12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

自治行政とその施設の概要2 

自治行政とその施設の概要2


次に彦島が自治体になってからの事業や施設について概要を見てみますと、まず教育施設がありますが、明治7年に開校された島内五校の随時整理統合が成りまして、明治21年字本村棚田に校舎を新築して志磨尋常小学校と称し、同23年4月に二ケ年教育の補習科を併置し、同30年4月就業年限四ケ年の高等科を併置して、志磨尋常高等小学校と改称したのであります。

爾来、村民の教育思想の発達と人口の増加により校舎の狭隘を訴え、当時四万円を投じて明治40年10月に「石ヶ原」に移転改築をして、その敷地3065坪、校舎坪数610坪と県下有数の児童収容校となり、関門港を一望に収める景勝の地に、一大偉観を呈するにいたったのであります。

この開校式と同時に校名も彦島尋常高等小学校と改称したのであります。
一方、進学児童の激増と通学の利便さを考え、新たに「杉田」な一校を増設することとし、彦島尋常高等小学校の新築と同時に、敷地2637坪に校舎建坪224坪を建築いたしました。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より
関連記事

Posted on 2019/01/18 Fri. 10:03 [edit]

category: ひこしま発展誌

TB: --    CM: 0

18

下関の地名15 彦島(ひこしま)4 

彦島(ひこしま)4


“彦島”という表記になったいきさつについては、幕末の攘夷戦のとき、彦島にも砲台が構築されましたが、“引く”は、戦にとって縁起がよくないというところから“彦島”というようになった…、という説があります。

「彦島の伝説」の著者富田義弘氏は、その中で、彦島の名称について、
「藩政時代の彦島は、行政上二つに分かれていたふしがある。つまり、その一つは“彦島”であり、他は“田ノ首島”である。
その境界は福浦湾で、安舎山から段地堤、山中から金の弦岬に至る一線であったようだ。そして田ノ首は豊前藩に属していた時代があり、その当時、田ノ首島を彦島と呼んでいたと思われる。
つまり、毛利藩からの呼称“引島”と、九州側から見た“彦島”の使い分けが、長い年月の間に混同されてしまったのかもしれないのである」
と記述しています。

ところで伝説によれば、
「太古、本土側の伊崎と彦島は陸続きであったが、速い潮の流れによって穴が開いてしまって、ついには二つに離れてしまったけれども、伊崎の岬がまるで彦島を引っ張り付けているように見えるので、引島と呼ぶようになった…」
と、地形から地名が発生したとしています。


「下関の地名」下関市教育委員会刊行より
関連記事

Posted on 2019/01/18 Fri. 09:33 [edit]

category: 下関の地名

TB: --    CM: 2

18