02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

彦島の年表1 

彦島の年表1

縄文時代 BC5000年

宮の原遺跡
彦島八幡宮境内の砂丘にあり、縄文前期と縄文中期の上下二層の遺物堆積層が認められる。


縄文時代 BC2500年

六連島遺跡
溶岩台地からなる南西端の海浜にあり、縄文時代の後期から弥生時代・古墳時代にかけての遺構が発見された。
遺物はたくさんの土器のほか犬の歯で作った垂飾、鹿の角の道具、釣り針など珍しい骨器が出土している。
弥生時代の遺構には、円形や隅丸方形の浅い竪穴と薄い割石を敷き詰めた住居跡があり前期末や中期の土器が出土した。


仲哀八年 199年

筑紫の伊都県主の祖五十迹手、仲哀天皇を引島に奉迎する。(日本書記)


古墳時代 200年

六連島遺跡
古墳時代の後期から律令時代にかけて、内壁に布目のある日用とみられる粗製土器が出土し、六連式土器と命名された。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より



関連記事

Posted on 2019/03/12 Tue. 11:01 [edit]

category: 彦島の年表

TB: --    CM: 0

12

かけじく幽霊 

かけじく幽霊 ~下関~

 今から約二百七十年まえ、永福寺(えいふくじ 下関市観音崎)の門前に代々続いている一軒の海産問屋(かいさんどんや 海でとれたものをあつかう店)があった。 

そこの夫婦は、どうしたことか、たいへん仲(なか)がわるく、いつもけんかばかりしていた。そのため商売もうまくいかず、ますます仲がわるくなるばかりであった。

 この夫婦に、としごろの美しいひとりむすめがいた。たいへん親孝行(おやこうこう)で、両親がけんかをするたびに、
「お父さん、お母さん、仲よくしてください。お願いです。」
と、たのむのだが、父親も母親も、
「よけいな心配をしなくていい。」
というばかりで、むすめの言うことを聞くどころか、朝晩けんかのたえまがなかった。

  むすめは、そのたびに悲しくなって、店の前の海辺に出ては、ひとりでないていた。
そんなことが、何日も続くうちに、むすめはとうとう病気にかかってしまった。
それでも、まだ両親のけんかはやまなかった。
むすめの病気はわるくなるばかりで、おきあがることもできないほど弱っていった。

  むすめは、そんなからだでありながら、両親のことが心配で、
「お父さん、お母さん、お願いだから仲よくくらして。」
と、なみだをはらはら流しながらたのむのだが、
「おまえは、心配しなくてよい。」
そう言うだけで、少しもけんかをやめようとはしなかった。 

「わたしの命もわずかのようだ。生きてる間に一度でいいから、お父さん、お母さんの楽しそうな声が聞きたかった。」
むすめのやつれたほおに、なみだがあとからあとから流れおちた。
 
 それからなん日かたったある日、とうとう両親の笑顔を見ることもなく、むすめは息をひきとった。

むすめのそう式があった夜のことである。
永福寺の玉雲(ぎょくうん)おしょうは、一日のおつとめもおわり、
「やれやれ、今晩もむし暑くてねぐるしいわい。」
と、かやの中でうちわをばたばたさせていた。

ようやくとろとろとしかけたころ、ひやっとした風がふきこんで、まくらもとに何者かが立った。
おしょうは、はね起きて、
「これは海産問屋のむすめご、いったいどうしたことじゃ。」
おしょうはおどろいてたずねた。
むすめは、消え入りそうな声で、
「おしょうさま、わたしは、今からあの世へまいります。
それにつけても気がかりなのは、両親の仲です。
あのように仲がわるくては、死んでも死にきれません。
おしょうさま、どうか両親の仲がよくなるようによろしくたのみます。」
と言いながら、かたをふるわせて泣いた。

おしょうは、しばらくむすめの姿を見ていたが、
「よしよし、両親にはよき言ってきかせるから、安心しなさい。でも、ちょっと待ちなさい。」
そう言うと、つと立ちあがってすずり箱をとりよせ、かすかなろうそくの光をたよりに、
すらすらとむすめの姿をかきうつした。
筆をおくと、むすめの姿は、ふっと消えた。

 おしょうは、あくる日、その絵をもって海産問屋をおとずれて、昨夜のできごとを話した。
それを聞いた両親は、
「おまえがそんなに苦しんでいたともしらず、わしたちがわるかった。どうかゆるしてくれ。」
と、声をあげて泣きくずれた。

 あくる日、むすめのお墓のまえで、両親は二度とけんかをすまいとちかった。
なん日かたつうちに、両親の顔に笑顔がよみがえった。
それからは、商売も日ましにさかえていったという。

  むすめの死んだ日は、十七夜の観音様のご縁日にあたる。

この後、永福寺では、むすめの孝心(こうしん 親を思う心)をたたえ、七月十七日の観音大祭には、玉雲おしょうのかいた幽霊のかけじくをお参りの人たちに見せるようになったという。

 この観音様の縁日の日には、遠くから幽霊のかけじくを見るために、お参りにくる人が、今もたえないという。


題名:山口の伝説 出版社:(株)日本標準
編集:山口県小学校教育研究会国語部

豊徳園ホームページより
関連記事

Posted on 2019/03/12 Tue. 10:24 [edit]

category: 下関の民話

TB: --    CM: 0

12