04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

大つごもり長者 

大つごもり長者


むかし、むかし、ある山里に、たいへん情け深いおじいさんとおばあさんが、仲良く暮らしておりました。

ある年の暮れのこと、お正月のおもちを買うために、二人は雪よけ笠をつくって町で売ることにしました。
しかし、まだ十二しかできないうちに、大つごもりになりました。
もうあすはお正月です。
おじいさんは、できたての笠をもって、雪の山道をくだって町の方へ出かけました。

その途中のことです。
石の地蔵様が頭から雪をかぶって、寒そうに立っておられました。
おじいさんは気の毒に思い、地蔵様の頭や肩の雪をはらって、持っていた笠を一つ、かぶせてあげました。

それから少し行ったところに、またお地蔵様が寒そうに立っておられました。
おじいさんは、また一つ笠をかぶせてあげました。
「あと十も残っているから、まあええ」と思いながらまた、歩きはじめました。

こうしてとうとうおじいさんは、持っていた十二の笠を、みんな途中に立っていた地蔵様にかぶせてあげました。
そして売る笠がなくなったおじいさんは、町へ行くのをやめて、家に帰ることにしました。

その帰り道のことです。
雪の降る中を笠もかぶらずに、ひょろひょろと今にも倒れそうな、とても気の毒なおばあさんに出会いました。

情け深いおじいさんは、おばあさんに
「もしもし、どうなされたかや」と、声をかけました。
すると、そのおばあさんは、きのうから何も食べていないと答えました。
おじいさんは気の毒に思い、自分の弁当とかぶっていた笠をおばあさんに渡しました。

すると、おばあさんは、一つの小さな袋を取り出し、
「これは宝袋という不思議な袋じゃそうです。お礼にどうぞうけてくだされませや」と、おじいさんに渡しました。
おじいさんは不思議に思いながらも、家へ帰りました。

その夜明けのこと、「えいやさあ、よーいやさあ」という掛け声に、どさりと何やら物音がしました。
おじいさんとおばあさんが、そっと戸を開けてみると、つきたてのおもちがたくさん置いてありました。
二人は驚いて向こうを見ると、笠をかぶった十二人の地蔵様たちが帰って行くところでした。

「ありがたや」と二人がふしおがんでいると、おじいさんのふところから、ぽろりと、気の毒なおばあさんにもらった宝袋が落ちました。
おじいさんが開けてみると、小判が一枚はいっていました。
不思議に思って、もう一度開けてみると
二枚、四枚と、開けるたびに小判はどんどん増えていきます。

次の日の朝、二人は、気の毒なおばあさんに小判を返そうと探しましたが、どこにも見当たりません。

おじいさんとおばあさんは
「これも神様がおさずけくださったのじゃろう」
と、大喜びし、たちまち大金持ちとなって幸せに暮らしたということです。

(阿武郡)


山口銀行編纂 山口むかし話より転載
関連記事

Posted on 2019/05/03 Fri. 08:06 [edit]

category: 山口むかし話

TB: --    CM: 0

03

下関観光検定017 

【質問】

吉田松陰先生が石段を数えながら上った、福浦の金刀比羅宮。
地元の人が日本一急だというこの石段を、子供の頃だれよりも素早く駆け上がった、下関生まれの有名人は誰でしょうか。

【答え】

小暮実千代

【解説】

小暮実千代(本名・和田つま)は大正7年彦島福浦で出生。
梅光女学院に江の浦から岬之町まで渡船を利用して通学しました。
梅光には昭和5年4月入学、昭和10年3月卒業です。
かぞえ18歳まで福浦に住んでいました。
子どものころはとても活発な子で、水泳は上手で走るのも速かった。
生家近くの金刀比羅宮の急な石段(勾配約60度、現在269段)は誰よりも素早く駆け上がったといいます。
女優として活躍した他「マダム・ジュジュ・クリーム」や「サンヨー夫人」のコマーシャルでも有名になりました。
さらに女優として初めて厚生省から保護司に任命されたほか、「鐘の鳴る丘少年の家」後援会長を勤めるなど、社会奉仕活動にも熱心に取り組みました。
「小暮実千代 知られざるその素顔」黒川鐘信著によれば、彼女が亡くなる一週間前、病室で「福浦へ帰りたい」と弱い声で言い、目に涙をうかべたそうです。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行
関連記事

Posted on 2019/05/03 Fri. 07:58 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

03

引島は彦島 

引島は彦島


 むかし、下関と門司の間は陸続きで、その下に小さな穴が開いていた。外海と内海の潮は、その穴を行き来して流れていた。
 ある時、神巧皇后が大軍をひきいて、三韓との戦にお出かけになろうとすると、下関と門司の間の山が、突然、海に落ち込んで水路が出来た。落ちた山は、急流に押されて西へ流れ、一つの島になった。
 ちようどそのさまが、山を引き分けて海峡を作ることにより生まれたように見えたので、その島を『引島(ひきしま)』と名づけた。


 また、こんな説もある。

 むかし、彦島と伊崎とは陸続きであった。
 外海と内海の潮の流れは、大瀬戸の海峡を通っていたが、いつのまにか、伊崎の山の下を浸食して小さな穴を作ってしまった。
 その穴は急潮のため、少しずつ大きくなり、やがて、ついに山を海中に陥没させてしまった。
 だから、胃までも空から見ると、伊崎の岬が彦島の太郎ヶ鼻を引っぱっているような感じを与える。『引島』という地名はそこから来ている。


 さて、引島は、ひくしま、と呼ばれたり、ひきしま、とか、ひけしま、と呼ばれたりしたが、読む人によってその読み方が違っていた。
 そこで神代の昔、彦炎出見尊(ほりでのみこと・海彦山彦の話)が天から降られて兄神の釣り針をを魚に取られ、それを探すために海士となって海に潜り、竜宮へ行かれたという神話の地が、この島であるというわけで、『引島』を『彦島』と改めた。

 しかし、その後も、彦島は、ある時は引島と呼ばれ、ある時は彦島と、その呼称は一定しなかった。

 これではいけない。というわけで、寛永十年(1633年)長府藩主、毛利秀元公が、むかしの名前の『引島』に戻してしまわれた。
 それからというものは永い間、この島は引島と呼ばれた。


 時は移り、天下泰平の世の中に、黒船がやって来て、開国を迫るようになると、日本全国が騒然としはじめた。
 この島の近くも、『海防策』とやらで、あちこちに砲台が築かれ、人びとは攘夷実行に突き進んで行った。
 その文久三年(1863年)の春、長府藩主はきっぱりお命じになった。
「引島は、関門海峡の門戸に当たる。そこに引くという名は武事に忌む。依って、本日より、引島を彦島と改めるよう」
 それは、三月七日であったという。その日から、この島は正式に彦島と呼ばれるようになった。


富田義弘著「平家最後の砦 ひこしま昔ばなし」より
関連記事

Posted on 2019/05/03 Fri. 07:32 [edit]

category: ひこしま昔ばなし

TB: --    CM: 0

03