09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

彦島とその開拓の歴史2 

彦島とその開拓の歴史2


それではまず彦島の呼称の変遷から調べてみたいと思います。
現在の彦島は明治以前までは「引島」と申していたのであります。
古い昔は彦島と言っていたこともあります。
これは上代に彦火々出見尊が住んでおられたという伝説からでありますが、やはり「彦島」の方が色々の書物に多く書かれているようであります。

「引島」のおこりを見てみますと、今の漁港の出入り口は小戸海峡でありますが、大昔は陸続きとなっていたのであります。
これが内海と外海の潮流のために次第に侵食され、とうとう土地が切断されて島になったということで、当時その形が手を引き合うように見えたので「引島」と名付けたということであります。
また、一説には一帯に山々が低いので、低い島すなわち「引島」というとの説もあります。

ところが文久年間に毛利藩が弟子待などに砲台を築くことになりまして、「引島」の地名は「退く」につながり、軍事上はなはだ縁起が悪いというので、彦島に改め今日に及んだもので、「彦島」と「引島」との二説があったのを、文久以後「彦島」に統一したわけであります。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より
関連記事

Posted on 2018/10/29 Mon. 10:09 [edit]

category: ひこしま発展誌

TB: --    CM: 0

29

下関の方言 に…の部 

下関の方言 に…の部


 …へ。
 重荷。負担。責任。

にーじん
 ニンジン。

にーな
 にな貝。

にえかえる
 腹がたつ
 人ごみ。混雑。

にえきらん
 決断力がない。はっきりしない。

にえくる
 腹がたつ。

にえさし
 半煮え。

にえる
 腹がたつ。
 カビが生える。

にお
 牛や馬の背につける緒。

におう
 似合う。
 よく似た性格。

にがる
 痛む。

にき
 そば。脇。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より
関連記事

Posted on 2018/10/29 Mon. 09:56 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

29

下関の方言 な…の部 

下関の方言 な…の部

なまかじり
 半途知り。

なましび
 半乾き。

なみかぜ
 家庭の風波。家庭の争議。

なみだきん
 慰謝料。
 わずかなお金。

なや
 …するなよ。

なやみ
 手にかける。扱う。

なやむ
 取り扱う。受け持つ。

なり
 風采。格好。

なりき
 果実の稔る樹木。

なるてん
 南天。

なんぎ
 悲しい。苦しい。つらい。

なんしょう
 餅を搗く杵。

なんせ
 何しろ。

なんせえ
 …しなさいませ。

なんちゅう
 なんという。

なんなー
 何ですか。
 なにをっ。

なんなら
 それなら。なぜなら。

なんぼ
 いくら。いくつ。

なんぼなんでも
 幾ら何でも。

なんや
 何ですか。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より
関連記事

Posted on 2018/10/29 Mon. 09:12 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

29

青春の船出2 

青春の船出2

彦島福浦港口の金比羅社に登っては、そこに至る石段の数から、一段の高さを七寸として高さ十四丈と推定したりしている。
また、ここに設けられた燈籠堂の油銭の出所にも言及するなど、経済的な考察も行っている。
しかしこの時期の松陰からは、のちの思想家としての片鱗はうかがい難い。

下関は阿弥陀寺に詣でたのち、その坂下に位置する本陣伊藤家に立ち寄り、読書にふけっている。
当時は杢之助が当主であり、松陰はその人格識見に惹かれ、また同家にある多数の蔵書にも魅了されて、日程の詰まったこの旅にも二度に渡って同家を訪ねている。

松陰は以後、下関を通るたびに必ず伊藤家に立ち寄り、読書にふけっている。
生涯にわたって一万冊の読書を志していたとされる松陰にとって、伊藤家の蔵書は彼を魅了するものであったろう。
「馬関に伊藤杢工を訪う」という題の七言絶句が「未忍焚稿」のなかにある。
思想家としての松陰の思想形成に、伊藤杢之助の果たした役割は決して小さくなかったと思われる。
松陰出立の一端が下関にあったことは否めないことであり、松陰がこの最初の旅の途中、下関の地で求めた赤間硯が、萩の松陰神社の御神体とされているのも、その証左であろう。

(前田博司)

図説「下関の歴史」より

fd9e1.jpg
関連記事

Posted on 2018/10/29 Mon. 08:52 [edit]

category: 下関の歴史論文

TB: --    CM: 0

29