03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

勝坂板橋のおろく 

勝坂板橋のおろく(かつさかいたばしのおろく)

防府の昔話と民話(4)  
防府市立佐波中学校発行・編集「防府」より


 防府市から山口へと通じる国道262号線が佐波川を越えたあたりから、

勝坂とよばれる長い坂にさしかかる。

その坂を登りきるあたりに剣川(つるぎがわ)という小さな川が流れている。


 その昔、勝坂は三田尻から萩へ向かう街道だった。

剣川に板の橋がかかり、その付近を板橋とよんでいた。

板橋付近の街道筋は茶屋や 煮売屋(にうりや)が軒を連ね、

旅人の休憩の場としてにぎわっていた。


 この板橋の茶屋の一つにおろくというそれはそれは美しい娘がいた。

おろくの評判はたちまちにひろがり、わざわざ遠くからも

おろくの出すお茶を楽しみにくる客がふえてきた。

もちろん近郷の若者たちも何かの口実をつくっては、

おろくの茶屋に寄る者が多くなった。


 勝坂の先、小鯖(おさば)の山奥からも若者たちが、

われもわれもと松葉を背負い、または馬に乗せて、

山坂越えては宮市まで売りに行く途中に、おろくの茶屋に立ち寄った。

若者たちのおろくにたいする熱の入れようはすさましいもので、

たくさんの松葉が売りに出されるので松葉の値が下がってしまったとも

言われた。


    死んでしまわれ板橋おろく  生きて馬子(まご)の胸こがす

    死んでしまわれ板橋おろく  松葉せんばの値が下がる

  馬子衆の胸をこがし、松葉の値を下げるおろくにたいして、

人々はうらみをこめて残酷にも

「死んでしまわれ」

とうたったのだ。

  おろくに恋こがれた者の中に一人の若侍がいた。


ある日、やるせない胸のうちを打ち明けたが、

おろくはそっけなくはねつけた。

かわいさあまって憎さ百倍、若侍の恋心は憎悪となって吹き出し、

ついに腰の刀を抜いて、声をあげて逃げるおろくを

一刀の元に切り捨ててしまった。

とうとう人々のうたったとおりにおろくは死んでしまったのだ。


  おろくの死後、おろくの霊をなぐさめるために、

人々は街道べりに墓を建てた。

「おろくつか」と彫られた文字は、

おろくの美しさゆえに身を滅ぼした無念さを

見る人に訴えているかのようだ。


  国道が拡張、舗装されることになり、

「おろくつか」の移転が問題になった際には、

地元の人々は出来るだけ動かさないようにとゆずらなかったそうだ。

今は車の騒音と排気ガスの中で、

ほとんど人の気配が感じられないひっそりとした墓の姿が

何ともあわれである。

時とともに変わっていく人の心を、おろくは今、

どんな気持ちでながめていることだろう。


おわり
関連記事

Posted on 2019/04/10 Wed. 10:40 [edit]

category: 山口むかし話

TB: --    CM: 0

10

青いぐみ 

青いぐみ


江戸時代の頃、川中村の伊倉八幡宮の近くに一人の浪人が男の子を一人つれて住んでいました。
浪人は、わけがあって自分の国を捨て、この土地に住みつくようになったのですが、着ているものといえばいつもつぎはぎのボロボロの着物、住んでいる家も牛や馬が住むような小屋よりも、もっとひどいものでした。
生活も楽ではなく、八幡宮の土地を少しばかり借り受けて、やっと食べるものだけは作っていました。

ある年のこと、飢饉があり、村人たちが大切に作っていた西瓜がたびたび盗られるということが起こり、村人たちは「これは、あのおさむらいの子どもがあやしい、一つや二つの西瓜ならがまんするが、こう毎日盗られたんじゃ、たまったものではない。おさむらいに注意してしかってもらおう」と、村人たちはそろっておさむらいの家へいき、どうかしまつをつけてくれとせまりました。

浪人は、自分の子どもにかぎってそんなことをするはずがないと思いましたが、村人たちからうたがわれているのなら仕方がないと、さっそく子どもを呼び、
「お前が西瓜を盗んだのか」と、問いただしましたが、子どもは、
「自分はこんなかっこうをしていますが、さむらいの子です。決して人のものを盗むようなことはしません」と、きっぱりいいきりました。
しかし、村人たちは、いかにさむらいといっても、よそから流れてきたものだ、西瓜どろぼうは、その子に決まっている、とあくまでどろぼうにしてしまいました。

浪人は、村人たちの悪口をしばらく聞いていましたが、とつぜん刀を抜き、わが子を横だきにするや、村人たちに向かい
「それならば、この子のお腹を見せてしんぜる」
とわが子を殺し、お腹を切り開いてみせたところ、西瓜の種は一粒もなく、わずかに「ぐみ」の種子が五粒ほどでてきました。

村人たちはまっさおになり、自分たちが悪かったと深くわびましたが、死んだ浪人の子どもが生き返ってくるはずがありません。村人たちは、今度は浪人が怒って自分たちを切り殺すのではないかと、ぶるぶるふるえていましたが、浪人は、
「これで息子の正しかったことがおわかりになったでしょう」と、いっただけで別に怒りもしませんでした。
しばらくして村人たちが帰ったあと、浪人は我が子のなきがらにむかい、
「さぞ、くやしかったにちがいない、ゆるしてくれ」
と、合掌し、やがて自分もまた切腹して、息子のあとを追いました。

毎年、夏になるとぐみの木に真赤な実がつきますが、ふしぎなことに、それからというもの、一枝のなかにかならずといっていいほど、五粒のうれないままの青いぐみが残るようになったということです。


『下関の民話』下関教育委員会編
関連記事

Posted on 2019/04/10 Wed. 10:02 [edit]

category: 下関の民話

TB: --    CM: 0

10

台場ヶ鼻 

台場ヶ鼻


 夷狄が来た。
 一カ国だけじゃ適わんと見たか、アメリカ、イギリス、フランス、オランダと、四つの国が誘い合うてやって来た。

 こうなりゃあ、長州さまだけにおすがりしちょく訳にゃあいかん。
 百姓も漁師も、みんな率先してお手伝いすることにしたけぇ、彦島の農兵隊は、みるみるうちに大人数になった。
 多い時にゃ、五百人は居ったそうじゃが、弟子待の萩野隊を助けて、よう活躍したちゅうことが、昔から伝えられちょる。

 夷狄が来たなぁ元治元年(1864年)の八月のことやが、亀山、壇ノ浦、前田、城山の、あちこちの砲台が外艦めがけて、どんどんばりばり撃ちはじめた。
 彦島も負けちゃあ居れん。
 山床鼻、弟子待、石ヶ原なんかの砲台も、関に呼応して、やんくも撃って撃ちまくった。おとなしかったのは、西山やら竹ノ子島の連中で、何せ、外艦が見えん所に居るけえ、どねえもこねえもならん。
 遠くで鳴る大砲の音を聞きながら、腕を鳴らして、やきもきしちょったらしい。

 それは長いような短いような何とも知れん一日で、ようようお天道さまが西の海に沈みかけたころ、竹ノ子島六ノ台の遠見が、どひょうしもない大声をあげた。
『オーイ、獅子ノ瀬に人が流されよるぞー』
 その声に藩兵やら農兵やらが台場にあがってみると、まこと、獅子ヶ口から獅子ノ瀬へ急流に押されて人間らしいものが流されちょる。
『誰か助けに行けえ』
『よし、わしが…』
 元気な若者が六人、台場をかけおりて、ドブン、ドブンと海に飛び込うだ。泳ぎにかけちゃあ、達者な者ばかりじゃ。見る間に六人で、その人間を浜に引きあげたが、
『オーイ、こりゃあ佛様じゃあ』
『もう土左衛門になっちょるわい』
『どうも、毛唐らしいぞ』
『佛は紅毛じゃーい』
 六人は口々に、台場に向かって大声に叫んだけえ、みんな浜に降りてみると、まこと、佛は日本人じゃあない。
 何とも奇妙な着物を着て、髪は赤いし、鼻は天狗のように高いし、河豚のシラコのようにブヨブヨと白い。
『長州さまの大砲に当たったんじゅろうか』
 ちゅうて、いろいろ調べたが、どこにも傷らしいものは無い。
 結局、このまま放っちょくわけにもいかんので、台場の脇にねんごろに埋めてユズの苗木を植えたちゅうことじゃ。

 ところが、戦争が終わって講和談判の時、オランダの水兵が行方不明になったちゅう話が出て、ごっぽうこじれたらしいと、そんな噂が流れた。
 竹ノ子島の藩兵やら農兵やらは、早速、話し合うて、
『今後、如何なることがあろうとも、獅子ノ瀬の佛については、一切口外しない』
 と誓い、一書をしたためて血判までしたちゅう話。

 竹ノ子島の六ノ台とはのう、今じゃ、台場ヶ鼻ちゅうて、燈台みたいな潮流信号所が建っちょるあそこのことじゃ。
 信号所の井戸のねき(そば)に大きなユズの木があったが、さて、今でもあるかのう。


富田義弘著「平家最後の砦 ひこしま昔ばなし」より

-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2019/04/10 Wed. 09:45 [edit]

category: ひこしま昔ばなし

TB: --    CM: 0

10