08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

下関の方言 さ…の部 

下関の方言 さ…の部

さみせん
 三味線。

さめ
 終わり。
 がっかり。

さや
 豆の皮。

さやくい
 皮くいエンドウ豆。

さら
 新しい。

ざら
 たくさん。ぎょうさん。いくらでも、

さらいしん
 さ来春。

さらばえる
 寄せ集める。かき集める。

さらまく
 蛇がとぐろを巻く。

さるを
 牛の背に鋤を結びつける縄。

さるをうち
 農家の猿緒作りの行事。

さわうち
 田畑の測量。

さわり
 病気。
 たたり。
 月経。
 都合。

さわりかやす
 いろいろと手にとってみる。
 何度も執拗に撫でさする。

さんせえ
 なさいませ。

さんだんする
 考えあぐねる。
 相談する。
 工面する。
 準備する。
 探す。

さんどまめ
 サヤインゲン。

さんにょう
 計算。

さんぱち
 野郎。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より
関連記事

Posted on 2018/09/20 Thu. 15:22 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

20

下関の方言 さ…の部 

下関の方言 さ…の部

さっき
 少し前。先ほど。

ざつな
 粗雑な。乱暴な。荒っぽい。

さでくべる
 火の中に放り込んで火勢を強める。

さでくりだす
 投げ出す。放り出す。

さですてる
 投げ捨てる。

さとい
 目ざとい。夜中によく目を覚ます。

さな
 桟。障子の桟。

さね
 果実の種。
 女性性器。

さばー
 稲や野菜につく小さな油虫。

さばく
 鳥や兎などを料理すること。

さばける
 物分かりの良い人。
 頭の良い人。
 仕事のきれる人。

さばけん
 物分かりの悪い人。
 融通のきかない人。
 結末のつけようがないこと。

さばる
 ぶらさがる。

さぶい
 寒い。

さみしい
 寂しい。淋しい。静か。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より
関連記事

Posted on 2018/09/20 Thu. 15:19 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

20