07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

法正院・円通寺・光東寺 


法正院・円通寺・光東寺

関西通りは「カンセイ」と読み、南部町の「ナベ」と同じく下関らしい地名である。
この通りはゆるい坂道だが下関駅方面へ少し行くと右手に「南妙法蓮華経」と書いた大きな石碑が建っていて、立派な石段の上に山門がある。
法正院だ。
ここの住職は山口県児童文化研究会を主宰しているが、そのことは大願寺の項でも述べた。

山門をくぐると正面に庫裏があるが、ここは開放されていて「ひまわり保育園」となっている。
余程、子供達を愛する心やさしいお坊さんなのだろう。

境内に「立正安国」の石碑がある。
その揮毫は「晩翠」となっているから些か気にかかるがその詮索は遠慮した。
すべて知ってしまうと、後の楽しみがなくなる。
いずれ訊ねてみようという宿題があってもいいような気がするのだ。

本堂の横にはセメントで作ったすべり台があって、その横にはもう永い間、苔むした蹲がひっくり返ったままになっている。
なんとなく生活臭さが漂っているようで面白い。

裏門はいつも閉まっていて、鐘楼の鐘はかなり新しく、保育園の子供達が境内せましと走り回っていている実に明るくのどかなお寺さんである。

法正院を出て上条の交差点を横断すると、そこはもう買い物公園グリーンモールだ。
商店と人道と公園と車道、それに街路樹をからませたこの通りは、つい先年まで東の唐戸市場に対する西の長門市場としてその雑踏が市民に親しまれたものであった。
あの狭い土地に物売りと買い物客が溢れて、常にもみ合わなければ通り抜けられぬ市場は、魚と野菜と人いきれ、それに泥やドブ、汗なども入り混じって一種独特の雰囲気を醸し出していた。
だからこのように整然とした公園ができたことに反発する人もいるというが、あまり難しいことは考えまい。
美しい街並みをそぞろ歩くのも、また楽しいものだ。

そのグリーンモール、上条からゆるい坂を下りかけた左手の石垣の中ほどに猿田彦が祀られてあり、こんなところにも庚申信仰が生きているのが嬉しい。
この猿田彦にはユッカやアジサイが植えられていて、季節ごとに開くその花は美しい。

ゆるい坂を下りきったあたりに右に山陽本線をくぐる細いガードがある。
今浦の裏通りと呼ばれているが、昔はこの小さな道が本通りであった。
時代の流れは如何ともし難い。

その通りの右手丘の上に円通寺がある。
昔は海峡を一望して素晴らしい景観が楽しめたことだろうが今では古い家並みの間や前方にビルが林立して青い空を眺めるくらいのもの。
すぐそばを山陽本線が走っていて、ひっきりなしに列車が轟音をこだまさせて通過する。

本堂の右手には朽木を扁額にした瑠璃殿があり、その横には半跏像の地蔵菩薩が祀られている。
「南無大師遍生金剛」と書いた弘法大師像はさらにその横に建てられていて、八十八ヶ所ならぬ三十三ヶ所も境内にまとめられている。
第一番は紀伊国那智で三十三番霊所は美濃国谷汲寺となっていて、それぞれの仏様が肩を寄せ合っているのは満員電車を見るようで痛ましいが、京都念佛寺の千体佛のひしめきに較べれば、まだましだろう。

庫裏の裏手には稲荷神社の祠があり、そばの林に分け入ると丘の上に墓地が並ぶ。
海峡と漁港と響灘が見渡せる。

さて、ここからはもう駅も近い。
円通寺の石段を下ってグリーンモールへ戻り、そのまま買い物公園沿いに旧邦楽座通りをぶらついてもいいし、茶山の坂を登って豊前田へ行くのも楽しいだろう。
あるいは、直接、円通寺から長門市場の雑踏に紛れ込んで魚の匂いを嗅ぎ、買い物カゴにぶっつかりながら、ニチイのそばに出るコースもある。

ここまで戻れば、もう急ぐこともあるまい。
下関駅に最も近いお寺さん、光東寺にお詣りしてみよう。
ニチイのそばから竹崎の旧道を少し入った右手の丘にある曹洞宗の寺院で山号は海潮山。
小瀬戸の流れが参道の石段を洗っていた頃に想いを馳せると、この山号もまたふさわしい。

山門から本堂まではわずか十メートル足らずで境内は狭いが、本堂や鐘楼の屋根瓦には一に三つ星の毛利家の定紋が浮き出ている。
左手の墓地には百日紅、夾竹桃、枇杷、柿、梨などの木が植えられていて八十八ヶ所の霊場が順不同で墓群れの間を縫っている。
おびただしい石佛の大半は風化して頭部が落ちたり、お顔が崩れたものも多い。
しかし、ほとんどの台座は大正年間に赤レンガとセメントで補修されているので些か救われる。
墓地の奥と鐘楼の横に旅館があり、参道脇には飲み屋などもある。
そして周囲は大きなビルがジャングルの様相を呈して、先ほどの円通寺以上に眺望がせばめられているのが何とも物悲しい。
しかし、駅前の喧騒がまるで嘘のように、この境内はいつ来ても静かで心の休まる思いがする。

時折、遠く海峡を往来する船舶の汽笛が長く尾を引いて流れる。
列車の発着を告げる下関駅のマイクロフォンの声なども、この山門に行って聞くと、何かしら淡い夢に包まれたように耳をくすぐる。
ぶらたん氏、下駄のはき心地の良さに任せて歩き疲れたのであろうか。


冨田義弘著「下関駅周辺 下駄ばきぶらたん」
昭和51年 赤間関書房
関連記事

Posted on 2018/08/01 Wed. 11:06 [edit]

category: ぶらたん

TB: --    CM: 0

01

炭鉱祭 

炭鉱 有限から無限へより
炭鉱祭(昭和10年)
IMG_2866_2018080111051901d.jpg
関連記事

Posted on 2018/08/01 Wed. 11:05 [edit]

category: 炭鉱

TB: --    CM: 0

01

東京大相撲 

炭鉱 有限から無限へより
東京大相撲(大正10年)
IMG_2865_20180801110309599.jpg
関連記事

Posted on 2018/08/01 Wed. 11:03 [edit]

category: 炭鉱

TB: --    CM: 0

01

緑座 

炭鉱 有限から無限へより
劇場緑座(明治末期)
IMG_2864_201808011046548d1.jpg
関連記事

Posted on 2018/08/01 Wed. 10:47 [edit]

category: 炭鉱

TB: --    CM: 0

01

桜館 

炭鉱 有限から無限へより
桜館(大正9年)
IMG_2862_20180801104438da9.jpg

IMG_2863_20180801104439082.jpg
関連記事

Posted on 2018/08/01 Wed. 10:45 [edit]

category: 炭鉱

TB: --    CM: 0

01

下関観光検定084 

【質問】

旧下関英国領事館の小屋裏に取り付けらけている、上棟の年月日が記されたものは何でしょう。

【答え】

幣串

【解説】

上棟式とは、建築儀礼のひとつであり、棟木を上げるときに行われます。
大地をつかさどる神に守護を感謝し、家屋の棟をつかさどる神々に事の成就を願う祭事です。
上棟式の際に、建物の新築、再建、修理をおこなったときに、施主や施工者の氏名、年号、祈願文などを墨書した細長い板状のものがつくられます。
これが棟札です。
旧英国領事館では、棟札に代わるものとして「上棟 明治参拾九年八月九日」と書かれた幣串が棟木に打ち付けられています。
なお旧下関英国領事館は重要文化財の指定になっています。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行
関連記事

Posted on 2018/08/01 Wed. 10:41 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

01

山陽倶楽部 

海峡の町有情より(昭和53年刊)
山陽倶楽部(昭和10年)
IMG_3196_201808011040318e9.jpg
関連記事

Posted on 2018/08/01 Wed. 10:40 [edit]

category: 海峡の町有情

TB: --    CM: 0

01

旧豊浦中学校 

海峡の町有情より(昭和53年刊)
旧豊浦中学校
IMG_3195_201808011038210be.jpg
関連記事

Posted on 2018/08/01 Wed. 10:38 [edit]

category: 海峡の町有情

TB: --    CM: 0

01

彦島八幡宮 

海峡の町有情より(昭和53年刊)
かつて松が三千本あった彦島八幡宮境内(明治末期)
IMG_3194_20180801103624b72.jpg
関連記事

Posted on 2018/08/01 Wed. 10:36 [edit]

category: 海峡の町有情

TB: --    CM: 0

01

彦島八幡宮 

海峡の町有情より(昭和53年刊)
彦島八幡宮
IMG_3193_2018080110333508c.jpg
関連記事

Posted on 2018/08/01 Wed. 10:33 [edit]

category: 海峡の町有情

TB: --    CM: 0

01

桜山神社 

海峡の町有情より(昭和53年刊)
桜山神社
IMG_3192_2018080110314855a.jpg
関連記事

Posted on 2018/08/01 Wed. 10:31 [edit]

category: 海峡の町有情

TB: --    CM: 0

01

彦島のけしき《江の浦》 

de10_201808011028446fd.jpg

de76_201808011028462bd.jpg

df4w1_20180801102847ef7.jpg
関連記事

Posted on 2018/08/01 Wed. 10:29 [edit]

category: 彦島のけしき3

TB: --    CM: 0

01

落ちた雷 

落ちた雷


八代の山の中の里には、天徳曇天(テントクドンテン)さまというえらいお坊さんの開いた、太陽寺という古いお寺があります。

ある日、にわかに夕立がきたかと思うと、お寺の庭に、われるような音をたてて雷が落ちてきました。

テントクドンテンさまは、雷にも負けない大きな声で、「おつちッ」と雷に呼びかけられました。
すると、どうしたことでしょうか。雷は急に力がぬけて、その場にはいつくばってしまいました。

「おつち」というのは女の人の名前ですが、雷は名前をつけられると、天にかえる力を失ってしまうのだそうです。
テントクドンテンさまはそれを知っており、雷が落ちてきた間一髪をはずさず、雷をいけどってしまわれたのです。

こうして雷はおつちとよばれて、そのお寺で奉公することになりました

テントクドンテンさまは、
「しばらくこの寺で修業してから天にかえるがよい、そうした方が天の雷一族にも、申し開きができるじゃろう」
といわれたので、その日から毎日、八代の里のはずれまで水をくみに通いつづけておりました。

ある晩のこと、テントクドンテンさまの夢枕に、天から雷の子供がおりてきて、
「テントクドンテンさま、あなたのところで水をくんでいますのは、わたくしの父でございます。どうぞ一日もはやく天にもどしてくださいませ」
と涙ながらにたのむのでした。

テントクドンテンさまは、目が覚めても夢だと思えず、また、親を思う子のこころをあわれと思い、さっそく雷のおつちをよんで、夢の話をかたって聞かせました。

すると、おつちは、
「実はわたくしも息子の夢を見ました。息子が申しますには、
お父さんも水くみがえらかろう。わたくしから和尚さまにお願いしてあげるから、天にかえしてもらうとよい。
それには水のくみ手がいろうから、お父さんが天にもどってくるとき、お寺の裏庭の岩に爪をかけてのぼりなさい。
その爪あとから年中清水がわきだすように、仏様にとりはからってもらいましょう。
というのでございます」と申しました。

この話を聞いて、テントクドンテンさまは、はたと、ひざをたたいて、
「かえれ、おつちッ」と大声をかけられました。

そうすると、大雨がザァザァとふりはじめ、雷のおつちは、裏庭の岩にガッと爪をかけると大地をけって、またたくまに天にのぼってしまった、ということです。

このときからふきだした岩間の水が太陽寺の「雷水」とよばれているもので、どんなに照ってもこの清水のおかげで、お寺では水の心配がさらさらないということです。

太陽寺の「雷水」のいわれ(熊毛郡)


山口銀行編纂 山口むかし話より転載

関連記事

Posted on 2018/08/01 Wed. 10:25 [edit]

category: 山口むかし話

TB: --    CM: 0

01

はたけ43-10 

IMG_2779_20180801102423c97.jpg

IMG_2780_201808011024259a8.jpg

IMG_2781_201808011024261b8.jpg
関連記事

Posted on 2018/08/01 Wed. 10:24 [edit]

category: はたけ

TB: --    CM: 0

01

はたけ43-9 

IMG_2773_20180801102311859.jpg

IMG_2774_20180801102313cf3.jpg

IMG_2775_20180801102314977.jpg
関連記事

Posted on 2018/08/01 Wed. 10:23 [edit]

category: はたけ

TB: --    CM: 0

01