06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

下関駅と壁画 

下関駅と壁画

駅はその町の顔。
駅はその土地の玄関だという。
とすれば下関駅は、下関の顔であり、そして玄関でもある。

他に一ノ宮地区には山陽新幹線の新下関駅もあるが、ここは在来線の下関駅について書こう。

山陽本線の前身、山陽鉄道が厚狭から赤間関市まで全線開通したのは明治三十四年五月で、その時、赤間関駅も同時に開業した。
それは、まもなく下関駅と改めることになるが、今の西細江の海岸沿いに門司港駅によく似た駅舎が建っていた。

わが国最初の展望車付きの特急列車もこの駅を基点として走り、関門連絡船や関釜航路の乗客もこの駅に足跡を残した。
下関駅は本州最西端の終着駅であると同時に九州への橋渡しと、大陸への玄関口として華やかな四十余年を過ごした訳であった。

その下関駅が西細江から現在地に移ったのは関門鉄道トンネル開通の昭和十七年秋。
そして駅移転の日から下関駅は「新駅」、西細江の跡地は「旧駅」とそれぞれ呼び分けられることになる。

海底トンネルは、下関・門司間を西日本における電化第一号で結んだ。
だから人々は電気機関車のピーッと鳴らす警笛を珍しがって、わざわざその音を聞きに出かけたものであった。

また新駅は、戦時中の完工にもかかわらず構内の主要な箇所はもとより、ホームの洗面所や便所にまで大理石をふんだんに使って話題をまいた。
さらに豪華な一、二等待合室と広大な三等待合室はこの駅の自慢でもあった。

今、下関駅の中央部にある名店街は、三等待合室の約七十パーセントをつぶして充てたものである。
一、二等待合室も当時に比べればいくらか狭くなっているが、ここには大きな壁画があった。
確か大東亜共栄圏を描いた地図であったような気がするが、今ではそれを見ることはできない。

壁画といえば、駅の日本食堂に関門トンネル掘削工事のたくましい絵がある。
縦約二メートル、横約一メートル五十で、あまり大きくはないが、おでん売り場の湯気に当てられながら食堂のお客を見下ろしている。

素掘りのトンネル内で膝をついて、削岩機を操る工夫と、つるはしを握った二人の男、それにおそらくこれもドリルを使っている後ろ向きの二人の力強い姿が壁に浮き出ている。

トンネル工事は昭和十一年九月の起工で十四年四月に豆トンネルが貫通し、十六年七月には本トンネルが通じた。
そして公式に運転営業を開始したのは十七年十一月十五日であった。

しかし、その時はまだ単線で、そのまま工事を続けて複線になったのは十八年十二月三十日だが、起工から約四年八ヶ月の間に延べ三百四十七万人作業員が従事し、三十四人の殉職者がでた。
その慰霊碑は彦島の関門トンネル入り口に立てられているが、シーズンには河豚刺しが食べられると評判の日食の壁画を鑑賞しながら当時の難工事に想いを馳せるのも意義がある。

また、この絵の右側にもかなり大きな壁画があったと記憶するのだが、二、三の日食従業員に訊ねても覚えていないという。


冨田義弘著「下関駅周辺 下駄ばきぶらたん」
昭和51年 赤間関書房
関連記事

Posted on 2018/07/12 Thu. 12:41 [edit]

category: ぶらたん

TB: --    CM: 0

12

第五沖ノ山丸 

炭鉱 有限から無限へより
第五沖ノ山丸(昭和初期)
IMG_2432_201807121240241f2.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/12 Thu. 12:40 [edit]

category: 炭鉱

TB: --    CM: 0

12

沖ノ山丸 

炭鉱 有限から無限へより
沖ノ山丸(昭和初期)
IMG_2431_201807121237516eb.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/12 Thu. 12:37 [edit]

category: 炭鉱

TB: --    CM: 0

12

沖ノ山炭鉱貯炭場 

炭鉱 有限から無限へより
沖ノ山炭鉱貯炭場(昭和初期)
IMG_2430_20180712123437950.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/12 Thu. 12:34 [edit]

category: 炭鉱

TB: --    CM: 0

12

東見初港 

炭鉱 有限から無限へより
東見初港(昭和10年)
IMG_2429_20180712123131d6c.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/12 Thu. 12:31 [edit]

category: 炭鉱

TB: --    CM: 0

12

丸尾港 

炭鉱 有限から無限へより
丸尾港(昭和16年)
IMG_2428_201807121215339f6.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/12 Thu. 12:15 [edit]

category: 炭鉱

TB: --    CM: 0

12

下関観光検定068 

【質問】

川棚の名物料理といえば瓦そばです。
瓦そばは、ある戦の話からヒントを得て「たかせ」の創立者が開発したといわれています。
さてヒントになった戦はなんでしょうか。

【答え】

西南の役

【解説】

明治10年、西南の役において熊本城を囲む薩摩軍の兵士たちは、長い野戦の合間に瓦を用いて野草、肉などを焼いて食べたという古老の話にヒントを得て、「たかせ」の創立者の高瀬慎一が開発したのが、瓦そばの発祥だといわれています。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行
関連記事

Posted on 2018/07/12 Thu. 12:05 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

12

太平山 

やまぐちの山と自然より
太平山
IMG_2988_20180712115950705.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/12 Thu. 12:00 [edit]

category: やまぐちの山と自然

TB: --    CM: 0

12

千石岳 

やまぐちの山と自然より
千石岳
IMG_2987_20180712115645b94.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/12 Thu. 11:56 [edit]

category: やまぐちの山と自然

TB: --    CM: 0

12

嶽山 

やまぐちの山と自然より
嶽山 
IMG_2986_201807121154045f6.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/12 Thu. 11:54 [edit]

category: やまぐちの山と自然

TB: --    CM: 0

12

四熊ヶ岳 

やまぐちの山と自然より
四熊ヶ岳 7月
IMG_2985_20180712115030f0f.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/12 Thu. 11:50 [edit]

category: やまぐちの山と自然

TB: --    CM: 0

12

金明水 

やまぐちの山と自然より
金明水 10月
IMG_2984_2018071210403878e.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/12 Thu. 10:40 [edit]

category: やまぐちの山と自然

TB: --    CM: 0

12

彦島のけしき《彦島大橋》 

dd9w4_20180712103513158.jpg

dd64_201807121035156bf.jpg

de8w9.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/12 Thu. 10:35 [edit]

category: 彦島のけしき3

TB: --    CM: 0

12

まだわからん 

まだわからん
山口県の民話


 むかしむかし、何日も何日も日照りの続いた年がありました。
「せっかく蕎麦(そば)をまいたばかりなのに、このままでは蕎麦が全滅してしまうぞ」
 お百姓はそう言いましたが、何日かたって孫が畑へ行ってみると、少しも雨が降っていないのに蕎麦が青々と生えていたのです。
「じいちゃん! じいちゃん! 蕎麦が生えているぞ!」
 それを聞いたお百姓も、大喜びです。
「そうか、そうか。蕎
 麦は少々の日照りでも生えると言うが、今年の様なひどい日照り続きでも生えてきたか。
 だが、蕎麦の花が咲いて、蕎麦の実を実らせるまでは安心は出来んぞ」
 するとそれから何日かたって孫が畑へ行ったら、蕎麦が大きくなって花を咲かせていたのです。
「じいちゃん! じいちゃん! 畑一面に蕎麦の花がまっ白に咲いているぞ。これで蕎麦が食えるな」
「いいや、まだまだ。ちゃんと実るまではわからんて」
 それからまた何日かたって、再び畑へ行った孫が言いました。
「じいちゃん! じいちゃん!
 蕎麦に、まっ黒い三角の実がいっぱい実っているぞ。
 これで間違いなしに、蕎麦は食えるな」
 しかしお百姓は、首を横に振って、
「いいや、物事は最後の最後までわからんぞ」
と、言うので、孫はお百姓をせかして言いました。
「それじゃあ、今から蕎麦刈りをしよう」
 そこで二人は蕎麦を刈って、刈った蕎麦を干して、それから家へ持って帰って叩いて蕎麦の実を取り出しました。
「じいちゃん! じいちゃん! これでもう蕎麦が食えるな」
 孫がそう言いましたが、お百姓はやはり首を横に振って、
「いいや、まだわからんぞ」
と、言うのです。
 そこで孫は蕎麦を臼(うす)にかけて粉をひいて、その粉に少しずつ水を入れてこねると板状にして包丁で細長く切りました。
 そして熱々のお湯で蒸すと、いよいよ蕎麦の完成です。
 すると孫が、お百姓にニンマリと笑って、
「じいちゃん! じいちゃん! これでいよいよ蕎麦が食えるな。なんぼ、じいちゃんでも、ここまでくれば、『いいや、まだわからんぞ』とは、言わんだろう」
と、言いました。
 ところがお百姓は、
「いいや、まだわからんぞ。口に入るまではな」
と、言うのです。
 すると孫は、ケラケラと笑って、
「いくら何でも、そこまで心配する事は」
と、その蕎麦をそばつゆにもつけずに、口の中にかきこもうとしましたが、
「あっ!」
と、孫はうっかり手を滑らせて、蕎麦をざるごと目の前の囲炉裏の灰にぶちまけてしまったのです。
 するとお百姓は、
「それ見ろ、だからわしは、物事は最後の最後までわからんと言っただろう」
と、笑いながら言って、はんべそをかく孫に自分の分の蕎麦を食べさせてやったと言うことです。

おしまい
関連記事

Posted on 2018/07/12 Thu. 10:31 [edit]

category: 山口むかし話

TB: --    CM: 0

12

はたけ40-10 

IMG_3705.jpg

IMG_3706.jpg

IMG_3708.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/12 Thu. 10:29 [edit]

category: はたけ

TB: --    CM: 0

12