01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

人口増加の趨勢について2 

人口増加の趨勢について2


彦島が独立しました明治22年の戸数・人口については、第二次世界大戦で下関市役所が空襲を受けて、彦島の記録が焼失してしまったので正確な数は分かりませんが、おおよそ戸数500戸、人口3500人程度の農漁村でありました。
明治40年にいたり戸数1516戸、人口6554人となりました。

当初村役場庁舎は本村の民家を借り入れてこれに充てていたのでありますが、42年に現在の庁舎を新築し同43年に移転いたしました。
その時の戸数は1529戸、人口が8584人でありました。

このころから彦島工業化が進み、やがて神戸以西の西日本屈指の大工業地帯となり、戸数・人口とも飛躍的に増加したのであります。
この工場進出について申し上げますと、明治38年に福浦に大日本人造肥料株式会社、現在の日東硫曹が建設され、続いて大正3年12月に江の浦の三菱合資会社の埋め立てに、同社船舶部彦島造船所が建設され、同じく大正5年の3月には西山に日本金属株式会社彦島精錬所の建設、同5年10月に老に林兼商店が鉄工所を建設、なお冷蔵庫ならびに製缶部、製鋼部を新設いたしました。
その後も小工場の施設が続々と増えまして、人口も著しく増加し大正10年10月の町制施行時の戸数は3543戸、人口は15922人となりました。

大正12年、字迫にクロード式窒業株式会社の建設がありました。
かくのごとく大工場の新設でますます人口が増え、大正15年の調査によりますと、戸数は4147戸、人口は18140人となりました。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より
関連記事

Posted on 2019/02/20 Wed. 11:02 [edit]

category: ひこしま発展誌

TB: --    CM: 0

20