでいました。それはそれは美しい姫で、権之進は思わず声をかけました。
『あなたさまは、どこからおいでなされたのかな』
 すると姫は眼をうるませて答えました。
『私は、伊予の国に住んでいましたが、さる戦いで敗れ、夫と生き別れになりました。そこで、こうして諸国を尋ね歩いていますが、かいもく消息を掴めません。もし、何かお心当たりでもございましたらお教えください』
 権之進は哀れに思って姫を自分の家に連れて帰り、その夜はゆっくり休ませました。
 ところが翌朝、眼をさましてみると、姫の姿が見当たりません。驚いた権之進は八方手分けして捜しましたが、とうとう行く方をつかむことが出来ませんでした。

 そのうち権之進は、忘れるともなく忘れてしまっていましたが、数十日たったある日、姫の衣が小戸の大岩にかけられてあるのを、浦びとが見つけて大騒ぎになりました。
 そこで初めて権之進は、姫が急潮に身を投げたことを知り、その岩に地蔵尊を建てて冥福を祈りました。

 いつの頃からか、浦びとたちは、姫が衣を濯いでいた流れを『姫ノ水』、衣がかけられてあった大岩を『きぬかけ岩』と呼ぶようになりました。


富田義弘著「平家最後の砦 ひこしま昔ばなし」より

-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2019/05/22 Wed. 12:25 [edit]

category: ひこしま昔ばなし

TB: --    CM: 0

22