02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

彦島の年表12 

彦島の年表12

明治四十年 1907年

彦島尋常高等小学校、現在地に新築移転。

彦島第二尋常小学校設立。

福浦郵便局、和文電信取扱開始。


明治四十二年 1909年

役場庁舎竣工。

彦島村の五地区と六連島の漁業組合が統合、彦島村漁業組合設立。

彦島村信用組合設立。

六連税関監視所を設置。

竹の子島灯台が完成。


明治四十三年 1910年

彦島青年団創設。


明治四十四年 1911年

彦島船渠(株)設立。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より
関連記事

Posted on 2019/03/23 Sat. 10:42 [edit]

category: 彦島の年表

TB: --    CM: 0

23

川棚温泉の青龍伝説 

川棚温泉の青龍伝説

青龍伝説

 遠い昔、とようらの地の奥深い森に囲まれた泉に、水の神様として一匹の青龍が住んでいました。青龍の住む泉はどんな日照りでも枯れることなく、青龍に与えられた清らかで豊富な水により、農作物は豊かに育ち浦々ではたくさんの魚がとれました。
 しかし、ある時この地を大地震が襲いました。大地震は一夜にして青龍の住む泉を熱湯へと変え、山を崩し、泉を埋めてしまったのです。そして青龍も住む場所を失った悲しさから病気になり死んでしまいました。
 青龍と泉を失った村では長く日照りが続き、作物は枯れ、人々は病気に苦しみました。困った村人達は、青龍を祀るための社をつくり、この土地の守り神として人々の生活を守ってくれるよう祈り続けました。
 そんなある日、村人が青龍の住む泉のあった場所に畑をつくろうとして地面を掘ると、そこから温泉が湧き出したのです。不思議なことに温泉の湯を浴びると、それまで病気で苦しんでいた人たちは元気になったといいます。


怡雲(いうん)和尚

 その後、月日はめぐり温泉が枯れてしまうと、青龍のことも人々の記憶から忘れられようとしていました。すると応永年間(1394~1427)、再びこの地を日照りと疫病が襲いました。川棚を見下ろす小高い山の中にある三恵寺の住職であった「怡雲(いうん)和尚」は、厄災に苦しむ人々を助けたい一心で仏に祈り続けました。そんなある晩、怡雲和尚の枕元に薬師如来が現れました。薬師如来は枕元で、和尚にこの土地に住む青龍の伝説と人々の病気を治した不思議な温泉の物語を告げました。
 怡雲和尚は薬師如来の霊告をもとに、忘れられていた温泉を再び掘り返す決心をし、周辺の村人の協力を得て作業に取りかかると、見事に温泉を掘り起こしました。青龍の伝説と薬師如来の霊告のとおり、その温泉の湯を浴びると人々の病気は次々に回復したといいます。再び平穏を取り戻した村人たちは、温泉がもう二度と枯れないように伝説の青龍を温泉と村の「守護神」としてお祀りすることを決め、祈りを欠かさないようつとめました。
 以来、数百年の月日が経ちますが、今も青龍の伝説は語り継がれ、青龍権現に守られた温泉は枯れることなく沸き続けているのです。


しものせき観光ホームページより
関連記事

Posted on 2019/03/23 Sat. 10:25 [edit]

category: 下関の民話

TB: --    CM: 0

23

租借 

租借(そしゃく)


 むかし、イギリス、フランス、アメリカ、オランダ、四つの連合艦隊が、馬関海峡を襲うたことがある。
 その前の年、長州さまが、攘夷じゃ、攘夷じゃ、と外国船を砲撃したもんじゃけ、その報復で、やって来たんじゃ。
 元治元年(1864年)八月五日のことで艦隊は軍艦十六隻と、商船一隻、それが二手に分かれ壇ノ浦、前田と長府のお城山を目がけて砲撃した。
 そして、半日もせんうちに前田に上陸を果たして、長州さまは、さんざんな目に遭われてしもうた。
 その上、七日には、彦島を襲撃して弟子待と山床の二砲台を占領したけえ、もう攘夷も何もあつたもんじゃない。とうとう、「講和を結ぼう」ちゅうことになった。

 この時の正使が高杉さまで、家老、宍戸刑馬と変名して、いかにも藩の重臣ちゅうような格好で艦隊に乗り込んで行かれた。副使の渡辺内蔵太には小具足をつけさせ、高杉さまは陣羽織に立烏帽子という芝居がかったいでたちじゃったちゅうから面白い。
 日本人にとっちゃあ、有史以来はじめての敗け戦じゃったが、そんなことはおくびにも出さず、堂々と胸を張って和議に臨んだ高杉さまちゅうお人は、やっぱり天下の傑物と言えるじゃろう。

 さて、休戦の和議は、八日、十日、そして十四日と三回にわたり持たれたが、高杉さまは八日と十四日の二回に出席された。
 そして、四カ国の戦勝者に少しも臆せず、堂々とわたり合って五項目の条約に調印はしたが、賠償金三百万ドルを幕府に支払わせてしまう、ちゅうように、長州さまには一文も損失の無いよう話を進められたから、さすがじゃ。

 この時、イギリス提督クーパーが、さりげない口調で、こう切り出した。

「馬関海峡の西に浮かぶ彦島を租借したい」

 ところが、高杉さまをはじめ、伊藤公、井上公も、「租借」ちゅうのが、何のことやら解らん。そこで、いろいろ質問してみると、彦島を占領する意図のようでもあり、また、無償で貸してほしいちゅうようでもあるので、高杉さまが、真っ赤になって怒った。

「なにっ、租借だと。怪しからん。実に怪しからん。日本の国を何と心得て居る」

 艦内に鳴り響く高杉さまの大音声にクーパー提督は青い目をクリクリ動かしたが、そんな表情には見むきもせんで、つづけて、

「彦島は毛利藩領とはなっているが、大名の領土というものは、天子の土地をお預かりしているだけで、勝手に処置することなど出来よう筈がない。それを、貸せとか、分譲せよとか実に怪しからん」

 と怒鳴り散らし、揚げ句の果てには日本の生い立ちについて、とうとうと述べたちゅうことじゃ。

「そもそも我が日本の国は高天原朝廷七代にまします国常立命にはじまり…」

 タカマガハラ、クニトコタチノミコト、イザナギ、イザナミの二柱、アメノウキハシ、アメノサカホコ…、こんなむつかしい神々の名前が次から次へと出て来るもんじゃけえ通訳の伊藤公とアーネスト・サトウが面食ろうてしまわれた。
 そこでイギリスのクーパー提督も苦笑いして、租借の件は取り下げたんじゃが、もしあの時、高杉さまが正使でなかったら、彦島は香港の対岸にある九竜市のように、イギリスの植民地にされてしもうたことじゃろう。

 何しろ高杉さまは、その前に上海に渡ってイギリス人の横暴振りを見ており、アヘンを売り込んで戦費を作り、香港、広東、上海、南京と侵略して行った常套手段も心得ちょったので、租借、と聞いただけで、怒り心頭に発したことじゃったろう。

 考えても見い。

 この海峡のど真ん中に、九十九年間もの永い間、イギリスの植民地が生まれちょったら、今の日本は有り得んじゃろう。
 高杉さまの大勇断は、彦島だけじゃあのうて、日本にとっても大恩人ちゅうことが出来るいゃのう。

 ほんに、えんにょうごっぽう有りがたいお人じゃ、高杉さまは。


富田義弘著「平家最後の砦 ひこしま昔ばなし」より
-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2019/03/23 Sat. 10:09 [edit]

category: ひこしま昔ばなし

TB: --    CM: 0

23