02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

漁業者の団体組織と漁業発達の影響4 

漁業者の団体組織と漁業発達の影響4

そして港湾施設の建設が進むにつれまして、今度は幡生駅を起点とする関門鉄道トンネルが、埋立地を経て門司に通じることに相成ったのであります。
このため、駅舎及び付随する各種の施設、おおくの官庁・会社・工場または商店等がこの埋立地に蝟集いたしまして、現在のような立錐の余地もない繁華な地になったのであります。

こうした偉観を遂げた大和町の施設は、大正・昭和の両年代にまたがりまして完成しましたので大正の「大」と昭和の「和」を採りまして「大和町」と名付けたのであります。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より
関連記事

Posted on 2019/03/10 Sun. 10:13 [edit]

category: ひこしま発展誌

TB: --    CM: 0

10

ひばり毛の名馬 

ひばり毛の名馬


戦国時代にはいろうとする頃ですから、1466年ごろ、長門の国室津岬の牧場で、ひばり毛の仔馬が生まれました。
しかし、母馬は間もなく死に、母を慕う仔馬の悲しいいななきが毎日牧場いっぱいにこだまし、飼主の涙をさそいました。

ある日のこと、仔馬はいつものように、牧場の片隅で一声高く母恋しさにいななきました。
するとそこから一里ほど離れた沖合いの蓋井島で、これに答えるかのように母馬らしい声が聞こえました。
仔馬は驚いて、また一声高くいななくと、しばらくしてまたそれに答える母馬の声がしました。
すっかり喜んだ仔馬は、牧場の柵を飛び越え身の危険も忘れてザブンと海の中へ飛び込みました。
幾度か波にのまれながら、それでも母親に会いたい一心から一生懸命泳ぎました。
ようやく泳ぎついた仔馬は、島の隅から隅まで探し回りましたが、母馬の姿を見つけることができません。

がっかりした仔馬は、浜辺に立って絶望の一声をあげました。
するとどうでしょう。今度は牧場の方からかすかに答える母馬のいななきを聞きました。
仔馬はふたたび海を渡って牧場へ帰りましたが、母馬の姿はもちろんありません。
失望と激しい疲労のため、仔馬はいつの間にかぐっすりと眠ってしまいました。

あくる朝、仔馬はガバと跳ね起きました。
懐かしい母馬と島で楽しく遊んだ夢をみたのでした。
たまらなくなった仔馬は、また海を渡りました。
こうして仔馬は、いくどか海を渡るうちに逞しい若駒に成長していきました。
そのうち水泳は上達し、ひばり毛の毛並みも、ひときわ美しくなっていきました。

こうして“ひばり毛の名馬”は、母を慕う優しい心とともに、その名は近隣にまで高くなっていきました。

当時、周防の領主でした大内義隆は、この噂を伝え聞き、
「その馬こそ、探しもとめていた馬だ。末永く愛馬として飼いたい」
と、牧場からひばり毛の名馬を引き取りました。

しかし、天文二十年八月、義隆は家臣の陶晴賢に背かれて城を追われ、愛馬とともに、川棚ヶ原に逃げ、ここで最後の一戦をこころみましたが、この時惜しくも、ひばり毛の名馬は、敵の刀によって深手を受けて、かわいそうに死んでしまいました。
義隆は、戦いに敗れたことよりも、この哀れな名馬の姿がいたわしく、そばにあった楠の木の根元に亡骸を埋め、楠の木に名馬の霊がこもるようにと、この若木を霊馬神と名づけ、義隆もやがて、四、五日して、さびしく大寧寺で命を絶ちました。


それからながいながい月日が経ち、年が経って、楠の木はは見るからに立派な木に成長しました。


(注)
現在、豊浦町川棚に樹齢八百年と推定される楠の木があります。
高さ約11メートル、巾15メートルと、まるで楠の森のようです。
日本三大楠の木として名高く、大正11年10月12日天然記念物に指定されました。

このひばり毛の名馬は、また“するすみ”の名前で伝説があります。
寿永三年正月、宇治川をはさんで源平がにらみあっていました。
このとき、源氏側では、梶原景季の乗った名馬“するすみ”と佐々木高綱の乗馬、池月とが先陣あらそいをしました。
ともに源頼朝の持っている天下の名馬でしたが、この“するすみ”の生まれたのが、楠の木付近であったといわれています。


『下関の民話』下関教育委員会編
関連記事

Posted on 2019/03/10 Sun. 09:32 [edit]

category: 下関の民話

TB: --    CM: 0

10