03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

たたかん太鼓の鳴る太鼓 

たたかん太鼓の鳴る太鼓


むかし、むかし、あるところに、たいへんわがままな大尽(だいじん)がおり、いつも召使いたちに無理難題をいいつけては困らせて面白がっておりました。

ある日、大尽はまた召使いたちを集めて
「たたかん太鼓の鳴る太鼓、うそうそべいのしかめ顔、というものを、さがしてこい」と、いいつけました。

〔注〕ノ大尽 昔でいう「大金持ち」の総称。

召使いたちは、それぞれ探しに出かけましたが、なかなか思いつきません。

すると、召使いの一人は、子守が泣く子に、くるりくるりとまわしては、鳴らしてみせている、でんでん太鼓をみつけました。
それは、太鼓の両わきにくくりつけてある、糸を通した豆が、まわすたびに鳴るものです。

「なるほど、これじゃ、これじゃ」と、これをもらってかえり
「たたかん太鼓の鳴る太鼓でござります」と、大尽にさしだしました。

すると、それをみた大尽は
「これがどうして、たたかん太鼓の鳴る太鼓じゃ。豆が太鼓をたたいとるじゃないか」と、その召使いの頭をポンとたたきました。
「なるほど」と、その召使いは、たたかれた頭の痛さにしかめ顔をして、引き下がりました。

すると、もう一人の召使いが、いいものをみつけました。
子供たちが竹筒の両側に紙をはって、その中にあぶを入れて遊んでいるのを見たのです。
「こりゃあ、たたかんのに鳴っとるわい」と、召使いは、もっと大きなものを作ることにしました。

そこで召使いは、桶の底をくりぬいて、その中にくまん蜂をそのまま入れ、両側を紙ではったものを作り上げました。

そしてこれを大尽に
「へい、これが、たたかん太鼓の鳴る太鼓でござります」と、さしだしました。
すると、太鼓の中では巣から出たくまん蜂がワンワンいうので、
「これはええ、これはええ」と、大尽は感心し、面白がって、あっちこっちへ転がしました。

大尽は、太鼓を転がしながら
「ところで、うそうそべいのしかめ顔はどうしたのじゃ」と、いいました。

すると、どうしたはずみか、太鼓の紙が破れ、中にいたくまん蜂が、みんな飛び出てしまい、大尽に群がって、顔をさしてしまいました。

大尽はくまん蜂をふりはらいながら
「うそじゃ、うそじゃ」と、しかめ顔で逃げ回りました。

これをみた召使いはすかさず
「へい、それが、うそうそべいのしかめ顔でござります」と、いったそうです。

(吉敷郡)


山口銀行編纂 山口むかし話より転載
関連記事

Posted on 2019/04/03 Wed. 10:49 [edit]

category: 山口むかし話

TB: --    CM: 0

03