04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

萩の白牛 

萩の白牛  −萩市ー


 今から千二百年あまりむかし、奈良の東大寺に大仏殿が作られたとこのことである。

 萩川島郷(はぎかわしまごう:萩市沖原)からも、おおぜいの若者たちが、たくさんの牛とともに大仏殿建設にかりだされて働いていた。
 それらの若者と牛の群れの中に、ひときわ目立つ牛がいた。見るからにたくましい若者につれらた白牛だ。全身が真っ白な毛におおわれ、小山ほどもある大きなからだをした牛だ。力もたいへん強かった。
 三頭の牛でかかっても動かない重い材木や石を、らくらくと引っ張るというほどであった。そのために、むずかしい工事もどんどんはかどって、大仏殿はなんなくできあがった。
 こうした牛の働きぶりは、やがて都じゅうの評判になった。

 やがて、その評判は、天皇の耳にも入るようになった。天皇は、白牛の働きのすばらしさをほめたたえて、
「これからはだいじにして、けっして百姓仕事に使ってはならぬ。」
 と命じた。
 ほうびとして、五反歩(約五十アール)の土地を与えた。また、若者にも、
「東大寺は、全国の国分寺の総本山である。この総本山の工事がはかどったのも、ひとえに白牛を連れてきたおまえには、『国守(くにもり)』の姓を与えよう。」
 と、姓を与えた。
 その頃、百姓には姓がなかった。姓があるのは身分の高い者だけだった。だから姓を与えられるということは、百姓にとっては、たいへんな出世であった。

 さて、「国守」となった若者は、いよいよ奈良の都に別れを告げて、白牛とともに国へ帰ることになった。そこへ、朝廷から役人が来て、
「これ若者よ、これから長門の国もとへ帰るとのことであるが、長い間ご苦労であった。みかどもたいそうお喜びになって、さらにごほうびをとらせるとのことである。望みのものがあればなんでも申してみよ。」
 といった。そこで若者は、
「別に、これといった望みもございませんが、せっかくのおおせでございますので申し上げます。宮中の女官を妻にいただければありがたく思います。」
 と、いった。役人は、思いがけない申し出におどろいたが、望みとあらばしかたがない。役人は、このことを天皇に申し上げた。天皇もお困りのようすであったが、若者の望むとおりに、
「葵の前(あおいのまえ)」という女官をあたえた。

 こうして、美しい葵の前をいただいた若者は、天にものぼるここちで葵の前を白牛にのせて都をあとにした。奈良を出て数日たったころ、白牛がふいに病であおれた。若者と葵の前は、ねるのもわすれてひっしに看病したが、とうとう死んでしまった。

 川島郷に帰ると、白牛の霊をなぐさめるために寺を建て、白牛山龍蔵寺(はくぎゅうざんりゅうぞうじ)と名づけた。

 一方、葵の前は、都が恋しくて恋しくて、いつも泣きくらしていた。
 若者は、
「そなたのさびしそうな顔を見るのは、何よりつらい。どうすれば喜んでくれるのか教えてくれ。」
 と、困りきってたのんだ。葵の前は、美しい顔をくもらせながら、
「ただ都が恋しくてならないのです。このような草深いいなかにはどうしてもなじめません。あれを見、これを見ても都のことが思い出されてならないのです。」
 と、泣き泣きいった。
 若者は、
「よしよし。それでは、都のようなりっぱな家をつくろう。少しでも都になるように、なにもかもにせてつくってあげよう。」
 次の日から、大がかりな工事がはじまった。工事は大勢の番匠(ばんしょう:大工)によって、またたくまにできあがっていった。家だけでなく、広い家の東がわを流れる小川を金ののべ棒でせきとめて、葵の前の化粧水にしたりした。
 このようにして、葵の前の心をひきつけようとしたが、葵の前の都を思う心は前にもましてつのるばかりであった。

 そのうち、一日中もの思いにしずんでいるようになり、食事もとらなくなった。からだはどんどんやせ細り、とうとう都をこがれながら息をひきとった。
 若者は葵の前をてあつくほうむり、その霊をまつるために社をたて、そのそばにタブノキを植えたという。
 それが萩市にある葵大明神といわれている。
 今もその子孫といわれる国守家の庭には、タブノキが、むかしをものがたりように建っている。


題名:山口の伝説 出版社:(株)日本標準
編集:山口県小学校教育研究会国語部

豊徳園ホームページより
関連記事

Posted on 2019/05/10 Fri. 10:48 [edit]

category: 山口むかし話

TB: --    CM: 0

10

下関観光検定024 

【質問】

下関漁港と関門海峡を結ぶ瀬戸は、日本海と瀬戸内海の干満差によって生じる激しい潮流でした。
これを抑制し、漁港の安全性を確保するため戦前に建設されたのが、下関漁港閘門です。
この閘門の通過方法はどこの運河と同じでしょうか。

【答え】

パナマ運河

【解説】

下関漁港と関門海峡を結ぶ瀬戸は、日本海と瀬戸内海の干満差によって生じる激しい潮流でした。
これを抑制し、漁港の安全性を確保するため戦前に建設されたのが、下関漁港閘門です。
昭和13年に引き戸式の閘門が完成、両扉を同時に開いて海水を入れ替えることができないので、漁港は極度に汚濁。
この浄化対策として昭和35年改良しました。
昭和58年から全面改修をおこない、昭和61年に完成したものが現在の閘門です。
こま閘門の通過方法は、規模の大小はあるもののパナマ運河と同じです。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行
関連記事

Posted on 2019/05/10 Fri. 10:36 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

10

子鯨の話 

子鯨の話


 田ノ首の浜に、貧しい漁師が住んでおった。漁師には、男の子が一人あったが、生まれつき病弱で、いつも床についたままじゃった。

 ある夜のこと、昼の疲れにぐっすり寝込んだ漁師の枕辺に、何か大きな真っ黒いものが立ちふさがった。
 ふと目をさましてみると、それは大きな鯨じゃった。びっくりした漁師は、思わず声を立てた、
『何しに来た』
 すると鯨は、いかにも哀れみを乞うように、弱々しくこう言うた。
『私たち夫婦は、明日の昼ごろ、一人むすこを連れてこの海峡を通ります。しかし、むすこは病気でとても弱っていますので、どうか、むすこだけは見逃してやってください。よろしく頼みますよ』
 そう言い終えると、鯨の姿はスーッと消えてしもうた。

 夜が明けた。漁師はさっそく、浜の漁師たちを集めて、昨夜の不思議な出来事を話し、
『今から、みんなで鯨をとりに行こう』
 と、相談した。そいやけど、漁師たちは、
『そんな馬鹿げた話があるものか』
 と、相手にせんじゃった。でも、よう考えてみると、昔から、鯨一頭とれば七浦が栄える、と言われたほどの収入があるので、
『だまされたと思うて、沖へ出てみよう』
 ということになり、みんなで鯨とりの準備にとりかかった。あれこれ仰山、もりやロープを用意して、人びとは海を見つめて待った。

 やがて、昼少し過ぎたころ、小倉の沖合いに、大瀬戸に向かって来る鯨を発見した。
 一頭、そのあとにまた一頭、そしてその間にはさまって小さな鯨が一頭…。
 それはちょうど、親が子どもの手をしっかりと引いちょるように見えた。

『鯨じゃあ、鯨が来るぞ』
 待ちかねておった漁師たちは、いっせいに舟を出し、沖にむかって漕ぎはじめた。
 舟が鯨に近づくと、鯨波が津波のようなうねりをあげて押し寄せ、小舟はまるで木の葉のように揺れ動いた。
 そいでも漁師たちは、必死になって鯨に近づき、無茶苦茶にもりを投げつけた。もりは、親鯨にさえもなかなか命中せん。

 ところが、どうしたはずみか、その中の一本が、撃っちゃあいけん筈の子鯨の胴に突きささった。子鯨は、海を血に染めながら、のたうちまわった。母鯨は急いで子鯨のそばに寄り、心配そうに離れようともせんじゃった。
 一方、父鯨のほうは、激昂して暴れまわり、尾びれで次々に小舟を海に沈めはじめた。
 漁師たちはみな海に放り出され、もはや、鯨をとるどころじゃあない。命からがら岸にむかって泳ぎはじめた。
 傷を受けた子鯨が、その後どうなったかは全くわからん。

 そいやけど、貧しい漁師が痛む体を引きずって我が家へ帰ってみると、いとしい一人むすこが死んでおった。
 それはちょうど、もりが子鯨に命中した時間に、むすこが高熱を出して、もがき死んだちゅうことじゃて。


富田義弘著「平家最後の砦 ひこしま昔ばなし」より


 
-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2019/05/10 Fri. 10:09 [edit]

category: ひこしま昔ばなし

TB: --    CM: 0

10