02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

彦島の年表8 

彦島の年表8

嘉永二年 1849年

七月に吉田松陰が藩命により引島の台場を巡察する。


嘉永六年 1853年

竹の子島、蓋井島に砲台を築造する。


安政元年 1854年

引島の砲台で試射を行う。


安政二年 1855年

引島で農民130人の教練を行う。


安政三年 1856年

六連島の妙好人お軽同行、死去。


文久三年 1863年

山床・六連島・蓋井島などにある唐船打ち払い用の古塁を廃し、新たに要害を選んで新鋭の大砲を備える。


元治元年 1864年

三条実美ら五卿、福浦、弟子待などの台場を巡察。

四カ国連合艦隊、彦島の山床、弟子待の砲台を攻撃し、砲を略奪する。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より
関連記事

Posted on 2019/03/19 Tue. 11:00 [edit]

category: 彦島の年表

TB: --    CM: 0

19

お忌さん 

お忌さん


長府忌宮神社のおまつりの中で「おいみさい」というのがあります。
このおいみさいは、お忌さん、おゆみさんとも呼ばれ、やさしい感じがしますが、実際は十二月七日から十五日までのおまつりの間は、境内にしめ縄をはりめぐらし、一般の人は境内に足を踏み入れることができない、厳しいおまつりです。

おまつりの起こりは、仲哀天皇が新羅を征伐されるときに、豊浦の津に皇居をおかれました。
しかし天皇は病気でお亡くなりになり、その後おきさきの神功皇后さまが、斎宮を建てられ、ここに七日七夜おこもりになり、新羅に兵を進めたほうがいいか、神のおつげをうかがわれました。
この七日七夜おこもりになったことが、おまつりのおこりといえます。

おまつりの第一日、二日、三日間は神様がいろいろ準備される日で、第四日は、神様が白馬に乗られて汐汲に行かれますが、そのとき、戸毎に立ち寄って皆が静かにしているかどうか立聞きされる「立聞の日」、第五日は、戸のすき間から家のようすを見られる「のぞみの日」、第六日は静かにしていなかった人に忌矢を放たれる「矢放しの日」になっています。

そして、七日七夜のおまつりの間は、民家でも、いろいろしてはいけないことがあります。
夜は早く戸を閉めること。外にあかりをもらさないこと、便所をかえてはいけない、下駄の緒をつけかえてはいけない、踊りや音楽を鳴らしてはいけない、外出しないこと、野良仕事、洗濯をしないことなどで、これを守らないときには、必ず白矢を受けて病気になるといわれました。

このお忌さんの行事は、忌宮神社だけでなく、住吉神社、吉見乳母屋神社、吉母の若宮神社などでもおこなわれています。

住吉神社の近くに“濁池”という池があります。一年中常に清水をたたえた池ですが、おまつりになると濁るところからつけられた名です。
これは神様が汐汲の帰りにここで馬の足を洗われたからといわれています。
また吉見乳母屋神社では、神前に大きなたらいを置き、それに水をいれておくしきたりがあります。
やはり濁池と同じように、そのたらいの水が必ず濁っているといいます。

神様の怒りにふれて、石になったという言い伝えもあります。
この石のことを「お斎石」または「門石」ともいいますが、住吉神社のお斎石は、老婆がおまつりの期間に、夜せんたくをしているところを神様が見とがめられ馬の上から鞭で打たれて石になったといいます。
吉見のさき、大河原にある「お斎石」は、老夫婦が夜浜へ出て、わかめを刈って帰る途中、ちようど神様にであい、馬のひずめにかけられ石になったといいます。
現にこの石には、二つのひずめの後が残っています。


『下関の民話』下関教育委員会編
関連記事

Posted on 2019/03/19 Tue. 10:42 [edit]

category: 下関の民話

TB: --    CM: 0

19

船台場 

船台場


 幕末の長州さまは、アメリカ・イギリス・フランス・オランダの四カ国を相手に戦争するだけでは納まらず、幕府にも四方八方を囲まれて戦わにゃあならんかった。
 幕府による第二次長州征伐を、ワシら長州人は『四境戦争』と呼ぶが、これは、芸州口、石州口、大島口、小倉口などの敵を相手にしなけれゃあならん大変な戦じゃった。
 その中で、小倉口ちゅうのは、九州勢を向こうに回し、約七ヶ月もの間、激戦をつづけた小倉戦争のことじゃ。

 この戦の前に、小倉藩では、
『長州は、下関沿岸の守護に重きを置いてはいるが、対岸の彦島は全く無防備に等しい。従って、この際、こちらから奇襲を以って彦島の西海岸を攻めては如何』
 と、提案した人も居ったが、幕府の老中に軽くいなされてしもうた。あの時、その献策通りに九州勢が彦島を攻略していたら、恐らく長州さまの勝ち目は無うて、明治維新もまた違うたものになったじゃろう。


 さて、本題に入ろう。

 慶応二年(1866年)六月二十九日、幕府の軍艦富士山丸が小倉の長州沖にイカリをおろした。この軍艦は二本マストで、黒塗りの全長八十メートルもある新鋭の鋼鉄船ということで、どひょうしもない大きい。それに百四十ポンドの巨砲を据えて居ったから、長州さまの軍艦なんか、まるでオモチャのようなものだ。

『あの小舟は、目障りでならん。あれをやっつけろ』
 高杉さまの一声で、富士山丸攻撃の準備が始まった。さしもの大精鋭艦も、高杉さまの眼から見りゃあ、小舟にしか映らんかったらしい。

 さて、七月二日の夜、長府の御舟手組から六人の決死隊員が選ばれた。
 浜崎林槌、梅本幹志、平賀銀槌、大庭伝九郎、磯部新三、大隅伊兵衛という面々で、この六人が、二人ずつ三隻の上荷船に分乗することになった。一人は舵を取り、一人は二貫筒の砲を受け持ち、富士山丸を至近距離から撃とうという計画で、下手をすりゃあ自分たちの命も吹っ飛んでしまう。

 小筒ながら、一応、砲を積んだ船という意味で、これを『船台場』と呼んだが、三隻はその夜のうちに西山南風泊ちかくの瀬戸の浜に集結した。いわゆる潮待ちじゃ。
 そして三日午前一時過ぎ、三隻の船台場は瀬戸の浜を出て幕艦にそうっと近づいた。

 富士山丸は標識ランプを一つだけ吊るして、そのまわりには、同じ幕府の軍艦、順道丸、回天丸、長崎丸なども停泊している。
『おーい、その船、とまれえ。この夜更けにどこへ行くのかあ』
『ワシらぁ、彦島の者じゃが、これから若松まで、石炭を積みに行きますだあ』
 と答えると、相手は安心したのか、それ以上、とがめようとはせんじゃった。

 船台場は一列に並び、そのまますーっと幕艦群に近づいて、総指揮をとっていた浜崎林槌が二貫筒を富士山丸の機関めがけてぶっ放した。
 つづく二番手、三番手も、それぞれ機関を目標に撃ち込み、次々に海に飛び込んだ。そして、前日から言いつけてその付近で漁をさせていた伝馬船に泳ぎ着き、彦島に戻ってきた。
 その時、砲一門を載せた船は沈んでしもうたが、あとの二隻は引き潮に流されておったのを、彦島の漁師が見つけて引っ張って帰ったという。

 この船台場の轟音を合図に、対岸の田ノ首山床砲台が富士山丸を砲撃しはじめた。すると、それに呼応して弟子待砲台も、どんどんばりばり撃ち始めたもんじゃから、傷ついた幕艦は慌てて小倉寄りに退いた。
 田ノ首と弟子待にゃあ、二十インチの臼砲や十五インチ長身惣砲などが仰山あり、この勇ましい音をきっかけに、長州さまの大里攻めが始まった。


 こうして、七ヶ月にわたる小倉戦争の火ぶたが切られた訳じゃが、その死を覚悟した勇敢な船台場の奇襲は、幕府や九州を震撼させるに、大いに役立ったといや。


富田義弘著「平家最後の砦 ひこしま昔ばなし」より

関連記事

Posted on 2019/03/19 Tue. 10:26 [edit]

category: ひこしま昔ばなし

TB: --    CM: 0

19