02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

農業者の団体組織と生産進歩の過程8 

農業者の団体組織と生産進歩の過程8


なお、私がとくに申し添えておきたいことは、彦島の「カンラン」であります。
これは無論先ほど申し上げました登録品種で、この種子からとれた「カンラン」は甘みが強くて非常に美味しいと好評を受けております。

彦島にいる方は、これをつねに食べていますから気がつきませんけれども、数年前に大阪に送ったところ特別な味があるということで、これが好評となって京都・神戸あるいは東京方面からも年々注文があり、生産が追いつかず注文に応じられないという残念な状態でありました。
なかには遠方からわざわざ出張してきて、何車でもよいから買いたいという問屋もありました。

このため組合としても早くから予約を受けるため、出荷組合を組織したのであります。
今までは三・四十車程度の出荷であったのが、今後はより以上の量を出荷しようということで、皆さん張り切っているようであります。

このような見地から「カンラン」の先行きは、作れば作るほど売れる特徴を持っており、私もこの点だけは誰はばかることなく大きなことが言えると考えております。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より
関連記事

Posted on 2019/03/03 Sun. 10:18 [edit]

category: ひこしま発展誌

TB: --    CM: 0

03

北田の泉 

北田の泉


むかし、秋根の北田というところに広い田畑がありました。
そこから少し離れた小溝には、いつも冷たい水が湧き出ている泉がありましたが、いつとはなしに村人たちから忘れられていました。

ある年、北田の村は、大旱魃にみまわれ、近くの川や沼、池が干上がって、農夫たちは、幾度も雨乞いのお祈りをしました。四、五日うちに雨が降らなければ、近くの田畑はみな枯れてしまい、農夫たちは飢え死にを覚悟しなければなりません。

村人たちは、空をあおいでは雨雲が見えないかと必死になって探しますが、目に入るのはモクモクと空を突き刺すような入道雲、ギンギラと輝くお日様だけでした。

大きなため息が、村人たちの間からおこりました。
その中に、佐吉もいました。が、佐吉はふと子どものころ親から聞いた北田の泉のことを思い出しました。
佐吉はさっそくその場所にいき、枯れ葉などを取り除いて、まわりをきれいにしてみると…、
水は、いまでもこの日照りの最中にも、湧き出ていました。
佐吉は大喜びで村人たちに知らせ、総出で泉のまわりに「イデ」を築き、掘り下げていくと、またたくまに「イデ」を溢れるくらいに水が涌いてきました。

そこで村人たちは、公平に水を分け、ひび割れした田に畑にめぐみの水を注ぎ込み、大干ばつの恐ろしさから逃れることができました。

それからというもの、この北田の泉で、手や足を洗うことも禁じ、村の大切な霊地として敬いました。


(注)
水は農業にとっても大切なものです。
そうしたことから、農村にはこうしたお話がたくさん残っています。
川や泉や、また井戸など、水を大切にする心をこれからも大切にしていきたいものです。


『下関の民話』下関教育委員会編
関連記事

Posted on 2019/03/03 Sun. 10:04 [edit]

category: 下関の民話

TB: --    CM: 0

03

舟島怪談 あしおと 

舟島怪談 あしおと


 むかし、舟島には、わずかながら人も住んでいました。

 ある年の、うら盆も近くなった蒸し暑い夜のことです。突然、家の回りを、人の走る音が聞こえました。何事だろう、と人びとは外に出てみましたが、誰も居ません。
 そんなことが毎晩つづいたので、人びとは気味悪がって島を離れるようになり、ついには、一組の老夫婦だけが取り残されてしまいました。

 しかし、不思議なことに、うら盆が過ぎて涼しい海風が吹きはじめる秋の気配と共に、その足音はぷっつりと消えました。

 ところが、またその翌年、お盆が近づいた蒸し暑い夜のことです。
 家の回りをバタバタと足音高く人が走るので、老夫婦は一年前のことを思い出し、寝床の中でじっと耳をすましていました。しかし、いつまでたっても足音は消えません。
 二人は恐る恐る起き出て、そっと表戸を開けました。すると、そのとたん、ぱったり足音はとだえましたが、人の姿はありませんでした。

 あくる日も、またそのあくる日も、毎晩そんなことがつづいて、老婆はついに発狂して死んでしまいました。

 その年も盆が過ぎると、その不思議な足音は聞かれなくなりましたが、たった一人残された老爺も、あとを追うように海に飛び込んでしまいました。

 それから何年か経って、誰も居なくなったこの島に、彦島の庄屋が渡ってみますと、老夫婦の住んでいた家の床下から、古ぼけた小さな墓石が出てきたということです。


富田義弘著「平家最後の砦 ひこしま昔ばなし」より
関連記事

Posted on 2019/03/03 Sun. 09:43 [edit]

category: ひこしま昔ばなし

TB: --    CM: 0

03