03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

岩国の白へび 

岩国の白へび ~岩国~


 今から二百四十年ほど前、今津の浦(いまづのうら:岩国市今津)に、

平太(へいた)というはたらきもに者の漁師(りょうし)が住んでいた。若者は、まずしいながらも、母親としあわせにくらしていた。

 そのころ、周防の地(すおうのち:山口県の東部)に、ほうそう(天然痘)がはやった。平太の母親もその病気にかかった。
病気は日に日に重くなっていった。高い熱がつづき、頭や腰がわれんばかりにいたんだ。平太は苦しがる母親を見るに見かねて、よい薬をもとめて野山を毎日さがしまわった。

 ある日、平太は、村の老人から、ほうそうによくきく薬草が千石原(せんごくばら:岩国市横山)にあるという話を聞きこんだ。平太がよろこんだのは、いうまでもない。
 千石原に着いた平太は、あちらの竹やぶ、こちらの草むらと、ひっしにさがしまわった。しかし、薬草はどこにもみつからなかった。とうとう、日も西の山にしずみはじめた。
「しかたがない。あしたまたさがしにくるとしよう。」 
 平太はとぼとぼと歩きはじめた。千石原をぬけ、岩国の殿さま、吉川公(きっかわこう)のやしきの門の前にさしかかった。
ふと、なにげなしに松の木を見上げた。おやっと思った。白くてほそ長いものが、松の木をのぼっている。
「何じゃろう。」
 平太は、松の木に近づいてよく見た。
「ヘビじゃ。白ヘビじゃあ。」
 平太はさけんだ。長さ五尺(約1.5m)、胴まわり四寸(約12cm)もあろうかと思われる、大きな白ヘビだ。月明かりにはえて、その目はもえるように赤い。からだは、銀色にかがやいている。
 はじめて見る白ヘビに、平太はそこの立ちすくんでしまった。

 一夜が明けた。
 平太は、きのう見た白ヘビの美しさを忘れることができなかった。そこで、村のものしりのところへかけつけ、ゆうべのことを話した。この話は、すぐに村の人びとの間に伝わった。
 蔵元(くらもと:役所のひとつ)へも聞こえた。蔵元の役人たちは、
「そのようなめずらしいヘビなら、生けどって、殿さまにさしあげたらどうじゃろう。」
 と、さっそく平太に案内させて、白ヘビがいたという松の木のところへ出かけていった。

 吉川公の門に近づいてくると、役人のひとりが、
「どの松じゃ、平太。」
 と言った。
「はい、たしかにあの松だったと思います。」
「ふむ、あれか。」
 役人たちは、平太の指さす松の木の近くまでいくと、それ以上は松に近よらなかった。
「平太。どこにいるか調べてみよ。」
 蔵元の役人たちも、しろヘビを見るのは生まれてはじめてだから、こわくてたまらないのだ。松の木をとりかこんで、見上げているばかりだ。
「あっ、いました、いました。お役人さま、あれでございます。」
 平太の指の先をたどっていた役人たちは、ぎょっとしたように一点に目をすえた。白ヘビは、松の上の方でじっとしていた。
ときどきかま首をみんなの方へむけるだけで、少しも動くようすはなかった。やがて、役人たちは、手に手に木ぎれや竹ぎれを持ってきて、白ヘビに投げつけはじめた。けれども、どれもあたらない。役人たちは、むきになってどんどん投げた。

 ぐぐっと白ヘビが動いた。目がぴかりと稲光(いなびかり)のように光った。

 空に黒雲が広がり、しのつくような雨が降りはじめた。錦川(にしきがわ)はみるみるうちに水かさをまし、今にもあふれださんばかりになった。
「これはいかん。白ヘビのたたりじゃ。」
 役人たちは、木切れや竹切れをほうり投げ、クモの子を散らすように逃げさった。

「城山の主かもしれないぞ、このヘビ。」
 ひとりのこった平太は、そう思って、松の木によじのぼった。ひっしの思いで白ヘビをつかむと、吉川公の門のそばに、そっとにがした。
「これでヘビをつかまえるものはいなくなるだろう。」
 ほっとした平太は、こんどは病気の母が心配になって、急いで家にもどろうとしたところ、錦川があふれくるっていて、とてもわたれるものではない。
「こまったことじゃ。おっかあが待っているのに。」
とほうにくれていると、
「平太さん、平太さん。」
 と、よぶ声がする。ふり返ると、さっきの白ヘビが足もとにいた。
「あっ、おまえはさっきのム。」
 白ヘビは、平太の横をするすると通りぬけると、そのまま錦川のだく流の中へ入っていった。平太も、何かにつかれたように、白ヘビの後を追った。
 すると、ふしぎなことがおこった。白ヘビが錦川に入ると、錦川が、川のまん中でまっぷたつにわれたのだ。それはちょうど、5尺(約1.5m)ばかりの小道のようになった。小道は、今津(いまづ)の浜に向かって、ずうっとのびていた。
「ややっ、これはいったいどういうことじゃ。ふしぎなことがあるものだ。」
 平太は、白ヘビについて川底の小道を、ずんずん歩いていって、ぶじに今津の浜の家に帰りつくことができた。

「ありがたや、ありがたや。」
 平太がふりかえると、錦川の小道はあとかたもなく消えて、だく流れが音をたててながれていた。
 平太は、白ヘビをそっとだきあげると、ふところに入れて家につれ帰った。

 その後、平太は、いっそう仕事にせいをだした。くらしも楽になり、後に、浦庄屋(うらしょうや:今津の浦の長)にまでなったという。

 今津の地に住みついた白ヘビは、藩の米倉(こめぐら)を食い荒らすたくさんのネズミをとって、しだいに数もふえていったといわれる。

 今も今津の寿橋(ことぶきばし)のそばの白蛇神社には、四季を通して白ヘビが見られ、観光客や、お参りする人びとがあとをたたない。


題名:山口の伝説 出版社:(株)日本標準
編集:山口県小学校教育研究会国語部

豊徳園ホームページより
関連記事

Posted on 2019/04/15 Mon. 10:20 [edit]

category: 山口むかし話

TB: --    CM: 0

15

引接寺口説 

引接寺伝説 『引接寺口説(いんじょうじくどき)』


これも江戸時代の話であると伝えられています。

「お杉」という萬小間物屋の娘が引接寺の僧「浄然(じょうねん)」という僧に一目ぼれしてしまいます。
 お杉は恋文をしたためて浄然に渡しますが、浄然は、仏に仕える身ゆえ、恋文などは受け取れないとそのまま返してしまいます。
 恋文を返されるとお杉はますます浄然に会いたくなり、ある夜、男物の衣裳をつけて引接寺へ出かけ、寺の塀を乗り越えて、浄然の寝所に忍び込み、告白します。
 浄然も反論しますが、もし一緒になれないならこの場で死ぬといって浄然を説き伏せてしまいます。

 一方、お杉に熱い想いを寄せていた町奉行は二人のことを知ると、無実の罪をきせて二人を処刑してしまう。

 とても悲しい、しかし当時非常に流行したラブストーリーなのです。


(しものせき観光ホームページより転載)

-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2019/04/15 Mon. 10:06 [edit]

category: 下関の民話

TB: --    CM: 0

15

佛岩 

佛岩(ほとけいわ)


 むかし、むかしのことじゃ。

 小戸の浜に『佛岩』ちゅう、位牌みたような石が立っちょった。
 源平合戦のころの話ちゅうことじゃ。

 平知盛さまの軍船は海士郷から出陣なされて、壇ノ浦で戦われたが、武運つたのうして小戸に押し流されてしまわれた。
 義経ちゅう男は、どねぇもこねぇもならん、どだい意地きたなあ奴で、どないなことがあろうと平家一門を全滅せにゃならん、ちゅうて深追いして来たそうな。
 そいで平家の武士たちは、小戸の瀬戸まで流されて来た時、ここをせんどちゅうて、次々に海に身を投げてしまわれた。うん、御裳川の先帝のみあとを追うたわけじゃな。

 そいでも死にきれんで、陸に泳ぎ着いた武士が何人か居って、そのお人らは寄り合うて一門の霊を慰めることをあれこれ詮議なされたらしい。
 そして、そこらにあった大けい根石を位牌の形に刻み込うで、表面に経を彫って、ねんごろに供養したちゅうことじゃ。
 それを平家一門の墓とせんやったのは、源氏の詮索を恐れてのことで、ほいじゃけぇ、みんなは『佛岩』ちゅうことだけで、一門の霊を弔ろうて来たんじゃろう。


 ワシらが、まだこまあころにゃあ、あねえな石やぁ、ようけあったい。ほいであの磯のことを『佛の瀬』とも言うて、あの瀬に船をこじ当てたり、木っ端になった漁師もようけ居って、みんながあの瀬にゃぁ気いつけぇょ、言うて恐れたもんじゃが。


富田義弘著「平家最後の砦 ひこしま昔ばなし」より
-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2019/04/15 Mon. 10:02 [edit]

category: ひこしま昔ばなし

TB: --    CM: 0

15