03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

下関観光検定014 

【問題】

彦島にある福浦金刀比羅宮の石段は、あることで日本一だと言われています。
何が日本一なのでしょう。

【答え】

勾配

【解説】

福浦金刀比羅宮は、文政2年に、海防と福浦湾の繁栄を図るために、長府藩11代藩主毛利元義が忌宮神社の境内に祀っていた金刀比羅宮を福浦に移したものです。
その石段は、日本で最も急勾配な石段と言われています。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行
関連記事

Posted on 2019/04/30 Tue. 15:58 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

30

まだわからん 

まだわからん


 むかしむかし、何日も何日も日照りの続いた年がありました。
「せっかく蕎麦(そば)をまいたばかりなのに、このままでは蕎麦が全滅してしまうぞ」
 お百姓はそう言いましたが、何日かたって孫が畑へ行ってみると、少しも雨が降っていないのに蕎麦が青々と生えていたのです。
「じいちゃん! じいちゃん! 蕎麦が生えているぞ!」
 それを聞いたお百姓も、大喜びです。
「そうか、そうか。蕎麦は少々の日照りでも生えると言うが、今年の様なひどい日照り続きでも生えてきたか。だが、蕎麦の花が咲いて、蕎麦の実を実らせるまでは安心は出来んぞ」
 するとそれから何日かたって孫が畑へ行ったら、蕎麦が大きくなって花を咲かせていたのです。
「じいちゃん! じいちゃん! 畑一面に蕎麦の花がまっ白に咲いているぞ。これで蕎麦が食えるな」
「いいや、まだまだ。ちゃんと実るまではわからんて」
 それからまた何日かたって、再び畑へ行った孫が言いました。
「じいちゃん! じいちゃん!
 蕎麦に、まっ黒い三角の実がいっぱい実っているぞ。
 これで間違いなしに、蕎麦は食えるな」
 しかしお百姓は、首を横に振って、
「いいや、物事は最後の最後までわからんぞ」
と、言うので、孫はお百姓をせかして言いました。
「それじゃあ、今から蕎麦刈りをしよう」
 そこで二人は蕎麦を刈って、刈った蕎麦を干して、それから家へ持って帰って叩いて蕎麦の実を取り出しました。
「じいちゃん! じいちゃん! これでもう蕎麦が食えるな」
 孫がそう言いましたが、お百姓はやはり首を横に振って、
「いいや、まだわからんぞ」
と、言うのです。
 そこで孫は蕎麦を臼(うす)にかけて粉をひいて、その粉に少しずつ水を入れてこねると板状にして包丁で細長く切りました。
 そして熱々のお湯で蒸すと、いよいよ蕎麦の完成です。
 すると孫が、お百姓にニンマリと笑って、
「じいちゃん! じいちゃん! これでいよいよ蕎麦が食えるな。なんぼ、じいちゃんでも、ここまでくれば、『いいや、まだわからんぞ』とは、言わんだろう」
と、言いました。
 ところがお百姓は、
「いいや、まだわからんぞ。口に入るまではな」
と、言うのです。
 すると孫は、ケラケラと笑って、
「いくら何でも、そこまで心配する事は」
と、その蕎麦をそばつゆにもつけずに、口の中にかきこもうとしましたが、
「あっ!」
と、孫はうっかり手を滑らせて、蕎麦をざるごと目の前の囲炉裏の灰にぶちまけてしまったのです。
 するとお百姓は、
「それ見ろ、だからわしは、物事は最後の最後までわからんと言っただろう」
と、笑いながら言って、はんべそをかく孫に自分の分の蕎麦を食べさせてやったと言うことです。


山口県の民話 福娘童話集より
http://hukumusume.com/douwa/index.html
関連記事

Posted on 2019/04/30 Tue. 15:17 [edit]

category: 山口むかし話

TB: --    CM: 0

30

下関観光検定012 

【問題】

彦島一円の氏神として崇敬の厚い彦島八幡宮では、秋の例祭に「サイ上り」の神事があります。
これは海中からあるものを引き上げたときに「サア上がらせ給え」といったことから、神事はこう呼ばれるようになったそうです。
さて、海中から取り上げたものとは何だったでしょうか。

【答え】



【解説】

彦島八幡宮の例祭に「サイ上り神事」があります。
伝えられるところによると、平治元年10月、里より未申の方角に紫雲がかかり海中より光を放つので網を入れてみると鏡でした。
背面に河野八幡という銘があったので、河野通次は舞子島に祭りました。
このご神鏡を海中から取り上げるときに「サア上がらせ給え」といったところから、この神事の名前になったといわれています。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行
関連記事

Posted on 2019/04/30 Tue. 15:15 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

30

サイ上り 

サイ上り


保元二年、今から約八百年のむかし、伊予の国勝山城主、河野通次が戦に負け、追っ手を避けながら、ようやくのことで彦島へ落ちのびてきました。

河野通次と五人の家来は、この彦島で力を蓄え、もう一度、勝山城を取り戻そうと、しばらくの間、慣れない農業や漁をして、兵をあげる日を待っていましたが、頼みとする家来たち二人は病気で亡くなり、一人は伊予の国の様子を調べに行って帰ってこず、とうとう望みを捨て、彦島に永住する決心を固めました。

それから二年たった平治元年十月十五日、里から西南にあたる海上に、ふしぎな紫色の雲がたなびき、その下あたりの海中が黄金色に輝いているのを、島のイナ釣りの男が発見しました。
男はさっそく、そのとき島の長になっていた河野通次に知らせると同時に島民にも知らせました。
島の人たちは、浜辺に集まり、
「ひょっとすると不吉なきざしかもしれない」
「いや、きっとあそこに黄金が沈んでいるんだ」
とか、わいわいいって騒ぎ立てました。

結局、最初に見つけた男に調べさせようということになり、その男は、こわごわ舟を出して黄金色に輝く場所に行き、矛を持って海中を突き刺したところ、神体と思われる像の左眼に突き当て、海中から引きあげてきました。

心配そうに様子をみていた河野通次は、その像を見て、これこそ我が守り本尊であるとして、近くの小島にお堂をつくって、像をまつり、これを光格殿と名づけました。

このとき、通次は鎧兜を着て、左右に太刀と弓を持ち、武運長久を祈るとともに、舞をまい、
「さあ揚がらせられた」
と、大声で叫んだことから、この小島を舞小島というようになりました。

また、おもしろいことに、氏神様の左眼を矛で突かれたことから、彦島の人はむかしから左眼が細いという言伝えがあります。

ご神体は、その後、正和三年に、今の宮の原に移して、永く彦島の氏神様として親しまれてきました。
そして毎年十月十五日には、「サイ上り」の神事が行われますが、その様子は、まず最初に、裃をつけた子ども三人が飛び回ります。
すると鎧兜をつけ、太刀を腰に、手に弓をもった者が、子どもを矛で突くまねを幾度も繰り返します。
そして「サイ上り」を叫びます。
子どもの飛び回るのは、イナが飛ぶまねで、弓で突くのは、ご神体を海底から突き上げたときの意味。
「サイ上り」とは、通次が「さあ揚がらせた」と喜んで叫んだ古事をそのまま伝えるものといわれます。
そして、この鎧武者やイナなどになる人は、昔から、彦島十二苗祖の家から参加することになっています。


(注)
彦島十二苗祖とは、河野通次の河野姓ほか、平家の落ち武者が住み着いたといわれる、園田、二見、小川、片山、柴崎、植田、岡野、百合野、和田、登根、富田姓で、彦島開拓の祖先といえましょう。


『下関の民話』下関教育委員会編
関連記事

Posted on 2019/04/30 Tue. 14:47 [edit]

category: ひこしま昔ばなし

TB: --    CM: 0

30

下関観光検定013 

【問題】

彦島本村町にある寺院は、平家が壇の浦で敗れてから平重盛の守り本尊を奉持して堂宇を建立したと伝えられています。
このお寺はなんというお寺でしょうか。

【答え】

西楽寺

【解説】

彦島本村町にある西楽寺は時宗の寺院。
寺伝によれば平重盛の守り本尊を、平家が壇の浦で敗れてから執権植田冶部之進、岡野将監、百合野民部がこれを奉持して彦島に渡り、先住の河野一族と図って迫に堂宇を建立しました。
建治2年、一遍上人の従者・西楽法印がこの島に訪れ、尊像を今の地に移し西楽庵と称し、のち西楽寺と改称しました。
本尊の木造阿弥陀如来坐像は、市の文化財に指定されています。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行
関連記事

Posted on 2019/04/29 Mon. 11:03 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

29

白狐の湯 

白狐の湯(びゃっこのゆ) ム山口市ム


 毎年五月になると、湯田(ゆだ 山口市湯田)で、温泉祭りが行われる。
 このまつりには、「白狐おどり」など、白狐にまつわるもよおしがさかんに行われる
 この話は、湯田温泉のおこりとして、いまに語りつがれるふしぎな話である。


 今から五百年ほどむかしのことである。
 湯田の近くに、権現山(ごんげんやま)とよばれる小さな山があった。そのふもとに、ふかい木立(こだち)にかこまれた古いお寺があった。

 ある春の夜のことである。
 だん家の法事にまねかれたおしょうさんは、ついつい引きとめられて帰りがおそくなった。その家を出たのは、だいぶ夜もふけたころであった。ほろようかげんのいい気持ちであった。あぜ道を通りすぎ、寺の境内(けいだい)にさしかかったときである。
 しんとしずまりかえった境内のおくから、ピチャピチャというみょうなもの音が聞こえてきた。おどろいて耳をすますと、ピチャピチャという音が、間をおいては聞こえてくる。
 いまごろ、なんの音じゃろう。
 おしょうさんは、音のする方へ足音をしのばせていった。池のそばまできて、ふっと足をとめた。

 白キツネが一匹、月の光にてらされて、池に足をひたしていたのだ。その白キツネは、ときおり水をかいては休み、水をかいては休みしている。みょうなもの音は、この白キツネの水をかく音だったのだ。
 なお、じっと見つめていると、人の気配(けはい)に気づいたのか、すばやく池からはい上がって、あたりをきょろきょろ見まわした。
 それから、後ろ足をかばうように、ぎこちない走り方で権現山のしげみの方へ消えていった。
「はて、白キツネが、なぜこんな夜ふけに池の中にはいっているのじゃろう。」
 おしょうさんはふしぎに思いながらも、その夜は、そのまま、寺に帰ってねてしまった。

 つぎの日の夜なか、ふと目をさますと、また、あのピチャピチャという音が聞こえてきた。
 さてはまたあの白キツネかと、おしょうさんはそっと起き出して、月明かりの中を池にしのびよっていった。
 やはり、きのうの白キツネであった。白キツネは、ひとしきり池に足をひたすと、ぎこちないあの走り方で権現山の方へさっていった。

 その次の晩も、またそのつぎの晩も同じようなことがくりかえされた。
 七日目の晩がやってきた。
 白キツネは、きまったように池に足をひたし、きまったように権現山へ帰っていった。ただちがうことがひとつあった。
 それは、いつもと走る方がちがうことだった。
 つぎの日から白キツネは、姿を見せなくなった。

「さてさて、みょうなことがあるもんじゃ。どうして足がよくなったのじゃろう。」
 おしょうさんは、ふしぎに思って池に足をひたした。
「やっ、水があたたまっておる。」
 池の水が、ちょうどよいあたたかさになっていた。においをかぐと、温泉のにおいがする。
「これでやっとわかった。あの白キツネ、いたむ足をひたしにここへやってきていたのじゃな。」
 おしょうさんは、さっそく里の村の人たちにこのこを話し、池の近くをほらせてみた。

 すると、思ったとおり、熱い湯がこんこんとわいてきた。
「湯だあ。湯が出たぞうっ。」
 村人たちはよろこびの声をあげた。
 ほりすすめる手にいっそう熱がこもった。なおふかくほりさげていくと、くわの先に固いものがあたった。ていねいに掘りだすと、どろまみれの仏像であった。おしょうさんが、池の湯でていねいにどろをおとすと、みごとな黄金の薬師如来(やくしにょらい)の像があらわれた。
 村人たちはひざまずいて、薬師如来像をふしおがんだ。


 その後、薬師如来像は、温泉の守り本尊として、池のほとりにたてられた堂におさめられた。
 この仏像をおがんで湯に入ると、どんな難病もたちどころになおるといわれ、湯に入りにくる人が後をたたなかったという。その後、だれいうとなく、「白狐の湯(びゃっこのゆ)」とよばれるようになり、いまに語りつがれている。


題名:山口の伝説 出版社:(株)日本標準
編集:山口県小学校教育研究会国語部

豊徳園ホームページより
関連記事

Posted on 2019/04/29 Mon. 10:02 [edit]

category: 山口むかし話

TB: --    CM: 0

29

下関観光検定011 

【質問】

彦島と本土を結ぶ二本目の橋として造られた彦島大橋は、昭和50年9月に完成しました。
美しいフォルムを見せるこの橋の工法はディビダーグ工法といわれめものでしたが、別名なんと呼ばれるものでしたでしょうか。

【答え】

やじろべえ工法

【解説】

彦島大橋は、山口県が施工、昭和50年9月に完成しました。
彦島と本土を結ぶ二本目の橋として建設されたものです。
中央径間は236mで当時世界最長のもので、建設費は17億円、工法はディビダーグ工法(別名やじろべえ工法)といわれるものです。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行
関連記事

Posted on 2019/04/29 Mon. 09:49 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

29

舟島怪談 石の塔 

舟島怪談 石の塔


 むかし、彦島の農家の人たちは、どの家も舟を持っていて、畠の肥料にする海藻を採りに北九州の若松方面まで出かけていました。
 その海藻採りのことを『藻切り』あるいは『藻刈り』と言っていましたが、その藻切りに出かける前の日の夕刻、人びとは舟島の石の塔を眺めてから、行くかどうかを決めたといいます。
 それは、石の塔が、鎌崎の鼻から見える日と見えない日があったからです。
 人びとは、春から夏へかけて石の塔が見えれば、翌朝は雨か嵐になり、ぼんやり霞んでいたり、さっぱり見えなければ、あくる日は快晴なので藻切りの準備に取りかかりました。
 そしてまた、秋から冬にかけては、石の塔が見えれば、翌朝は晴れで、見えなければ時化るといってミノを出したと伝えられています。


富田義弘著「平家最後の砦 ひこしま昔ばなし」より

-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2019/04/29 Mon. 09:47 [edit]

category: ひこしま昔ばなし

TB: --    CM: 0

29

身代わり名号 

身代わり名号(みょうごう)~宇部市~


 いまから五百年ぐらいむかしの話である。
 長門の国(山口県)須恵の黒石(すえのくろいし:宇部市厚南区黒石)に蓮光(れんこう)というおぼうさんがいた。
 このおぼうさんは、もとは武将で、名前を伊東順光(いとうとしみつ)といった。
 順光は室町幕府の六代将軍足利義教(あしかがよしのり)の家来で、武芸にすぐれ、将軍にもしんらいされていた。

 ある年、順光に、悲しいできごとがつぎつぎと起こった。
 妻と子があいついで病死したかと思うと、こんどは将軍義教が家来に殺されるという大事件が起きたのだ。
 妻と子をなくした悲しみも大きかったが、主君が殺されたというおどろきもたいへんなものであった。すぐさま味方の武将と力を合わせてうら切り者をうちはたし、主君のかたきをとった。
 さきにいとしい妻と子をなくし、今また主君と別れてしまった順光は、生きていくはりあいをうしなって、とうとう仏の道にはいるけっしんをした。

 順光から話をきいた本願寺の蓮如上人(れんにょじょうにん)は、順光の心にふかくうたれ、弟子にむかえた。順光は、上人のもとでむちゅうになって仏の道を学んだ。
 何年もの修行をつんだあと、上人に、
「蓮光坊、おまえは西国(さいこく:今の九州地方)へ行って、仏教を広めてきなさい。」
 と、言われた。

 そこで蓮光は、上人からいただいた六字の名号(南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)の六字を書いたもの)と木仏をもって、ひとり九州へ旅立った。
 蓮光は、周防山口の湯田をへて、小郡から船にのった。船には、黒石の番所の富岡七兵衛(とみおかしちべえ)という役人がのっていた。蓮光と七兵衛は、半紙をしているうちにうちとけ、はじめから兄弟のように親しくなった。七兵衛は、黒石に住むようにねっしんに蓮光をくどいた。蓮光は、九州行きに心をのこしながらも、黒石に住むことにした。

 黒石の村に住むようになってから、田や畑であせを流している百姓(ひゃくしょう)や道で会う人たちに、蓮光はわけへだてなく声をかけ、元気づけた。人々の元気なすがたを見ては喜び、やまいに苦しむ人を見ては同情をしはげます毎日をおくった。

 そのうち、黒石の人々は、
「法師さま(ほうしさま:ぼうさん)の顔は、わたしたちとはどこかちがうようじゃ。」
「法師さまのおことばは、ほんとうにありがたいのう。生きかえるようじゃ。」
 と、蓮光を心からうやまうようになっていた。
 蓮光もまた、人々のかざりけのないあたたかさに心をひかれ、この村に住むことがほんとうに楽しくなっていった。

 その頃の須恵の黒石は、厚東川流域(りゅういき)のよい港だったので人の出入りも多く、蓮光のうわさは口から口へと広がっていった。蓮光をしたう人々はふえるばかりであった。
 そんな蓮光をおもしろく思っていない者がいた。土地の僧たちだ。僧たちは、黒石をおさめる大内の役人に、
「蓮光は、もともとは伊東順光という武将で、ひそかに大内のようすをさぐっているけしからん者です。」
「蓮光の教えはまちがっています。」
 と、ありもしないことをならべたてた。

 そのため蓮光は大内氏の役人にとらえられた。
 役人は、いつも罪人をさばくときのように、ろくにしらべもしなかった。

 蓮光は、
「わたしが仏の道を歩んでまいりましたのは、実は・・・・・。」
 と、心のうちをあかそうとしても、役人はそんなことは聞きたくもないというふうに、
「民びとの個々をばどわかしたお前の罪は、たいへん重い。」
 と、打ち首の刑を言いわたした。

 横州の浜で首をきられることになった蓮光は、その日から、牢の中でひとりしずかに念仏をとなえるようになった。

 いよいよその日がやってきた。

 刑場にむかうとちゅう、蓮光は、上人からいただいた名号を、役人の目をぬすんで中野(厚南区)の土地にうめた。
 刑場についた蓮光は、これから刑をうける人とも思えないほどおちつきはらっていた。目をとじ、手をひざの上にのせて、刑をまっていた。

 やがて刑の時こくになった。

 役人は、しずかに刀をとって、蓮光のうしろにまわった。
「えいっ。」
 役人は刀をふりおろした。
 刑場をぐるりとかこんで見守っていた村人たちは、顔をおおい、手をあわせた。

 念仏をとなえる村人たちの声がしずかにおこった。
 が、それはすぐにおどろきのどよめきに変わった。

 蓮光が、さっきと同じままの姿ですわってていたのだ。
 もちろん首はそのままに。

 首切役人は、青い顔をして、
「これはいったいどうしたというのだ。」
 と、ふるえる手に力を入れ、また刀をふるかぶった。

 が、その時だった。
「待てえっ、待てえっ。」
 大声でさけびながら、早馬が刑場にかけこんできた。城からの急ぎの使いだ。
「その刑は待たれい。法師さまには罪のないことがわかった。この土地での布教はゆるされたぞ。」
 使いの声は、山やまにこだました。
 役人はあわてて刀をおさめた。

 ゆるされた蓮光は、走るようにして中野にむかった。うめておいた名号をほりだすためだ。
 蓮光は、うめたあたりにつくと、急いで手でほりかえした。
「あっ。」
 蓮光は息をのんだ。手にとった名号はモ南無モの二字のところでふたつに切れ、真っ赤に染まっていた。

 話をつたえ聞いた村人たちは、
「なんでも、法師さまは、刀さえよせつけないりっぱな方だそうな。」
「いや、もっとふしぎなことは、名号のほうじゃ。あの名号こそ、法師さまのみがわりになられた、たっとい(尊い)ものだそうな。」
 うわさは国じゅうにひろがった。それからというもの、あちらこちらから蓮光をしたってやってくる人がたえなかったという。

 そののち、名号を埋めたあたりにお寺を建て、蓮光法師をむかえいれた。それが今の蓮光寺である。
 名号を埋めたといわれるところは名号塚といわれている。
 身代わりの名号は、今も寺の宝として、たいせつにしまわれている。


題名:山口の伝説 出版社:(株)日本標準
編集:山口県小学校教育研究会国語部

豊徳園ホームページより
関連記事

Posted on 2019/04/28 Sun. 10:55 [edit]

category: 山口むかし話

TB: --    CM: 0

28

下関観光検定010 

【質問】

ウニの加工品の主力となっているアルコール漬けの瓶詰を考案したのは、下関が最初でした。
そのいわれは明治初期に六連島のあるお寺にかかわるものです。
さて、このお寺は、何というお寺でしょうか。

【答え】

西教寺

【解説】

ウニの加工品の主力となっているアルコール漬けの瓶詰を考案したのは、下関が最初でした。
そのいわれは、明治初期六連島に灯台を設置したのにともない、外国船の出入りが増加し、外国人パイロットがしばしば六連島の西教寺を訪ね歓談に興じるようになり、その席で小鉢の生ウニに誤ってお酒をこぼし、それを食べた和尚が大変おいしかったので、島のウニ加工業者に試作をさせて完成したというものです。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行
関連記事

Posted on 2019/04/28 Sun. 10:39 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

28