11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

地域の史実と口碑伝説4 

地域の史実と口碑伝説4


次に佐々木小次郎と宮本武蔵の決闘について述べたいと思います。

佐々木小次郎は越前の国宇阪の庄、浄教寺村、佐々木源左衛門の子でありまして、幼少の頃から剣豪富田勢源について修行をし、ツバメ返しといって敵の足を払う独特の剣技を編み出しまして、名を巌流と呼ぶようになりました。
その時十七歳の少年でありましたが、この剣法はじつに恐るべきものでありました。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より
関連記事

Posted on 2018/12/31 Mon. 11:45 [edit]

category: ひこしま発展誌

TB: --    CM: 0

31

豊関ことばについて 6 

豊関ことばについて 6

「その本、買ったのかい」「うん借ったよ」
「これは、借りたんだろ」「いんにゃ、買うたんや」

これなどは、字に書けば納得いくものの、会話だけならどこまでも意志が通じない。
しかし、「買う」が「買った」と変化するだけではあまりにも単純すぎはしないだろうか。
ここはやはり「買う」は「こうた」と活用されてこそ言葉の味が出ようというものだ。

「行っチョル、見チョル、しチョル」
「ええっチャ、いけんっチャ、駄目っチャ」

これらの「チョル」と「チャ」は、下関だけの言葉でなく、山口県全域で使う。
それは前項の「軍隊で云々」の所でも書いた。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より
関連記事

Posted on 2018/12/31 Mon. 11:36 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

31

地域の史実と口碑伝説3 

地域の史実と口碑伝説3

《巌流島》

巌流島は昔の地形と変わっていますが、いまだに古い名残を留めておる懐かしいところであります。
この島はご存知のように佐々木巌流と宮本武蔵が決闘したところであまりにも有名であります。
巌流島は昔は舟島と申しまして、伝説によれば太古に穴戸、すなわち今の国道海底トンネル付近が門司と地続きでありまして、その間が大きな穴となって舟が通っていたということであります。
その穴の天井が落ちまして西に流れて、今の舟島ができたというのであります。

とにかく古い島で昔は小さいながらも丘が連なり、それに老松が青々と繁り、遠くから見てまことに美しい印象的な島でありました。
昔は大きい島であったのが潮流のために年々侵蝕されて、だんだん小さくなったということであります。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より
関連記事

Posted on 2018/12/30 Sun. 11:04 [edit]

category: ひこしま発展誌

TB: --    CM: 0

30

豊関ことばについて 5 

豊関ことばについて 5

その二 下関弁の特徴

「下関に来て最初に腹が立ったのは、あいづちを打つのに『ああそうだ』と言わずに『アア、ソレソレ』と言われた時ですよ。まるで自分がからかわれているように思えてねぇ」

国鉄のSさんは遠い昔を思い出すような眼で私にこう言った。
何気なく口をついて出る言葉「アアソレカネ」とか「ソレソレ」とか「ホントデスカ」などは、聞きなれない人にとっては馬鹿にされているように聞こえるものらしい。

「行くホ」「どうするソ」などのように語尾に付ける「ホ」や「ソ」は、疑問、否定、肯定、いずれの場合にも使い分けるが、これはアクセントによって区分する。
「行くの、行かないの」と言う場合の「の」が、「ソ」「ホ」にあたる訳である。

「フン好き」という言葉も最近では死語になりつつあるが、下関らしいものの一つであろう。
この場合の「フン」は「とても」という意味である。
「フン好かん」となれば「大嫌い」。

「頭がワルイし、体はエライ」と言えば関東の人は驚くが、これなどは、頭痛はするし、体はだるい、という意味で愛嬌がある。

「壊れたラジオ、なおしとけよ」と言われて、
「ああ、洗濯物と一緒に、なおしたよ」と答えが返ってくれば、まるで通じていなかったことになる。
これは「修理しておけ」と言われて、「取り込んだ洗濯物と一緒に片付けた」と答えたからだ。

「背中をスッテやろうか」と親切に言って、
「スルんじゃなくて、流すんだろッ」と言われたことがある。
確かに「流す」が標準語になっているが、タオルに石鹸をなすりつけて「スッテ」から、湯で洗い「流す」から、「スル」という言葉もあやまりではない筈だ。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より
関連記事

Posted on 2018/12/30 Sun. 10:57 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

30

地域の史実と口碑伝説2 

地域の史実と口碑伝説2


古い時代に遡りますと、源平壇之浦決戦に平知盛が彦島城を築いた場所が、地形から考えて、この江の浦一帯ではないかと推測されます。

また三菱造船所の沖合は潮流の関係で浅瀬になっておりました。
干潮のときは広々とした砂州が現れまして、これを沖の洲と申していまして貝拾いのできるところでありましたが、もはや今日では埋め立てられて昔の面影はまったくありません。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より
関連記事

Posted on 2018/12/29 Sat. 10:01 [edit]

category: ひこしま発展誌

TB: --    CM: 0

29

豊関ことばについて 4 

豊関ことばについて 4

それは、下関と門司との間を流れるものが、川でなく、海であることを強く感じさせる。
もしもこの海峡が川であったなら、川岸をどこまでも上流へ向かって進み、水源へ達すれば、そこは一つの地続きになる筈だ。
だが、海はどこまでも二つのものを切り離して一つにはしない。
そこに、川と海との違いがあり、住む人々の心を無意識のうちに大きく引き離してしまうものがあるのかもしれない。

また、下関という土地は早くからひらけ、藩制時代には北前船の寄港地であった。
大阪の堺港や長崎と共に栄華を誇った港町だから都会的な雰囲気や植民地的な要素もあって、土着語の上に、共通語が定着していったと考えられないことも無い。

全国共通語… それが下関では早くから使われていたのだ。
だから、抑揚の少ない平板な言葉が下関の特徴となったのであろう。
例えば、北海道や、終戦前の台湾や満州で共通語が使われていたように。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より
関連記事

Posted on 2018/12/29 Sat. 09:49 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

29

地域の史実と口碑伝説1 

地域の史実と口碑伝説1

語り手 西 浜一


《江の浦》

彦島でもっとも繁華な町は江の浦であります。
しかし三菱造船所ができるまでは寂しい村で、かつ地形も現在とずいぶん異なっていました。

現在は県道が後山町からまっすぐに延びていますが、以前は堀越口あたりまではとくに寂しい場所でありまして、海岸に沿って松並木がありました。
そこを通行していたのでございます。
なおずっと古い時代は鎌崎のところが海に突き出していたとのことでありますが、長府藩のときに堀越の沖合を埋め立てたのであります。

その後明治28年に土地の有志が海面約三万坪を埋め立てましたが、これは早速貯炭場として役立てたのであります。
そして大正三年に三菱造船所がここにドックを建設することになりましたので、一躍今日の繁栄を来すことになったのであります。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より

関連記事

Posted on 2018/12/28 Fri. 10:25 [edit]

category: ひこしま発展誌

TB: --    CM: 0

28

豊関ことばについて 3 

豊関ことばについて 3

さて、これらの山口弁にくらべて、下関周辺の言葉には、特徴のある訛りはほとんど見当たらない。
すなわち「アリマス」も無ければ「ノンタ」も無い。

むしろ、アクセントの少ない、平板な言葉、それが下関周辺の方言の特徴と言えば言えそうである。

だから、下関駅や市内の観光地などに「フク笛」の歓迎塔を建てて「オイデマセ」と平仮名で大書している関係者に対して不満の声を漏らす市民は多い。

また下関の旧称「馬関」や宇部、萩なども、平たくバカン、ウべ、ハギと呼ぶべきだが、放送関係のアナウンサーは必ず「馬関」のバ、宇部のウ、萩のハにアクセントを付ける。
これなどは、明らかに地元を無視した呼び方で、不快この上ない。

抑揚の少ない下関とその周辺の言葉は、山口県内でも特異な地域であるが、それは何故だろうか。

関門海峡という僅か一キロ足らずの潮の流れを隔てた門司の町は九州の一角だから、当然、九州弁の町である。

しかし、下関という土地は、目と鼻の先で聞かれる九州言葉でさえも、その侵入を許していない。
とちらかと言えば下関コトバは、本州に共通するものであって、九州弁らしい匂いさえ受け入れないのである。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より
関連記事

Posted on 2018/12/28 Fri. 10:13 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

28

彦島とその開拓の歴史31 

彦島とその開拓の歴史31


そうなりますと海賊は水軍でありまして、これを率いるものは水師となります。
したがって河野家は水師の地位にあるのであります。
このように河野一族の海賊の歴史はまことに興味津々たるものがありますが、僅かな時間では到底語り尽くすことができません。
それで海賊の話は一応ここで打ち切ることにいたしますが、同時に彦島開拓の歴史も時間の関係上ここで終わるものといたします。

最後に一言申し述べたいことがあります。

初め彦島開拓の祖は河野通次であると言いましたが、しからば通次はいかなる人物であったかとということになります。
ところが彦島旧記でも明らかでなく、かつ、その他の資料もありませんので、はなはだ遺憾ながらここで話すことができません。
素性は主なものが7種類ありますが、惜しいことに通次の存在がよくわかりません。
また旧記にある河野家の家系も判明しませんが、今後なんらかの機会に新たな史実が発見されれば。異なった説が生まれるものと思われます。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より
関連記事

Posted on 2018/12/27 Thu. 13:36 [edit]

category: ひこしま発展誌

TB: --    CM: 0

27

豊関ことばについて 2 

豊関ことばについて 2

私は、方言を使って都会人に笑われるたびに、「この言葉の意味は何だろう。語源はどこから来ているのだろうか」と考えるようになった。
そして、時には図書館で方言や語源学の書をひもとき、時には国文や国漢の教授に教えを乞うたものである。

だから「コップがメゲタ」と言って笑われたりすると、「冗談じゃない。メゲルというのは砕けるとか割れるとかの意味で、一般にも、逆境にメゲズ頑張る。という言葉もあろうが」と言い返せるようになった。

そのころ、私は教えを乞うた何人もの先生に、「山口県は、方言はあっても、訛りは少ないですね」と言われたものである。

それは、同じ山口県でも、下関周辺の言葉を指しているのではあるまいか。

小野田、厚狭、美祢地区から東へ行けば、山口、防府、萩を中心に、山口県下の大半は「ええですィノンタ」とか、「オイデマセ」、「…デアリマス」「…デゴザイマス」など、なんとなく雅やかなアクセントが付けられることになる。

もっとも「アリマス」「ゴザイマス」は、言葉として聞かずに、文章に表現すれば立派な標準語で、これほど美しい言葉は他の地に見当たらない。

余談になるが、「アリマス」「チョル」「チョラン」なとせのいわゆる長州言葉は、かつての軍隊における標準語であった。
それは、我が国の帝国陸軍が長州閥によって作られたことに起因するという暗さがあるが、これも一つの歴史の所産で如何ともしがたい。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より
関連記事

Posted on 2018/12/27 Thu. 12:53 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

27