02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

彦島の年表16 

彦島の年表16

昭和二十年 1945年

三菱重工業彦島造船所、戦後県下初の賃上げスト。


昭和二十二年 1947年

彦島中学校、江の浦町に開校。


昭和二十五年 1950年

彦島警察署設置。


昭和二十六年 1951年

西山小学校、迫町に開校。


昭和二十八年 1953年

本村小学校全焼。


昭和二十九年 1954年

関彦橋、コンクリート橋に架け替え工事完成。


昭和三十年 1955年

玄洋中学校、西山町に開校。


昭和三十二年 1957年

角倉小学校、角倉町に開校。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より
関連記事

Posted on 2019/03/27 Wed. 10:27 [edit]

category: 彦島の年表

TB: --    CM: 0

27

蚕種の渡来 

蚕種の渡来


忌宮神社の境内に、大自然石で“蚕種渡来の地”という碑がたてられています。

仲哀天皇さまが即位されて二年、熊襲を征伐されるため。豊浦宮を長府におかれ、仲哀天皇と、神功皇后がこの地におかれたときのことです。
その豊浦宮があったのが、今の忌宮神社のあるところですが、それから二年たった即位四年に、秦の始皇十一代の孫にあたる功満王という人が日本を訪れて、帰化しましたが、そのとき、おみやげとして珍しい蚕の卵を仲哀天皇さまに差し上げました。
蚕からは、日本の衣服として最高といわれる絹がつくられます。
その外国の蚕がはじめて日本に持ち込まれたところが、長府だったわけです。


(注)
この碑は、わが国で始めて渡来した地であることを記念して、昭和八年に大日本蚕糸会が建てたもので、戦前には、全国の絹物の商人たちが碑の前に集まり、お祭をしていたそうです。
この蚕種祭が最近また行われるようになりました。


『下関の民話』下関教育委員会編
関連記事

Posted on 2019/03/27 Wed. 09:54 [edit]

category: 下関の民話

TB: --    CM: 0

27