10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

下関の方言 ひ…の部 

下関の方言 ひ…の部

ひえた
 驚いた。
 がっかり。落胆。

ひおち
 干潮。

ひがな
 丸一日。終日。

ひがらめ
 斜視。

ひがんぼうず
 土筆。

ひき
 ガマガエル。

ひきつけ
 痙攣。

ひきまわし
 袖がなく裾の広いマント。

ひぐり
 こより。

ひげた
 日和下駄。

ひける
 終わる。退社。

ひご
 魚の干物。
 細く裂いた竹。

ひこずる
 引きずる。

ひざくむ
 あぐらを組む。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より
関連記事

Posted on 2018/11/08 Thu. 09:33 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

08

彦島とその開拓の歴史5 

彦島とその開拓の歴史5


古い時代の彦島は、小倉小笠原藩の所領であったという記録があります。
その頃「文字ガ関」今の門司の一部でありますが、これが長府藩の所領でありました。
そこで元和六年に長府藩主毛利秀元は、小倉藩主小笠原忠政と話し合いをいたしまして、おたがいに領地がかけ離れているのは不便だから、門司と彦島を交換したということで、それから彦島は長府藩領となりまして、以後島の名前も引島とすることになったと記されています。

島の行政は先住者の河野氏を総領にしまして、第四代通久のときに組み分け整理が始まりまして、その分家を東西南北に分けて各組頭にしましたが、その後天文12年河野光右衛門が庄屋を仰せつけられ、以後河野家が庄屋として差配するようになったのであります。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より
関連記事

Posted on 2018/11/08 Thu. 09:25 [edit]

category: ひこしま発展誌

TB: --    CM: 0

08

下関の方言 ひ…の部 

下関の方言 ひ…の部

ひーた
 敷いた。

ひーてえ
 一日。一日中。

ひーてごし
 隔日。一日おき。

びーどろ
 ガラス。

ひーな
 おひなさま。

ぴーぴー
 子供が泣く様。

ひーひー
 ひりひりと痛い。

ぴーぴーまめ
 カラスノエンドウ。

ひーる
 蛭。

ひい
 タイム。
 ちょっと待って。

ひいすな
 ひ弱い。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より
関連記事

Posted on 2018/11/08 Thu. 09:11 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

08

豊かな歴史に彩られた関門航路2 

豊かな歴史に彩られた関門航路2

関門連絡航路で重要な役割を果たしたのが国鉄関門連絡船で、明治・大正・昭和と三代にわたって、下関ー門司間で旅客輸送に携わった。

山陽鉄道が赤間関まで開通する以前は、本州から九州方面へ西下する旅客は、瀬戸内の海路を利用した。
明治34年、山陽鉄道の全線開通とともに、それまで運航していた徳山ー下関間の航路は閉鎖されて、下関ー門司間の航路だけが残されることになった。
これが関門連絡航路の発祥である。

明治39年、山陽鉄道が国有になると、関門連絡航路も鉄道省の経営下に加えられた。
利用者の増加に伴い、大正14年には就航船の大型化がはかられ、門司丸、豊水丸、長水丸、下関丸といった400トンから500トン級の船四隻が就航した。
輸送のピークは太平洋戦争の始まった昭和16年で、一日に関門間を53往復し、年間約880万人が海峡を渡っている。

しかし、昭和17年の関門鉄道トンネルの開通、同33年関門国道トンネルの完成などによって、連絡船利用の旅客数は次第に減少していった。
そしてついに同39年10月31日、長水丸が最後の航海を行い、63年間の国鉄関門航路の歴史に幕が降ろされた。

関門海峡横断航路には、貨車専用の航送船や自動車専用の航送船などが運航した歴史があり、今も当時の海峡談義に、話がはずむ。

現在も下関ー門司間の関門航路は健在である。
また、巌流島への定期航路や海峡フェリーによる小倉への航路などといった新しい海の道の開発も進められており、下関はこれからも海と共生していく宿命にある。

(野村忠司)

図説「下関の歴史」より
関連記事

Posted on 2018/11/08 Thu. 08:55 [edit]

category: 下関の歴史論文

TB: --    CM: 0

08