10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

三菱船舶彦島造船所 

ひこしま発展誌より
三菱船舶部彦島造船所
IMG_1819_20171023110710b56.jpg
関連記事

Posted on 2018/11/19 Mon. 11:24 [edit]

category: ひこしま発展誌

TB: --    CM: 0

19

日本金属彦島精錬所 

ひこしま発展誌より
日本金属彦島精錬所
IMG_1818_20171023110440880.jpg
関連記事

Posted on 2018/11/19 Mon. 11:21 [edit]

category: ひこしま発展誌

TB: --    CM: 0

19

下関の方言 ほ…の部 

下関の方言 ほ…の部

ぼんとんぼ
 赤とんぼ。

ほんに
 本当に。

ほんにほんに
 そうだそうだ、

ぽんぽら
 節を抜いた竹の筒。

ほんま
 本当。

ほんや
 母屋。

ほんやね
 瓦葺の屋根。

ぼんれい
 盆の里帰り。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より
関連記事

Posted on 2018/11/19 Mon. 11:20 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

19

市街地焦土と化す3 

市街地焦土と化す3

加えて、市街地への焼夷弾攻撃が始まった。
敵機が毎日毎夜来襲しても、いっこうに地上攻撃ががないので、市民は不安のうちに気を緩めていた。
ところが昭和20年6月29日午前1時10分頃、豊後水道より侵入したB29の編隊が、突如壇之浦上空に現れる。
同町から赤間町までの間と、唐戸・南部町方面が焼夷弾攻撃を受け、下関市の東部は焼け野原と化してしまった。

その余韻がまだおさまらない7月2日午前0時10分、再び大空襲に見舞われ、今度は豊前田町から細江町・入江町・丸山町・田中町など市の中心地のほとんどを焼き尽くし、電気・ガス・水道施設なども破壊され、都市機能は完全に麻痺してしまった。
被災した建物は10168件、死傷者1383人、焼け出された人46408人という、下関市始まって以来の大災害であった。

しかし7月6日には戦災復興対策委員会が設置され、仮庁舎を田中町の商工会議所内に設け、応急給食や物資配給、罹災者の避難先、救護状況など10項目にわたって状況を掌握し、対応策を講じた。

空襲はその後途絶えたが、市民の虚無感と恐怖心は、8月15日の終戦を迎えても消えることはなかった。

(野村忠司)

図説「下関の歴史」より
関連記事

Posted on 2018/11/19 Mon. 11:01 [edit]

category: 下関の歴史論文

TB: --    CM: 0

19