04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

ふげんさま 

ふげんさま ~光市~


 光市の室積に普賢寺(ふげんじ)というお寺がある。
 その本堂の中に、白い象の背中に座った普賢菩薩(ふげんぼさつ)の像が本尊としてまつってある。この本尊を人びとは「ふげんさま」とよんでいる。
 この「ふげんさま」には、次のようなふしぎな話が伝えられている。

 今からおよそ970年のむかし、播磨の国(はりまのくに:兵庫県)の書写山(しょしゃざん)にある円教寺(えんきょうじ)に、性空上人(しょうくうじょうにん)というえらいお坊さんがいた。小さいときから、たいそう情けぶかく、また、たいへん知恵もすぐれていた。
 十歳のころには、もう法華経(ほっけきょう)というむずかしい仏教の本を8冊も読みつくしてしまうほどだったので、ひとびとは文殊さま(もんじゅさま:知恵の仏)の生まれかわりだといって、心からうやまっていた。

 性空上人は、法華経の中に説かれている「ふげんぼさつ」をひごろからふかく信じ、そのお姿をあれこれと想像しては、なんとかしてほんとうのお姿をみたいものだと、毎日思いつめていた。
 ある夜、上人はふしぎな夢をみた。まくらもとに仏さまがおたちになって、
「おまえの日ごろの願いをかねてあげよう。摂津(せっつ)の国の江口(えぐち:大阪市東淀川区)というところへ行くがよい。そこでおまえののぞみをとげることができるであろう。」
 とつげたかと思うと、すっと消えた。

 夢からさめた上人は、両手をあわせて仏さまにお礼を言い、夜があけるとすぐ、旅のしたくもそこそこに江口の里をめざして円教寺を出発した。
 その頃、江口の里は港町としてさかえ、年じゅう出入りの船でにぎわっていた。京の都にも近く、大阪の商人がたくさん集まるところだけあって、町のいたるところに店や宿屋、料理屋などがたちならび、にぎやかな三味線の音や歌声が流れていた。
 上人は、いったん播磨の室の津(むろのつ)に出て、そこから船で江口にわたった。さっそく町じゅうを歩きまわって、ふげんぼさつのことについて何かしっていないかとたずねまわった。けれども、だれもみな首をかしげるだけで、何のてがかりもつかめなかった。

 何日かたったある日のこと。
 つかれきって港のはずれを歩いていた上人の耳に、ふと、沖の方からきれいな歌声が聞こえてきた。見ると、すぐ沖合いに一そうの屋形船(やかたぶね)がうかんでいて、着かざった一人の遊女(ゆうじょ)がつづみを打ち鳴らしながら歌っているのが見えた。じっと耳をすませると、
「・・・・・・・・・・周防(すおう)なる室積(むろづみ)の中の御手洗(みたらい)に、風はふかねどささら波立つ・・・・・・・・。」
 という声が聞こえてきた。

 はて、周防の国といえば本州の西のはしだ。室積というところに御手洗という海があって、風がふかないのに波が立ちさわいでいるというのか。ふしぎな歌を聞いたものだ。
・・・・・・・・・・と目をとじ、考えていると、まぶたのうらで、遊女のすがたがいつのまにか白い象にまたがった仏さまの姿に変わってきた。
 はっとして目をあけると、もとのままの遊女が屋形船で歌っている。目をとじると、また仏さまの姿があらわれる。

「あっ、ふげんぼさつさま。」
 上人は思わずさけんで、両手をあわせておがみながら急いで屋形船に近づこうとした。とたんに屋形船も遊女の姿も消えて、上人の手の中には、いつのまにか白い象の毛がにぎられていた。

 それから十数日、何十里もの長い道のりを、雨風にうたれ、足をひきずるようにして、やっとのことで上人は周防の室積にたどりついた。

 室積はけしきの美しい港であった。峨嵋山(がびざん)の先の方に、象の鼻をつき出したような細長いみさきがつづき、そのみさきにだかれるようにして美しい御手洗湾が横たわっていた。白浜にそってつづく松のなみきや、峨嵋山の木々の緑がかげを落としていた。

 上人は、つかれもわすれて、この美しいけしきをながめていた。
 そして、この土地こそぼさつのすまわれるのにふさわしいところだと感じた。
 上人は、会う人ごとに、近ごろ何か変わったできごとはなかったかと聞いてまわった。すると、ある一人の年とった漁師が、
「変わったことちゅうたら、このあいだこの御手洗湾に網を入れたところ、何やら仏像らしいものがかかりましてのう。気味が悪うて、またもとの海へ投げこみましたわい。」
 と、話してくれた。

 そこで、上人は、ふきんの漁師たちにたのんで、海に網を入れてもらったところ、話のとおり一体の仏像があがってきた。
 見ると、それは白象の背中に乗った仏さまの木像で、上人が江口の里で見たあの「ふげんぼさつ」の像にまちがいなかった。
 長年ののぞみが今ここにかなえられたのである。
 上人はかんげきのなみだをぽろぽろこぼしながら、ぼさつの像をしっかりとささげ持った。

 ふげんぼさつが見つかった記念に、上人がさかさに一本の松を植えたところ、しだいに枝葉が広がって、大きな松に成長した。
 のちに、この松は「対面の松(たいめんのまつ)」とよばれるようになった。
 上人は、このふげんぼさつの像を村のうしろにそびえる大多和羅山(おおたわらやま:大嶺山)にお堂をたてておさめ、その後、村人たちの守りの本尊とした。
 こうして、しばらく室積にとどまった上人は、やがてまた、播磨の書写山に帰っていった。

 何年かののち玄有(げんゆう)というおしょうさんが、大多和羅山では人びとがおまいりするのに不便だと考え、峨嵋山のふもとの御手洗湾のほとりにお寺をたてて、ふげんぼさつの像をうつした。そのお寺が今の普賢寺本堂、つまり「ふげんさま」である。

 性空上人は、書写山の円教寺で97歳で亡くなった。
 村人たちは、上人の徳をしのんで、命日の5月14日を中心に三日間、ふげん祭りを毎年おこなうようになった。

「ふげんぼさつ」は、海からみつかったので、海難守護仏(かいなんしゅごぶつ:海の安全を守る仏)として人々にあがめられるようになり、ふげん祭りには、県内はもとより京都や大阪からもやってくる人も多い。


題名:山口の伝説 出版社:(株)日本標準
編集:山口県小学校教育研究会国語部

豊徳園ホームページより
関連記事

Posted on 2019/05/11 Sat. 10:06 [edit]

category: 山口むかし話

TB: --    CM: 0

11

下関観光検定025 

【問題】

環境省選定の「残したい日本の音風景百選」に選ばれている関門海峡の音は「関門海峡の潮騒と○○」です。
さて、この○○はなんでしょうか。

【答え】

汽笛

【解説】

関門海峡は本州の西端の下関市と九州東北端の北九州市門司区に挟まれた海峡で、瀬戸内海と日本海を結ぶ、海上交通の要衝。
昔から早鞆の瀬戸といわれた関門橋のあたりは、幅約600メートル、瀬戸内海と日本海の干満の差によって潮流は激変し、特に潮流の激しいところでは時速20キロにもなります。
その海峡を一日大小600隻あまりの船が行き交い、激しい潮流の音の中で聞こえる汽笛との交錯は、まさに海峡の音色そのものといえます。
環境省選定の「残したい日本の音風景百選」に「関門海峡の潮騒と汽笛」として選ばれています。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行
関連記事

Posted on 2019/05/11 Sat. 09:50 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

11

関門トンネルと惣の話 

関門トンネルと惣の話


 彦島の弟子待に、惣とよばれる、変わり者が住んでおった。
 なぜ惣とよばれるのか、だれも知らん、名まえが惣吉か、惣太郎か、惣兵衛かの、どれかじゃろうという人もあるが、『うん、そうそう』というのが口ぐせじゃったけぇ、それで惣とよんだのかもしれん。


 明治のおわりごろ、下関海峡(いまの関門海峡)にトンネルが掘られるという話が伝えられて、人びとは喜んだ。
『トンネルができたら、九州へはひとっぱしりで行けるけえ、便利になるのう』
『ほいでも、トンネルの中を汽車が走って、大丈夫じゃろうか』
 そんな話が、あちらこちらでささやかれたものじゃが、変わり者の惣は、噂の仲間にはいっても、最期までぶすっとした顔で聞いておって、ひとこと、にくまれ口をいうんじゃ。
『トンネルが、なにがええもんか、どうせつくるんなら、橋じゃ』

 明治がおわって大正になっても、トンネルの話は、いっこう進まんで、そのまま昭和にはいった。しかし、どうしても本州と九州をむすぶトンネルは必要じゃというわけで、十一年(1936年)の秋、ようやく工事が始まった。
 トンネルを掘りはじめた日の夜は、下関でも門司でも、提灯行列があって、それはそれは賑やかじゃった。

 ところが惣は、提灯行列の人びとをつかまえては、
『トンネルよりも橋のほうが、なんぼかええ。つくるんなら橋じゃ』
 と、言うて回った。よく聞いてみると、惣の言い分は、こうじゃ。

 トンネルより橋のほうが、安くできる。また、巌流島のちかくに穴を掘ると、宮本武蔵に負けた佐々木小次郎の恨みが、トンネルに乗り移る。巌流島のそばには死の瀬と呼ばれる恐ろしい岩礁もあって、いままでそこで沈んだ、たくさんの船乗りたちの怨霊が、トンネル工事を邪魔するぞ…


 そのうち惣は、兵隊にとられて、中国の戦場へ出ていった。

 やがてアメリカとの戦争も始まったが、トンネル工事は進められた。そして昭和十七年にトンネルが開通して、十一月十五日、電気機関車に引っ張られた列車が、トンネルを抜けていった。
 その日は、下関駅にも、門司駅にも、それからトンネルの入り口にも、何万人もの人が集まって
『ばんざあい、ばんざあい』
 と、旗を振ったものじゃ。

 ところが、その人ごもの中に、惣がおったと、誰かが言いだした。見た人は、一人だけじゃない。
『うん、わしも見た』
 惣に気づいたという人は、次から次にあらわれた。そのころ惣は、本当に戦地へ行っておったんじゃがのう。
 ある人などは、人ごみの中で、惣と口まできいておって、
『むりをしてトンネルを掘ったけえ、三十二人も死んでしもおたじゃろうが』
 と、恨みごとまで言われたというけえ、なんとなく不気味な話じゃ。げんに(じっさいに)トンネル掘りはたいへんな難工事で、出来あがねまでに三十二人の死者をだしておった。


 また、それからまもなくのこと、下関のタクシーが駅前で、ひとりの工夫を乗せた。
『トンネルの入り口の少し向こうまで』
 そう言われて運転手は、だまって車を走らせたが、しばらく行くと客が、ぼそっと、ひとりごとを言うたんじゃ。
『ほんとうは、橋のほうがええんじゃが…』
『ええっ、お客さん、どこの橋ですか』
 行き先を変えろ、と言われたのかと思うて、運転手が聞きかえすと、
『まあ、トンネルでもええ』
 と言うたきりで、客は静かになった。眠っておるんじゃろうと思うておったが、トンネルのちかくまで来たので、運転手はもう一度、行くさきを確かめようと、うしろをふり返っておどろいた。

 座席には、誰も居ないんじゃ。運転手は、ぞぅっとして、がたがたふるえたそうじゃ。
『たしかに乗せましたよ。トンネル掘りのドリルのようなものを持っておって、うす気味わるいほど沈んだ顔をしておりましたがね』


 戦争がおわって、戦地からはたくさんの兵隊が帰って来たが、惣が元気で戻ったのかどうかは、誰も知らん。

 いまじゃあ、関門橋も出来あがったことやから、もし生きていりあ、大喜びじゃろうのう。


富田義弘著「平家最後の砦 ひこしま昔ばなし」より

-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2019/05/11 Sat. 09:25 [edit]

category: ひこしま昔ばなし

TB: --    CM: 0

11