11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

彦島とその開拓の歴史25 

彦島とその開拓の歴史25


次に彦島八幡宮の縁起について申し上げたいと存じます。

平治元年10月15日のこと、瀬戸の海上に紫雲たなびき、海中から燦々と光り輝く物があるので、皆驚き見ているうちにイナ釣りの漁夫が鉾で海底から八幡尊像と思われるものを突き上げました。
これを見ていた河野通次は驚きかつ大いに喜びまして。これこそ我が守り本尊であると申して、早速そこの小島に祠堂を造って安置しました。

その時に通次は鎧兜をつけていましたが、喜びのあまり舞いながら「さあ上がらせられた」と叫びました。
それでこの島を舞子島というようになったのであります。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より
関連記事

Posted on 2018/12/21 Fri. 11:36 [edit]

category: ひこしま発展誌

TB: --    CM: 0

21

下関の方言 わ…の部 

下関の方言 わ…の部

わしゃー
 私は。

わすれんずく
 忘れないで。

わっち
 私。

わや
 無茶。デタラメ。乱暴。

わやく
 無茶。
 冗談。

わやくちゃ
 無茶苦茶。

わらしび
 わらしべ。

わらわかす
 笑わせる。

わりい
 悪い。
 痛い。
 気の毒。
 粗末。

わりと
 わりに。比較的。

わりゃー
 お前。貴様。

わるがる
 気の毒がる。
 恥ずかしがる。

わるき
 焚き物用の木。

われ
 お前。あなた。君。


下関の方言 を…の部

をばち
 魚の尻尾。


下関の方言 ん…の部


 …したの。
 …しない。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より
関連記事

Posted on 2018/12/21 Fri. 11:34 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

21