03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

とっ付こうか ひっ付こうか 

『とっ付こうか ひっ付こうか』― 山口県 ―


 むかし、あるところにお爺(じい)さんとお婆(ばあ)さんが住んでおったそうな。
 あるとき、お爺さんは、山へ木を樵(き)りに行った。日暮れになってもカキンカキン樵っておったら、山の中から、
「とっ付こうか、ひっ付こうか」
という声が聞こえてくるんだと。
 お爺さんは、ああ気味悪いと思ったけれども、知らぬ顔して木を樵っていた。
 するとまた、
「とっ付こうか、ひっ付こうか」
と、言ってきた。
『こんだけ年を取ったんじゃ。何が来ても、ま、恐れることはない』
 こう思って、
「とっ付きたきゃあ、とっ付け。ひっ付きたきゃあ、ひっ付け」
と、言った。
 そしたら、身体(からだ)が重く重くなって来たと。
「こりゃおかしなことじゃ。何がひっ付ただろうか、ひどく重たくなってきよった」
と、やっとこさで家へ帰って来た。
「婆さんや、何か知らんがこんなにたくさんついたが、まあ、見てくれ」
 それで帯(おび)をといて見たところが、小判(こばん)がいっぱい身体にひっ付いている。
「ありゃ、こげなええ物がひっ付いて。良かったのお、お爺さん」
「ほんに、のお、お婆さん」
言うて、二人で喜んでその小判をむしり取ったと。
 ところが、それを隣(となり)の欲深爺さんが見て、次の日、雨が降るのに山へ行った。
 真似(まね)をして木を樵っていると、日が暮れた頃、
「とっ付こうか、ひっ付こうか」
と、聞こえて来た。
 これだ、これを待っていた、と、
「とっ付きたきゃとっ付け、ひっ付きたきゃひっ付け」
と、言い返した。すると、ほんとに身体が重くなって来た。
 こりゃまあ、ごつい小判がひっ付いたぞ、一枚でも落しちゃあならんと思って、そろりそろり歩いて戻った。
「婆さんや、まあ見てくれ。わしにも重たいほどひっ付いたで」
「そうかえ、どれどれ」
と、婆さんが、まきの火を近づけてみると、何と、爺さんの着物に松やにやら、蛇(へび)やら、みみずやらが、いっぱい付いていた。
 びっくりした婆さんが、おもわず火のついたまきを落したからたまらん。松やにに火がついて、欲深爺さんは身体中(からだじゅう)火だるまになって、とうとう死んでしまったそうな。

 これきりべったり ひらの蓋(ふた)。


再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社
関連記事

Posted on 2019/04/09 Tue. 10:53 [edit]

category: 山口むかし話

TB: --    CM: 0

09

はんどうさま 

はんどうさま


川中有富上村の東側裏山は、海抜百メートルあまりの山で、いつのころからか“はんどう山”と呼ばれています。

むかし、この付近の村々に恐ろしい暴風雨が襲いました。
嵐は大荒れに荒れて、ついには大竜巻までおこして村といわず、野といわず、山といわず暴れまくってやっと通り過ぎていきました。

あくる朝、村の新右衛門は、きのうの嵐で、田や畑はどうなっているだろうか、眠たい眼をこすりながら見回りに出かけました。
しかし、心配していたほど被害はなく、やれやれ安心したわいと、ぐるりと一回りし、雑木林を通って帰りかけていると、きのうの嵐で葉をもぎ取られた木々の間に大きな瓶があるのに気づきました。
近寄ってみると、古い大きな瓶で、いままでまったく気がつかなかったものでした。
新右衛門は、ちょっと気味が悪かったが手でさわってみたり、のぞいてみたりしました。けれども、どこにも傷はなく、丈夫そうにみえたので、
「ひょっとすると、嵐の置き土産かもしれない。何かに使えそうだ、拾って帰ろう」
と、冗談半分に、この重たい瓶を担いで帰りました。

やがて忙しい稲刈りも過ぎ、すずめが田に落ちた米をついばみに来る季節になりました。
そのころになって、新右衛門は、あの古瓶のことを思い出し、新米を使ってお酒を造ろうと、さっそく瓶を納屋から出し、酒を仕込みました。
数日が過ぎて、酒はいい具合に造れているようでした。

ところが、それからまた、幾日かたったある夜のことでした。
とつぜん家がグラグラ揺れ動き、土間に置いていた酒瓶がわんわんと鳴り響きました。
びっくりぎようてんした新右衛門は、大急ぎで酒瓶を抱きかかえ、表へ飛び出すと前の広場へ放り出しました。
もちろん瓶は、こなごなに壊れてしまい、もうお酒になりかかっていた白米は、あたり一面に散らばって、ぷんぷんといい香りをはなちました。

このありさまは、村の人たちにも知れ渡り、あくる朝、さっそく新右衛門の家に集まって、いろいろ噂話をはじめました。
「これは竜王様の化身に違いない」
「あの大嵐の時、竜巻が暴れまわっている最中、天から降ったものだろう」
「それなら、このまま人里におくことは、まことにもったいない」
「人里はなれた山の頂上にまつったほうがよかろう」
ということになり、村人たちは、こなごなになった瓶の破片を一つ残らず拾い集め、それを丁寧に裏山に運び、その山上にまつったのでした。

村の人たちはいつしか、ここを竜王神社と呼び、この山を“はんどう山”または“竜王山”と呼ぶようになり、神秘的な場所として、村人たちの崇拝するところとなりました。

そしていつのころからか“大嵐”“大竜巻”“竜王”ということがらを結びつけて“水”をもたらす神様だと信仰するようになり、日照りで苦しむときなどは、雨乞祈願をするようになりました。


(注)
はんどう(飯銅・半銅)広辞苑では、茶の湯その他の用に供する金属製の容器とあります。
新右衛門が拾った瓶も、はんどうの形に似ていたことから、はんどう山という名がついたのでしょう。


『下関の民話』下関教育委員会編
関連記事

Posted on 2019/04/09 Tue. 10:30 [edit]

category: 下関の民話

TB: --    CM: 0

09

親クジラの願い 

親クジラの願い


下関彦島田ノ首町。
1000メートルそこそこの海峡をはさんで、対岸の門司側にも工場の煙突や倉庫群。
すぐ目の前を一日千隻もの大小のタンカー、貨物船が右へ左へひっきりなしに通る。
このにぎやかな海を、戦前までクジラの群れが泳いでいた。

日本沿岸からザトウクジラ、セミクジラなどの小型クジラが姿を消したのは昭和になってから。
幕末から明治にかけては、紀伊半島沖、壱岐、対馬、五島と並んで瀬戸内海はクジラの好漁場だった。

関門海峡を通って波静かな瀬戸内海へ出入りするクジラは、たいてい子連れだったという。
田ノ首町に伝わる「親クジラの願い」も、子連れクジラにまつわるあわれな話だ。


明治40年ごろ、彦島田の首に貧しい漁師がいた。
五つになる男の子があったが、生まれつき体が弱く、病気がちだった。

ある夜、漁師はまくらもとの気配で目がさめた。
部屋の中に真っ黒く大きなものが立ちふさがっている。
よく見るとクジラだった。
驚く漁師にクジラは
「私たち夫婦クジラは、明日の昼ごろ、一人息子の子クジラを連れてこの海峡を通ります。
しかし子クジラは病気です。
どうか息子だけは見逃してやって下さい」
クジラは哀れみをこうように弱々しく頼み終わるとスーッと消えた。

夜が明けた。
漁師はさっそく浜の仲間を集めてこの不思議な出来事を話した。
半信半疑の仲間たちも、クジラが本当にとれれば、いい収入になる。
みんな銛や太綱を用意して待った。

クジラは前夜の話のとおりに親子三頭でやってきた。
たちまち海峡は修羅場になった。
大波をたてて暴れる親クジラ、飛び交う銛。
そのときどうしたはずみか一本の銛が、両親に守られていた子クジラの胴にグサリと命中してしまった。
海を血で真っ赤に染めながら、のたうち回る子クジラ。

突然、父クジラが今までに倍して暴れ始めた。
激しくはね、漁師たちの小舟を次々と大きな尾びれでたたいた。
船はこわれ、漁師たちは海へ投げ出された。
もはやクジラ捕りどころではない。
みんな命からがら泳いで逃げた。

モリ傷を負った子クジラが、その後どうなったかだれも知らない。
そして“夢”を見た漁師が疲れ果てた体を引きずってわが家へ帰り着くと、その少し前に息子が息を引きとっていた。
ちょうど、モリが子クジラに突き刺さったころ高熱を出し、もがきながら死んだという。
(冨田義弘著「彦島の民話」から)


当時、沿岸捕鯨の漁民が最も喜んだ獲物は、子連れのセミクジラだった。
セミクジラは肉がうまく、油も多かった。
しかも子連れの場合、動きの鈍い子クジラを先に仕留めれば、母クジラは決してそのそばを離れず、たやすく二頭とれたからだという。

貧しい漁師が、うまく親クジラをとっていたら、まっ先に病弱な息子に薬を買い、医者を呼んだにちがいない。
クジラに通じる親の情がこの民話を生んだのだろうか。
全く同じ話が、かつて沿岸捕鯨で栄えた各地の浦にいまも伝えられているという。


防長紀行第三巻 民話の里 マツノ書店刊より
関連記事

Posted on 2019/04/09 Tue. 10:15 [edit]

category: ひこしま昔ばなし

TB: --    CM: 0

09