03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

姫島婿島物語 

姫島婿島物語

防府の昔話と民話(1)  
防府市立佐波中学校発行・編集「防府」より


かつては鞠生(まりふ)の松原の沖に浮かぶ向島(むこうしま)は、豊後国の国東半島の沖合いに浮かぶ姫島に対して婿島と呼ばれていた。

そのいわれは、とおいとおい昔の神代のこてであった。

周防国の佐波志那都命(さばしなつのみこと)の子に牟礼香来比古(むれかくひこ)という者がいた。
身の丈六尺(1.8m)あまりで筋骨たくましく眉目はうるわしいばかりか、大変な働き者であった。
佐波川の荒野を切り開いて美田とし、財貨をたくわえて豊にくらしていた。
周防国きっての評判の若者であった。

海を隔てた豊後国の国東の里には、加奈古志比売(かなこしひめ)という、これまたたぐいない美貌にかがやき、諸芸にひいでる評判の姫君がいた。
父の佐伯速阿岐命(さえきのはやあきのみこと)のもとに、国中の多くの若者が婿になりたいと、言い寄ってきたが、利発にとんだ、かわいい姫君にふさわしい若者はいなかった。

日夜、あれこれと姫君の縁談に気をもんでいた父のもとへ、塩土老翁(しおつちのおじ)がやってきた。
塩土老翁はイザナギ・イザナミのおん子で、「海幸山幸」の話にでてくる神で、海路の神として、また塩づくりの神としてあがめられ、諸国を巡って海上航路や塩作りの技術を教えていた。

佐伯速阿岐命の話を聞いた塩土老翁は、しばらく加奈古志比売にふさわしい若者をあれこれ思い浮かべたが、はたとひざを打ち、佐伯速阿岐命に周防国の牟礼香来比古のことを話した。
佐伯速阿岐命は、塩土老翁のお目にかなう若者なら、姫君にとって不足は

なかろうと思い、塩土老翁に仲介を頼んだ。こうして牟礼香来比古と加奈古志比売はめでたく結ばれることになった。

ところが、当時の婚姻(こんいん)は妻問い婚(つまどいこん)という方式であった。結婚しても、夫婦は一緒に暮らさず、夫も妻も以前と同じように、それぞれが実家で暮らすのが普通であった。
夫は妻の家に夜ごと通うので妻問いといい、夜だけ妻子と団欒をともにした。豊後国の加奈古志比売と周防国の牟礼香来比古の場合も例外ではなかった。

牟礼香来比古は昼ひなかは懸命に働き、日が暮れてから船ではるばる国東の里の加奈古志比売のもとに通い、夜明けにまた佐波の浦へ帰ってくるという生活を続けた。

牟礼香来比古は働き者でたくましいだけでなはなく、愛情のこまやかな若者であったので、夫婦の愛情はいっそう深まった。
嵐の夜など夫を待ちわびる加奈古志比売は、夫の安否を気づかい、気も来るわんばかりであった。

日がたつうちに、さすがの牟礼香来比古も疲れを覚え、次第に働く気力をなくしてしまった。
佐波川の美田もいつの間にか草が生い茂ってしまった。
そんな息子を気遣った佐波志那都命は家人に命じて、妻のもとへの通いをやめさせるようにした。
だが、妻を恋い慕う牟礼香来比古は、たくみに家人の目をかすめて国東へ通い続けた。

がまんのならなくなった父の命は、とうとう舟に鎖(くさり)をかけて、舟を動かせないようにした。
いつものように、家人の目をようやくのがれた牟礼香来比古は、浦の船にのり、櫓(ろ)をこいだところ、櫓はきしむばかりで舟は少しも動かなかった。
あせった牟礼香来比古は、力いっぱい櫓をこいだが、闇夜(やみよ)に櫓のきしむ音だけ悲しげに響いた。

「加奈古志比売、加奈古志比売・・・・・・」

妻を恋い慕って夜の海に向かって絶叫するばかり――。

妻を慕う身は、ついに夜が明けると舟ともども島に姿を変えてしまった。
その島を婿島(むこしま)という。

一方、夫を待ちわびた加奈古志比売は、ついにこらえきれず、

国東の沖まで舟を出して夫を迎えたが、とうとう夫が来ないまま夜が明けた。これまた、あわれにも加奈古志比売も舟ともども島になってしまったという。
これが姫島(ひめしま)という。

こうして、恋い慕う夫と妻との仲が引き裂かれて島となり、海を隔てて向かい合って、今も互いに恋い慕っているのが、姫島と婿島(向島)といわれている。

おわり

関連記事

Posted on 2019/04/19 Fri. 14:32 [edit]

category: 山口むかし話

TB: --    CM: 0

19

下関観光検定001 

【問題】

下関でいちばん面積の広いのはなんという島でしょうか。

【答え】

彦島

【解説】

下関の島の面積をみると彦島がいちばん広く10.60平方キロで、人口は31.085人、続いて角島が3.96平方キロで901人、蓋井島2.35平方キロで87人、六連島が0.7平方キロで112人、厚島0.4平方キロで人は住んでいません。
彦島と下関本土との間は短く、関彦橋と彦島大橋で結ばれ、人口も多く島という感じがしません。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行
関連記事

Posted on 2019/04/19 Fri. 14:19 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

19

お夏だこ 

お夏だこ


彦島の西山に、お夏という十八歳になる娘がいました。
娘の家は漁師をしていましたが、家が貧しく、そのうえ両親が病気がちで寝込むことが多く、その分だけ、お夏は人の倍も働き家計を助けていました。
海が荒れている日は、仕事も出来ず、そのためお天気になりそうな日は、まだ暗いうちから起き、支度をし人より早く海に出て仕事をしはじめました。

そのうち父親の病気が悪くなり、もう命もあとわずかというとき、父親は、やせ細った手で娘をまねき、
「娘や、わしはもう一度あのおいしいタコが食べたい。すまないが、タコを捕ってきておくれ」
「でもお父さん、そんなに弱った体に、タコは無理ですよ」
と娘は心配そうにいいましたが、父親は、どうしてもタコが食べたい、死ぬまでにもう一度食べておきたいと、何度も娘に頼みました。

そこで娘は、あくる日、銛を持って海岸に出ました。
箱眼鏡をのぞいてタコを探しますが、なかなか見つかりません。
父親があれほど食べたがっているタコです。
どうしても一匹でも捕って帰らねばと、とうとうお日様が水平線に消えかかる頃まで探しまわりました。

しかし、見つけることができません。
娘はガッカリして帰り支度をしていて、ふと四、五メートル先の岩場を見ると、その向こう側にタコの足らしいものがのぞいています。
しめたと思って娘は静かに岩の反対側に回ってみて驚きました。

そのタコは、タコには違いありませんが、なんと人間より大きいタコでした。
娘はとっさにこう考えました。
「たこは眠っているようだから、足を一本だけ切り取っていこう。そうすれば、また父親が食べたいといったときに捕りにこられる」

娘は用意していた刃物で、用心しながら足を切り取り、持ち帰りました。
あまりに大きかったので、近所の漁師にも分けましたが、一番に、父親は
「あー、これはうまいタコじゃ」といって喜んで食べてくれました。

それから二、三日たつとまた父親は、タコが食べたいといいだしました。
娘はいつかの大ダコのいた場所に行き、また足を一本切り取って帰りました。

こうしたことが何回かあって、あの大ダコの足は、たった一本になってしまいました。
はじめのタコの足を捕ってから、二十日ばかり過ぎていました。

娘はまた父親の願いで、タコのいる場所へでかけました。
娘は、いつもタコが逃げもしないで、眠っているようすなので、今日も安心してタコに近づき、最後の一本を切り取ろうとしました。

しかし、その時、タコは残りの一本を娘の胴に巻きつけ、そのまま海底深く引きずっていきました。

お夏の帰りが、あまり遅いので、母親をはじめ近所の漁師たちが海に出て一日中探しましたが、ついにお夏の姿を見つけることはできませんでした。

それからは、この海岸にあがってくるタコを「お夏だこ」といって、漁師たちは祟りを恐れ、タコを捕らなくなったといいます。


(注)
伝説として語り伝えられているお話の中には、心の優しい孝行な娘の話がいろいろありますが、この「お夏だこ」の話や、「幽霊祭」「福笹」などの話も、そうしたものの一つです。


『下関の民話』下関教育委員会編
関連記事

Posted on 2019/04/19 Fri. 14:01 [edit]

category: ひこしま昔ばなし

TB: --    CM: 0

19