03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

錦帯橋の人柱 

錦帯橋の人柱(きんたいきょうのひとばしら)岩国市


 周防の国(山口県の東部)岩国に、錦川という大きな川が流れている。
 この錦川にかけられた錦帯橋は、日本三大奇橋(めずらしい橋)のひとつに数えられ、四季を通じて観光客でにぎわっている。

 今からおよそ三百五十年前、岩国の初代殿さまとなった吉川広家(きっかわひろいえ)自分の住んでいる横川と、城下町の錦見(にしきみ)を結ぶ橋をかけたいと思っていた。
 しかし、それは、口でいうほどやさしいことではなかった。なにしろ、錦川の川は、幅が二百メートルもあり、いったん雨が降り続くと、濁流(だくりゅう)がうずをまき、かける橋かける橋がつぎつぎと流されてしまうのであった。
 だから、もう橋をかけるのをあきらめて、渡し舟をつかってみたこともあったが、それもあまり便利ではなかったので、やめてしまった。

 このようにして、なかなかよい橋ができないまま、七十年もの年月が流れ、岩国の殿さまも、三代目の広嘉(ひろよし)の時代になった。
 広嘉は学問好きの殿さまであったので、なんとかして錦川に橋をかけたいと思い、いろいろと考えていた。

 ある日のこと、広嘉がかきもちを食べようと思い、金網のうえにおいて焼いていた。
 すると、もちが焼けるにつれ、プーッとふくれて弓のようにそりかえった。ひばしでおさえても、また、すぐにふくれてそりかえった。おもしろいので、ふくれたもちを四つも五つも金網にのせてみた。
 そのとき広嘉は、
「そうだ。こんなかたちの橋をかければいいのだ。これなどんな大水にも流されることはあるまい。」
 と、思わず声に出してさけんだ。

 橋は今度こそはの期待を受けて、延宝元年(えんぽうがんねん 1673)九月三十日にできあがった。
 城下の人々は、今まで見たこともない形の橋を見て、
「この橋なら、どんな大水が出てもだいじょうぶだ。やっと流されない橋ができた。」
 と、手をうって大喜びをした。

 ところが、あくる年の五月、梅雨の長雨で錦川は大洪水となり、人々が心配して見守る中で、あっという間に中央の二つの橋台がくずれ、三つめのそり橋が流れ落ちてしまった。
 どんな大洪水にも流れない橋だと信じていた人々は、目の前でくずれ、流れ落ちていく橋を見て、泣くに泣けない気持ちで、言葉も出ず、ただ立ちつくすだけだった。
 そのうちに、だれともなく、
「もう、こうなったら人柱をたてて、水の神様のおいかりをしずめるほかにてだてはないぞ。」
 という声がでてきた。

 人柱というのは、生きた人間を橋の土台の下にうめて、工事の成功をいのるのである。
「わたしが人柱になりましょう。」と申し出る者などいるわけがない。
 流れた橋のそばに集まったたくさんの人々は、ただ、がやがやと騒ぐだけだった。

 すると、そのとき後ろの方で、
「ここにいる人の中で、横つぎのあたっているはかまをはいている者を、人柱にしたらどうだろう。」
 という声がした。

 人々は今度こそはと思った端が流されたのを目のあたりに見て、ぼうぜんとしていた時だけに、
「そうだ。それはいい考えだ。横つぎのあたっているはかまをはいている者をさがそう。」
 と決まってしまい、さっそくはかまを調べはじめた。

 ところが、横つぎのあたっているはかまをはいている者はたったひとり、それを言い出した男だった。
 男は、日ごろから信仰心があつく、自分が多くの人の役にたつのなら、いつ命をなげだしてもいいと、人柱になる決心をしたのだった。

 その男が、人柱になることが決まったが、男にはたいそう親思いの娘が二人いた。二人の娘は、父親が人柱になることを知り、このうえもなく悲しんだ。
「お父様、なぜそのようなことを・・・・。」
 と、父親にとりすがり、泣いて人柱になることをやめるようにたのんだ。ところが、父親は娘たちの手をとり、
「よくお聞き。これまでに橋は何回もかけかえられた。しかし、橋はかけてもかけてもすぐ流される。その苦労と不便さはお前たちもよく知っているだろう。こんどの新しい端は、お殿様ご自身が、長い年月をかけてくふうされ、ようやくできあがったものなのに、また流されてしまった。この大きな錦川は、日ごろはとても流れがしずかで、水もきれいだが、いったん長雨がふると大洪水となり、人々の生活をおびやかす。このような川に、流れない橋をかけるには、神様のお助けが必要なのだ。わたしは、わたしの力でそれができればうれしいと思っている。だから、もう悲しまないでおくれ。」
 と、いい聞かせた。

 娘たちは、父親の決心の強いことを知り、
「それではお父様のかわりに、私たちにやらせてください。」
「どうぞ、私たちに親孝行をさせてください。お父様は、まだまだみんなのために働けるお方です。お父様にかわって、私たちが、水の神様にお願いに参ります。」
 と、涙ながらに父親をときふせた。

 そして、二人の娘は、父親の身代わりに、人柱となって橋台の下に埋められた。

 こうして、流れない橋「錦帯橋」は、その年の十月に、りっぱに完成したのである。

 その後、錦帯橋の下の石の裏側に、小さな「石人形」がついているのが見られるようになった。
 石人形は、小さな小石が集まってできており、大きくても2センチメートルぐらいの、
 それはかわいいものである。これを見つけた人々は、
「これは、あの人柱になってくれた娘たちが、石人形に姿を変えたのだ。」
 と信じるようになった。

 水ぬるも春のころ、橋の下を流れる水ぎわで小石を裏返してみると、石人形が見つかることがある。
 人々は、これをそっとはがし持ち帰り、親孝行な二人の娘をしのび、子供たちに語り伝えたという。

 吉川広嘉の時代に造られた錦帯橋は、昭和25年9月14日のキジヤ大風によって流されるまで、276年間、どんな洪水にも流されることはなかった。
 今、錦帯橋は、その当時の姿のまま造りかえられ、その美しい姿を錦川の流れにうつしている。


題名:山口の伝説 出版社:(株)日本標準
編集:山口県小学校教育研究会国語部

豊徳園ホームページより
関連記事

Posted on 2019/04/07 Sun. 09:16 [edit]

category: 山口むかし話

TB: --    CM: 0

07