03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

牛島の民話 

牛島の民話

丑森明神について


むかしむかし、牛島に甚兵衛という情け深い人が住んでいた。田んぼから牛をひいて帰ると、必ず海へ連れていって洗ってやり、そして「ほんとにご苦労じやったのう。よう働いてくれた。明日もまた頼むでよ」とねぎらいの言葉をかけるのが常であった。

ある日のこと、甚兵衛はいつものように牛を田んぼから牽いて帰ると、すぐに海へ連れて行った。
その日の仕事は平目の倍以上もあったので、甚兵衛は特別に念を入れて洗ってやり、「よう働いてくれて、ほんとに有り難うよ。明日からはゆっくりさせてやるからな」と、いたわりながら足腰をていねいにこすってやり、「さあヽ早ういんで、メシにするかのう」と、牛の手綱をとって浜から上がろうとしたが、その日に限って牛はどうしても甚兵衛のいうことをきかず、何度やっても四本の足を海中にふんばって動こうとしない。
そこへ折よく島の若い衆が通りかかり、すぐに海へはいって沖から牛を追いあげてくれたので、甚兵衛はほっとして家に帰った。

その夜のことである。甚兵衛は真夜中に体が焼けるように熱いのに驚いて飛び起きてみると家が盛んに燃えている。
火の回りが早くて家財道具を運び出すひまもなく、急いで牛小屋へ行ってみると、牛もすでに焼け死んでいた。 「あのとき海から上がろうとしなかったのは、こうなる予感があったからかな。ほんとに可哀相なことをしたもんだ」と、甚兵衛はまるでわが子を焼け死なせたように嘆き悲しむのであった。

それから数年が経過した。
ある日、畑仕事をしていた甚兵衛がふと空を見上げると、死んだ牛の形をした黒雲が島の上にゆっくりとおおいかぶさってきた。
「こりゃ、大変じゃ。」甚兵衛はそう叫んで急いで村へ帰り、「村のし、大変じゃど。今夜は火の用心をせんさいよI」と注意して回ったが、村の人たちは甚兵衛が気でもふれたのかと、ただ笑って別に気にとめるものもなかった。
ところが、その夜のことである。どこから出たともわからない火のために、島はまる焼け同様になってしまった。
こうした不審火がその後も数回つづいたので、いつのまにか「こりゃァ甚兵衛さんとこの、焼け死んだ牛の崇りじゃ」という噂が起こり、そのうちに誰がいい出したともなく、「村で牛の供養墓を立ててやろう」ということになり、話はすぐにまとまって共同墓地のなかにその牛の墓が建てられ、墓石には 「うしもり明神」と刻まれた。
これからのち島には火事らしい火事はなくなったという。


光市史 昭和50年3月31日発行
関連記事

Posted on 2019/04/23 Tue. 09:52 [edit]

category: 山口むかし話

TB: --    CM: 0

23

下関観光検定005 

【質問】

馬関駅近くに開業した山陽ホテルの女性従業員は、有名女学校出身の才媛で器量よしということで、ホテルの利用者に喜ばれ、地元の人々にとっても憧れの的となっていました。
彼女たちは、着ていた着物の色から愛称がつきましたが、なんという愛称だったでしょうか。

【答え】

紫の君

【解説】

山陽ホテルは格式が高く、調度品は一流、食堂の料理も西洋風、なかでも注目を集めたのは「紫の君」の愛称で呼ばれた女性従業員でした。
有名な女学校出身の才媛で器量よしの彼女たちが、紫の着物に紫の袴の制服姿で心のこもった接客につとめたところから人気を高め、ホテル利用の方に喜ばれただけでなく、地元の人々にとっても憧れの的となっていました。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行
関連記事

Posted on 2019/04/23 Tue. 09:36 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

23

六連の大鐘 

六連の大鐘


むかし、六連島の西教寺には、重さ三十二貫(480キロ)もある大きな釣鐘がありました。
鐘はふつう時間を知らせるために鳴らしますが、ここのは、それ以外に舟が安全に進むように羅針盤と危険を知らせる警鐘の役目をもっており、特別な大きな釣鐘を作ったのでした。

それほど六連島のあたりは、漁船、そのほかの舟の行き来がはげしく、また遭難も多かったのです。
とくに六連島を含んだ馬島、藍島、白島一帯は、霧の名所で、この霧に閉じ込められて方向を間違える漁師はたくさんいました。
そうしたときには、必ず島の人はこの鐘を乱打して方向を知らせてやりました。


こんなことがありました。

夜釣りにでた漁師が舟の上でウトウトしていますと、目の前に大きな怪物が現れました。
はっきり目をすえてみると、それは大入道で、人間が四、五人はいれそうな目をギョロギョロさせ、口は耳まで裂け、いまにも舟におおいかぶさろうとしていました。
とたんに漁師は目を回してしまいましたが、それからしばらくして、正気にもどってみると、あの大入道の姿はなく、深い夜霧の中から鐘の音がかすかに聞こえてきていました。

島の人たちは、この怪物を海坊主といっていますが、海坊主のいたずらは、このほかにもまだあります。

真っ暗い闇の中に舟を走らせていると、目の前にこちらを向いて矢のように走ってくる舟があります。
危ない、ととっさに舵を変えてみたが、どうしても舵が動きません。
向こうの舟は、ますます速力をまして近づいてくる。
あせればあせるほど、こちらの舟は吸いつけられるように向こうの舟の真正面に進みます。
アッ、衝突。
気を失った漁師が目をさましてみると、さきほどまで猛スピードで突っ込んできた舟の姿はなく、また自分の舟も壊れていませんでした。

このほか、空から「水をくれ、水をくれ」と叫んで、舟を追いかけてくることもあるし、海の底から何か大きな網でグイグイと舟を引っ張り込むこともあります。


ある霧の深い夜の出来事です。

一人の漁師がいつものように夜釣りにでていますと、自分の舟が同じ場所をくるくると輪をえがいて回りはじめました。
風もあまりなく、波もおだやかなときなので、漁師は不思議に思って、船べりから身を乗り出して海中を見ると、海坊主が舟の底をくるくる回している。
と見る間に、目もくらむほどの早さに変り、漁師は今にも海に放り出されそうになりました。
もう助からない、いまはこれまでと、
「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏」と夢中でお経を唱えました。
そのとき漁師の頭の中に、かすかに“ガーン、ガーン”と鐘の音が響いてきました。
と見る間に、舟の回転はだんだんゆるくなりましたが、それでも漁師はまだ目を明けずに「南無阿弥陀仏」と唱え続けました。
鐘の音はしだいに近くなり、そのうちピッタリと舟が止まりました。
漁師は恐る恐る目を開いてみますと、目の前に六連の島がポッカリと朝霧の中に浮いていたということです。


こうして、六連あたりの漁師は、よく“あやかし”に襲われますが、そのたびに六連西教寺の釣鐘は、この“あやかし”退治にご利益があったといいます。


(注)
あやかしとは、船の難破しようとするときに出るという海上の怪物。
六連島へは、いま竹崎町から船が通っていますが、約30分で着きます。
竹崎町から距離にして約6キロメートル、島の周囲3.5キロメートル、世帯数56、人口253人です。

この島の名は、古い本によると日本書紀に「没利島」と記されています。
伝説によりますと、いまから約三百五十年前、この島にある西教寺を最初に開いた人で、麻生与三衛門高房ほか、五人がはじめてこの島に渡り、ここに住みつくようになりましたが、島の土地を分けるために縄でこの島を六等分したことから六連島と呼ぶようになったといいます。

また別の説によると、この六連島一帯には、この島を中心に馬島・藍島・白島など、六つの島が連なっているので六連島の名がついたといわれています。

ところで、この六連島のことは別名で蟹島といっています。
この島を空から見ると蟹の形をしているから、そう呼ばれたのでしょう。
またある人にいわせると、大昔、下関の火の山が大爆発したとき、吹き上げられた熔岩が西に流れ、椋野、幡生から海に入り、玄海に向かいましたが、たまたまそこに蟹の大群がいて、その熔岩を鋏み止めたといいます。
そうしてできた島だから蟹島と呼んだといいます。

いまでも島の北側の海岸に「蟹の瀬」というところがあり、森の中に「蟹の目」という地名が残っています。
島の古老の話では、むかしは六連島の人は絶対蟹を食べなかったといいます。


『下関の民話』下関教育委員会編
関連記事

Posted on 2019/04/23 Tue. 09:18 [edit]

category: ひこしま昔ばなし

TB: --    CM: 0

23