11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

地域の史実と口碑伝説4 

地域の史実と口碑伝説4


次に佐々木小次郎と宮本武蔵の決闘について述べたいと思います。

佐々木小次郎は越前の国宇阪の庄、浄教寺村、佐々木源左衛門の子でありまして、幼少の頃から剣豪富田勢源について修行をし、ツバメ返しといって敵の足を払う独特の剣技を編み出しまして、名を巌流と呼ぶようになりました。
その時十七歳の少年でありましたが、この剣法はじつに恐るべきものでありました。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より
関連記事

Posted on 2018/12/31 Mon. 11:45 [edit]

category: ひこしま発展誌

TB: --    CM: 0

31

豊関ことばについて 6 

豊関ことばについて 6

「その本、買ったのかい」「うん借ったよ」
「これは、借りたんだろ」「いんにゃ、買うたんや」

これなどは、字に書けば納得いくものの、会話だけならどこまでも意志が通じない。
しかし、「買う」が「買った」と変化するだけではあまりにも単純すぎはしないだろうか。
ここはやはり「買う」は「こうた」と活用されてこそ言葉の味が出ようというものだ。

「行っチョル、見チョル、しチョル」
「ええっチャ、いけんっチャ、駄目っチャ」

これらの「チョル」と「チャ」は、下関だけの言葉でなく、山口県全域で使う。
それは前項の「軍隊で云々」の所でも書いた。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より
関連記事

Posted on 2018/12/31 Mon. 11:36 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

31