04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

カッパの贈り物 

カッパの贈り物
山口県の民話


 むかしむかし、一頭のウマが川辺で草を食べていると、川の中からカッパが現れました。
 カッパはウマのたずなを自分の体に結びつけると、ウマを川に引きずり込もうとしました。
「ヒヒーン!」
 びっくりしたウマは、近くのお百姓(ひゃくしょう)の家に飛び込みました。
「なんだ! なんだ!」
 ウマが急に飛び込んで来たので、おどろいた家の人がウマを調べると、たずなの先に目を回したカッパがぶらさがっていました。
「はは~ん。カッパが、また悪さをしようとしたな。もう二度と悪さが出来んように、頭の皿を割ってやる!」
 お百姓がカッパの頭の皿をなぐりつけようとすると、目を覚ましたカッパが手を合わせて命ごいをしました。
「頭の皿を割られては、死んでしまいます。もう二度と悪さはいたしませんから、どうか助けてください」
 お百姓はカッパの頭の皿を割るのはやめましたが、こらしめるために縁側(えんがわ)の柱にしばりつけておきました。

 その日のタ方、お百姓の娘がウマに水をやろうと、水を入れたおけを持ってやって来ました。
 そして足をつまずいて、おけの水をカッパの頭にかけてしまったのです。
 カッパにとって水は、元気のみなもとです。
 頭のお皿に水がたまったカッパは元気を取り戻すと、しばられていたつなを引きちぎって逃げてしまいました。

 さて、それからしばらくして、お百姓の娘がお嫁に行く事が決まりました。
 家の人がふと見ると、縁側にお酒の入ったたるが置いてありました。
「あら、祝いの酒だわ。誰からかしら?」
 次の朝は、大きくて立派なタイが三匹も置いてありました。
「今度は、祝いのタイだわ。本当に、誰からかしら?」
 その晩、不思議に思った家の人が、物かげにかくれて縁側を見張りました。
 するとこの間のカッパが現れて、今度は水神さまのお札(ふだ)を置いていったのです。
 娘に助けられたと思ったカッパが、娘の嫁入りの祝いを持って来ていたのです。

 それからもカッパは色々な祝いを持ってきましたが、うわさを聞いた大勢の村人がカッパを見に来るようになったので、それに気づいたカッパは二度と現れなくなったそうです。

おしまい
関連記事

Posted on 2019/05/09 Thu. 09:43 [edit]

category: 山口むかし話

TB: --    CM: 0

09

下関観光検定023 

【質問】

巌流島には動物が生息しています。
島に渡ると歩いている姿を見かけることがありますが、その生き物とは何でしょう。

【答え】

タヌキ

【解説】

以前は人も住んでいたこともある巌流島ですが、今は無人となっています。
しかし今住んでいるのはタヌキ。
近くの彦島から泳いでわたってきたという話もあります。
島を散策しているとタヌキの姿を見ることもあります。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行
関連記事

Posted on 2019/05/09 Thu. 09:31 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

09

蟹島 

蟹島


 むかし、むかし、大むかし、下関の火ノ山は、その名の通り、火を噴く火山であった。

 ある年、火ノ山が大爆発を起こした。そして噴き上げられた熔岩は、響灘へと流れ込んだ。
 そのころ、響灘には大群のカニが棲んでいたが、その大半は身を挺して熔岩をせき止め、残る半分は、懸命に鋏み止めたという。

 この時の何千億というカニの死骸は山となって、一つの島が出来た。
 それが、響灘に浮かぶ『蟹島』で、空からこの島を見ると、今でも、カニそっくりであるという。
 そしてこの島には、北の浜に『蟹の背』という瀬があり、森の中には『蟹の目』と呼ばれる所が残っているが、昔からこの島の人びとは、絶対にカニを食べなかったという。


富田義弘著「平家最後の砦 ひこしま昔ばなし」より

-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2019/05/09 Thu. 09:07 [edit]

category: ひこしま昔ばなし

TB: --    CM: 0

09