03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

岩穴鬼衛門 

岩穴鬼衛門(いわあなおにえもん)~長門市~


 長門市駅をおりて市街地をぬけると、なだらかな深川(ふかわ)地区の平地がひらける。この平地を316号線にそってしばらく行くと、観月橋(みつきはし)の手前いったいに江良部落(えらぶらく)の青々とした広がってくる。

 いまから200年前のことである。
 江良部落は水が少なく、村人たちは毎年水不足になやまされていた。村人たちは、部落からほど近いところを流れる深川川(ふかわがわ)の水をなんども部落に引こうとしたが、そのたびに失敗した。
 長さ約160間(約290m)の岩盤が川岸にせまっていて、水を引くのをこばんでいたからだ。このため、村人たちは、長い箱樋(はこひ 箱がたの水を通すとい)をつなでつって水を通すしかなかった。
 箱樋は水もれが多く、とれる水も少ない。それにつなもくさって落ちてしまう。毎年、田植え前になると、出費のかさむ箱樋づくりが江良部落の人たちの大きな悩みであった。

 その日、村の男たちは、総出(そうで)で箱樋づくりにせいを出していた。村人たちは、口々に、
「くる年、くる年も箱樋づくりじゃ。ほんとに難儀(なんぎ)なことよのう。」
「こねえして苦労して箱樋をつくっても、あんまり水もひけん。けっきょく、雨水にたよっちょるようなもんじゃあないかよ。」
「川にゃあ、こねえに水が流れちょるちゅうのに。いうてもせんないことじゃけど、ほんとにくやしいのう。」
と、ぐちをこぼしながら仕事をしていた。

 そのとき、「わははははは・・・・・・。」と大声でわらう者があった。

 見ると、図体(ずうたい)の大きな久助(きゅうすけ)であった。
「こら、久助。おまえ、何がおかしい。」
 久助と呼ばれた男はまだわらっている。みんなは腹をたてた。
「ええい、やめんか。みんあがこまっちょるときに、そんあ大口あけてわらいだしやがって。」
「おまえ、どねえかしたのかえ。」

 すると、久助は、
「おかしいじゃないか。毎年田植え時分になりゃあ、きまって箱樋のぐちばかりじゃ。」
 と言った。

「そりゃあそうだ。箱樋づくりは、難儀じゃからよ。」
「そいじゃあ久助、おぬしゃあ何ぞいい知恵でもあるあるちゅうのか。あったら言うてみい。」
「この大岩がじゃましちょるけえ、どねえもならん。おまえ、体がでっかいけえ、この大岩でも動かすちゅうのか。」
 もうひとりの村人が尻馬(しりうま)にのって、
「体のでっかい久助のことじゃ、この160間の大岩に穴でもあけて、水を通そうちゅう考えかもしれんどな。」
 と、からかった。村人たちは、どっとわらった。

 けれども、久助ひとりはわらわなかった。
「その通りじゃ。水をたっぷりと引くにゃあ、どうしてもこの大岩をくりぬいて通すしかしかたなかろうて。なあ、みんな。ここはひとつ力を出しあって、大岩をくりぬこうじゃないかのう。」
 久助は、真顔になって大声で言った。
「そねえなことできるかいや。」
 村人たちは、さもばからしいといわんばかりであった。

 そんなことがあって間もないころ。
 たちはだかる岩盤(がんばん)にむかって、つちとのみをふるっている男の姿がみられた。久助だった。それからは、雨の日も雪の日も、久助は岩穴をほりつづけた。
 久助の田畑は草がはえ、あれはてていった。もともとびんぼう百姓の久助の家は、ますますびんぼうになっていった。
 年老いた母親や女房の苦労は、なみたいていのものではなかった。

「百年たっても、岩穴なんかできるもんか。」
「ばかにもほどがある。」
 村人たちは、久助をあざけりわらって、おもしろはんぶんに見ているしまつだった。
 親るいの者でさえ、急助を見はなしてしまった。

 岩穴は、なかなかほり進まなかった。
 やがて1年がたち、岩穴は、やっと久助のすがたがかくれるほどになった。
 その年もまた、村人たちは、箱樋づくりに岩盤のところに集まってきた。
 村人たちは、髪をふるみだしてつちをふるう、ひげ面のやつれはてた久助のすがたをみて、
「たのみもせんのに、ばかな男じゃのう。」
「キツネにでもとりつかれたんじゃないか。」
 と、聞こえよがしにかげ口をたたきあった。
 久助は、聞こえぬふりをして、カッカッと、いっそう強く岩肌にのみを打ちつづけた。

 やがて、2年たち3年たつうちに、のみの音はしだいに岩穴のおくからひびいてくるようになった。
 久助を、気ちがいあつかいにしていた村人たちも、久助のしんけんなすがたにしだいに心をうたれるようになっていった。村人の中には、岩穴の入り口にそっと食べ物をおいて帰る者もあった。
「久助、元気かあ。」
 と、声をかける者もあった。
 鍛冶屋(かじや)が、何も言わずにのみを焼き打ちなおしてくれもした。久助ののみにも、いっそう力がこもっていった。

 4年目。岩穴はまだ開通しなかったが、岩質はだいぶやわらかくなっていた。
 久助はつかれると、自分をはげまますために歌をうたうようになった。久助の歌う声は岩穴の中にひびいて、外の人びとにも聞こえた。

 こうして5年目をむかえた。春もまだ浅いある日のことだ。
「えいっ。」
 と、一打ちを打ちおろしたとき、のみの先がすっと前に走った。
 のみをぬくと、細い光がいなずまのようにとびこんできた。
 目の前にぽかりと穴があき、まばゆいばかりの日の光が、ひげぼうぼうの久助の顔をてらした。
 とうとう岩穴をくりぬいたのだ。久助はぺたんとこしを落とした。
 なみだがとめどなくほおを伝って流れ落ちた。

 久助は、岩穴をとびだすと、わが家へ走った。
 やがて、貫通を伝え聞いた江良の村人たちが、ぞくぞくと岩盤のあたりに集まってきた。
 みんなかたをたたき合い、手をとり合って喜びの声をあげた。
 その年、村人たちは、田植えまでにりっぱな水路を作りあげようと、久助のほりぬいた岩穴をさらに切り開き、石垣(いしがき)をきづいてりっぱな水路を完成させた。

 いよいよ水路に水を通される日がきた。
 村人たちは、総出で水路を通って流れてくる水を見まもっていた。
「来たぞうっ。」
 だれかがさけんだ。水はごうごうと音をたてて近づいてきた。
「わあっ。」
 村人たちは、いっせいにどよめきの声をあげた。
 水はたちまち江良の平地に流れ出て、水田いっぱいに満ちわたっていった。村人たちのどよめきの声は、江良の里にいつまでもひびきわたった。
 
 村人たちから気ちがい久助といわれていた久助は、この日から義農(ぎのう)久助とよばれるようになった。
 また、最後まであきらめないで岩穴をほりつづけたことから、岩穴鬼衛門(いわあなおにえもん)ともよばれて、村人たちからたたえられた。

 久助は、文政13年(ぶんせい13ねん 1830)10月、83歳でこの世をさったという。
 現在、江良部落の西のはずれ、深川川を澪見下ろす小高い丘の上に、岩穴鬼衛門の碑がひっそりと建てられている。
 その碑は、いまも江良部落の水田や深川川の水を見まもっているかのようである。


題名:山口の伝説 出版社:(株)日本標準
編集:山口県小学校教育研究会国語部

豊徳園ホームページより
関連記事

Posted on 2019/04/04 Thu. 12:13 [edit]

category: 山口むかし話

TB: --    CM: 0

04

長門毘沙門天 

長門毘沙門天


下関市長府松小田の四王司山(392メートル)。
周防灘、北九州を一望のもとに見下ろす頂上に、一体の毘沙門天がある。
貞観9年、清和天皇は外敵に対する守り神として五体の毘沙門天像を因幡、伯耆、出雲、石見、長門の五国に下し、海辺の山頂に祭ったという。
他の四体の行方が知れぬ中で、長門毘沙門天は地元の人の厚い信仰に守られ、福徳開運の神として崇拝を集めている。
縁日は正月初めの寅の日。
「初寅詣で」にはいまも、県内各地から集まった数万の人々が急な山道を登り、一年の幸せを祈って縁起物の張子の虎を下げたササの葉を買って山を下る。
しかし、このササの葉に秘められた物語を知っている人は何人いるだろうか。


四王司山を望む小月の里に、八重というきりょうよしで働き者の娘がいた。
庄屋から息子の嫁にと望まれながら、貧しさゆえに「つり合わぬは不縁のもと」と、年とった母と二人暮らしを続けていたある正月のこと、「明日は初寅じゃが、お参りにいかんか」とおじが訪ねてきた。
若い娘にとって「初寅詣で」は晴れ着を競う場。
着物一つ買ってやれんで、とつらがる母を思って、八重は首を横にふった。

「それじゃ、わしがかわりに福をもろうて来ちゃるでの」
しかし、おじさんが約束を思い出したまは、山を下ったあとだった。
「どうしたもんかのう」、困り果てたときに藪の中でウグイスの鳴く声が耳に入った。
見るとササ葉が夕日に照らされ、美しく輝いている。
思わずササを一本折り取ったおじさんは、それをみやげがわりに八重に渡した。
八重はそのササを大切に神棚に祭ったが、翌朝になるとササの葉は小判にかわりキラキラ輝いていた。
「毘沙門天様のおさずけ」、その小判で嫁入り仕度もととのえた八重は春三月、庄屋の息子に嫁ぎ、末永く幸せに暮らし、以来ササの葉は毘沙門天の福飾りとして、初寅詣でに欠かせぬものになった。


四王司神社の役員代表、石川秀雄さんもこの話を知らなかった。
しかし、八重の話は忘れられても、毘沙門天に寄せる人々の信心は変らない。
石川さんら松小田地区の人々はいまも参道修復などの奉仕を続けている。
頂上の神社まで約60分。
そこを人々は初寅の日の午前零時に参るため、暗やみの中をのぼる。
今年も神社ではこの日、特別に祈願のため鳴らす鈴を三ヶ所につけたが、人々は鈴の緒を奪い合い、必死で取りすがった。

「警察は、あんまり混雑しすぎて危険だから鈴を四ヶ所につけろというんだが、そんなことをしたら神社が引き倒されてしまうんで三ヶ所にしてるんですよ」と石川さんが教えてくれた。


防長紀行第三巻 民話の里 マツノ書店刊より
関連記事

Posted on 2019/04/04 Thu. 11:46 [edit]

category: 下関の民話

TB: --    CM: 0

04

桃崎稲荷大明神 

桃崎稲荷大明神


 かつてこのあたりは小瀬戸の風景の中でも最も美しい場所と言われており、対岸には高級料亭が軒を並べ、漁船に篝火をともし、捕れたての魚を客に振る舞う船遊び(小門の夜焚)も盛んでしたが、大正から昭和にかけて現在の大和町付近の大規模な埋め立てが行われ、潮の流れが変わってしまい、今はもうその面影もありません。
 その一角にあるこの身投げ岩は緑の木立を背景にいくつもの巨岩が屹立している場所で、地形的には老の山の山かげにあり、入り組んだ細い路地の奥なので通行人もほとんどなく、身投げ岩の存在は一般にはあまり知られていません。

 12世紀後半の源平の時代、ここ彦島は平清盛の息子、平知盛の所領地でした。当時平家は木曽義仲によって京都を追われ、瀬戸内や九州各地を流浪する身となっていました。寿永4年(1185)2月、屋島の合戦で敗れた平宗盛を総大将とする平家一門は、平知盛が平定した瀬戸内や、九州の平家方を頼りにして体制の立て直しを計ろうとして、瀬戸内の西側の守りの要衝である彦島にやってきました。

 彦島は平知盛の築いた彦島城を中心とした平家の要塞となっており、一門を追って西下してくる源義経を迎え撃つ準備が着々と進められました。そして、寿永4年3月、源平最後の決戦である壇ノ浦の戦いが起きるわけですが、この戦いに平家方はここ彦島の福良(現在の福浦港)を最期の出船の港とし、海峡の潮の流れを知り尽くした猛将平知盛の指揮のもと天皇の御座所を持つ巨大な唐船をはじめとした多くの船で次々に海峡に出ていきました。
 安徳天皇に付き添った祖母二位の尼(時子)や母建札門院(徳子)をはじめとする女性達も多くが一門と共に船出しましたが、平宗盛は女性には自分たちと共に戦に出ることを強制せず、希望する者は一門から離れて島に残ることを許しましたので多くの女性が島に残って戦いの行方を島影で息を殺して見守っていました。

 壇ノ浦の合戦は、当初は潮の流れを借りた平家方が優勢でしたが、四国や九州から参戦していた郎党の相次ぐ離反や、当時の舟戦のルールを破って、平家方の船の船頭を次々に射殺して船の自由を奪う作戦に出た源義経の奇策によって、朝から始まった戦は夕刻には平家の敗色が濃くなっていました。

 運命を悟った平家一門が男と言わず女と言わず次々に壇ノ浦に入水して源平の最期の合戦は源氏方の勝利で終わりました。
 このとき、安徳天皇は祖母二位の尼に抱かれて入水し、天皇の象徴である三種の神器のうちのひとつである宝剣も失われました。

 戦が終わり、源義経を総大将とする源氏軍は串崎(現在の長府外浦)、赤間関(現在の唐戸付近)、彦島に次々に上陸しました。「新平家物語」によると義経は彦島に、梶原景時は串崎に上陸して仮の住まいをしつらえたとされています。源氏軍は京都を出て以来の、瀬戸内の凶作による食糧難や、義経得意の不眠不休の強行軍のために、軍のモラルは非常に低下しており、上陸した兵士の多くは半ば暴徒と化して、民家の倉や田畑を荒らし回りました。

 平宗盛に暇乞いをした京都の女官や雑仕女(ぞうしめ)たちは、島内の平家一門の住居跡や漁師の家にかくまわれるなどして潜んでいましたが、彼女たちは、ここまで日夜、戦に明け暮れてきた暴徒達の格好の標的となり、源氏の兵士達は許されざる陵辱の限りを尽くしました。多くの女性は乱暴を受けた後に殺され、また、誇り高き平家の女性達は命だけは助けられてもその多くは自ら命を絶ちました。

 ここ身投げ岩近辺は彦島の中では壇ノ浦からはもっとも遠く離れた地であり、義経が占領した御座所(彦島城)からも遠く離れた寂しい漁村でしたので、特に多くの女性達が隠れていました。したがって、被害にあった女性ももっとも多く、彼女たちはある者は源氏の兵の手から逃れるため、ある者は受けた辱めに耐え切れず、次々にこの身投げ岩の断崖から当時日本でもっとも流れの速い海峡だったこの小瀬戸に身を躍らせたのでした。

 彦島で細々と漁師を営んでいた男達は、島の人々を非常に大切に扱った知盛のお役に立てるなら・・・と、平家の軍船の舵取りや水先案内人として一門に同行しました。
 それまでの水上戦の常識であれば、彼らのような現地で雇われた水夫達は、たとえ平家が滅ぶとも、命だけは助けられるのが当然でしたが、義経の奇策によって、源平の争いにはなんら関係のない彼らまでもが皆殺しにされ、また、島に残った女性達もその源氏の兵士達の傍若無人な振る舞いによって多くが命を落としました。

 現在の島には源氏にまつわる史蹟は何一つ語り継がれておらず、源平の合戦から800年がたった今でも、この地は強烈な「平家贔屓(びいき)」の地として、平家の哀話が大切に語り継がれています。
 平宗盛が早々に放棄して逃げたため、源氏軍の滞留がなく、彦島ほどの被害を受けなかった屋島(香川県)には源氏に関する史蹟が数多く残されて、今では観光資源として扱われているのとは非常に対照的です。
関連記事

Posted on 2019/04/04 Thu. 11:25 [edit]

category: ひこしま昔ばなし

TB: --    CM: 0

04