08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

下関の方言 し…の部 

下関の方言 し…の部

しかぶる
 大小便を漏らす。しくじる。

しがむ
 しゃがむ。
 しがみつく。

しがら
 しがらみ。
 しがら組み。竹を組んで作った柵。

しかる
 気を張る。

じき
 直接。
 即刻。もうすぐ。

じきがん
 容器ぐるみで燗をつけること。

しきだい
 玄関。
 踏み台。

じきらんばん
 直談判。

じげ
 地元。

しけこむ
 天気が悪くなる。風雨が強くなる。

じげさり
 部落を追われて去る人。

しご
 芋を洗って出荷の準備をする。
 手入れをする。
 手に負えない。



冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より
関連記事

Posted on 2018/09/21 Fri. 10:27 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

21

下関の民俗 民間治療法9 

民間治療法9


《乳のこわり》

メダカを四、五尾、生きたまま呑む。
(清末・王司・彦島・蓋井島)

コイのウロコを乳の上に貼る。
(内日)

サイテン草をつける。
(吉田)

ゴボウの種を五、六粒飲む。
(王司)

《乳の出が悪いとき》

ハコベを煎じて飲むか、おひたしにして食べる。
(王司)


「下関の民俗知識」中西輝麿著より
関連記事

Posted on 2018/09/21 Fri. 10:14 [edit]

category: 下関の民俗

TB: --    CM: 0

21

下関の民俗 民間治療法8 

民間治療法8


《歯痛》

梅干しの皮をほおに貼る。
(王司・秋根・彦島・内日)

しょうちゅうを口にふくむ。
(彦島)

虫歯にはクレオソートまたは正露丸を詰める。
(蓋井島)

《魚の骨が喉にささったとき》

御飯を丸のみにする。
(秋根・彦島・安岡・蓋井島)

榎の実を陰干しにしたものを水で飲む。
(内日)

和紙を切って水に浮かべて呑み込む。
(蓋井島)

絹の真綿を指に巻いて、のどに差し込んで取る。
(蓋井島)

顔をずっと下げ箸の先に脱脂綿を巻いて、喉の奥をなでる。
(彦島)


「下関の民俗知識」中西輝麿著より
関連記事

Posted on 2018/09/21 Fri. 10:10 [edit]

category: 下関の民俗

TB: --    CM: 0

21

下関の方言 し…の部 

下関の方言 し…の部


 しなさい。
 衆。


 地面。土間。

じーじー
 魚。
 お爺さん。
 文字。

じーじーばば
 みのむし。

しーしび
 生干しの魚。
 半乾きの洗濯物。

じあめ
 長雨。

しい
 しなさい。

しいら
 実のない稲や麦。

しいらめ
 やぶにらみ。

しおる
 しなう。曲がる。歪む。

じか
 直接。

しかしかもなあ
 こしゃくな。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より
関連記事

Posted on 2018/09/21 Fri. 09:59 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

21