06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

赤間関・馬関・下関 

赤間関・馬関・下関

本州の最西端、三方を海に面しているせいか海岸線の長さは日本一と言われる下関は、人口約二十七万、中国地方では広島、岡山に次ぐものの、中程度の上位にランクされる都市。
といっても、明治二十二年、わが国に初めて市制が布かれた時にはその仲間に入っていたから、日本で一番古い都市の一つだと言うこともできる。

昔は、赤間ヶ関と呼んだ。
赤目の魚がいたからだとか、赤馬の関だとか、海の汐水、つまり閼伽だとか、その由来は諸説分分。
赤目の魚は鯛のことで、赤馬は大きな船という意味だが、ここでは詮索はすまい。

幕末になって赤間ヶ関は何故か、馬関と呼ばれるようになる。
赤間ヶ関とか赤馬が関と書いていたものを、六字から三字の呼び名に縮めてしまう感覚は、現代の若者に通じるものがある。
それは永い鎖国の夢がようやく覚めかけた頃でもあった。

この馬関の呼び名は、テレビや小説で馴染み深いが、演ずる役者たちは必ずと言ってよいほど、馬関のバにアクセントを置く。
テレビを見ていてこれほど不愉快なことはない。
自分の住んでいる土地がとんでもない語調で呼ばれたりすれば、そのドラマ内容が薄っぺらなものに見えてくるのは当然だろう。

馬関は、どこにもアクセントを置かないバカンである。
つまり馬関戦争とか馬関海峡と呼ぶ場合と同じ調子のバカンで発すれば、地元の人々も満足してくれる。
馬関という呼称は現在でも下関の旧市内以外の山村漁村地域の古老の間で生きていて「明日は馬関に行ってくる」という会話もしばしば聞かれる。
かえって馬関に住んでいる下関市民のほうが、バカンの存在をすでに忘れかけているのかもしれない。

ところで下ノ関という呼び名も本当は、かなり古いが赤間関市を改めて正式に市の名称を下関市としたのは明治三十五年のことである。


冨田義弘著「下関駅周辺 下駄ばきぶらたん」
昭和51年 赤間関書房
関連記事

Posted on 2018/07/11 Wed. 13:55 [edit]

category: ぶらたん

TB: --    CM: 0

11

順化丸 

炭鉱 有限から無限へより
順化丸(大正末期)
IMG_2427_20180711135308a74.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/11 Wed. 13:53 [edit]

category: 炭鉱

TB: --    CM: 0

11

石炭船積み 

炭鉱 有限から無限へより
石炭船積み
IMG_2426_20180711135009307.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/11 Wed. 13:50 [edit]

category: 炭鉱

TB: --    CM: 0

11

沖ノ山炭鉱 

炭鉱 有限から無限へより
沖ノ山炭鉱(昭和12年)
IMG_2425_20180711134816b8a.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/11 Wed. 13:48 [edit]

category: 炭鉱

TB: --    CM: 0

11

本山炭鉱桟橋 

炭鉱 有限から無限へより
本山炭鉱桟橋(昭和10年代)
IMG_2424_20180711134612e7f.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/11 Wed. 13:46 [edit]

category: 炭鉱

TB: --    CM: 0

11

本山炭鉱 

炭鉱 有限から無限へより
本山炭鉱(昭和11年)
IMG_2423_20180711134339869.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/11 Wed. 13:43 [edit]

category: 炭鉱

TB: --    CM: 0

11

下関観光検定067 

【質問】

大正天皇ご即位を記念して造られた公園が、下関最初の公園、日和山公園です。
大正10年から整備に着手し、完成したのは昭和2年11月のことでした。
この公園のシンボルとなったのが、昭和11年に建立された高杉晋作の銅像です。
しかしこの銅像は戦時中に供出され、台座のみ残っていましたが、この台座の上に、陶像として昭和31年4月に再建されました。
この陶像は何焼きでつくられたでしょうか。

【答え】

備前焼

【解説】

下関市では大正天皇ご即位を記念して、海峡を見下ろす景勝の地・日和山に公園を造ることを決定。
大正10年から整備に着手しましたが、完成したのは御代が変わった昭和2年のことでした。
この公園のシンボルとなったのが、昭和11年に建立された高杉晋作の銅像でした。
この銅像が戦時中に供出され、台座のみ残っていましたが、昭和31年備前焼の陶像として再建されました。
製作者は備前の陶工、伊勢崎陽山、像の高さは4.2m。
高杉晋作の墓所、吉田の清水山にもやや小型の像が立っていますが、これが日和山の像の原型です。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行
関連記事

Posted on 2018/07/11 Wed. 13:39 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

11

一の岳 

やまぐちの山と自然より
一の岳 11月
IMG_2982_20180711133809901.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/11 Wed. 13:38 [edit]

category: やまぐちの山と自然

TB: --    CM: 0

11

烏帽子ヶ岳 

やまぐちの山と自然より
烏帽子ヶ岳 11月
IMG_2982_20180711133519c15.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/11 Wed. 13:35 [edit]

category: やまぐちの山と自然

TB: --    CM: 0

11

大星山より 

やまぐちの山と自然より
大星山より 11月
IMG_2981_201807111332154fd.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/11 Wed. 13:32 [edit]

category: やまぐちの山と自然

TB: --    CM: 0

11

莇ヶ岳鎖場 

やまぐちの山と自然より
莇ヶ岳鎖場 5月
IMG_2980_20180711111000e04.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/11 Wed. 11:10 [edit]

category: やまぐちの山と自然

TB: --    CM: 0

11

莇ヶ岳 

やまぐちの山と自然より
莇ヶ岳 5月
IMG_2979_201807111106361f9.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/11 Wed. 11:06 [edit]

category: やまぐちの山と自然

TB: --    CM: 0

11

なまことクジラの泳ぎ勝負 

なまことクジラの泳ぎ勝負


 むかしむかし、日本の海には、たくさんのクジラが住んでいました。
 クジラは体が大きくて力持ちで、それに泳ぎの名人ですから、どんな魚もかないません。
 だからクジラたちは大いばりで、毎日ゆうゆうと海を泳いでいました。
 さあ、おもしろくないのは魚たちです。
「何とかして、クジラをやっつける方法はないだろうか?」
 毎日のように集まっては相談しましたが、いい方法は浮かびません。
 するとそこへ、なまこがやってきました。
「よし、わしにまかせてくれよ」
 なまこはそう言うと、一人でクジラの親分のところへ行きました。
「こんにちは、クジラの親分さん、あの、一つ頼みがあります。わしと向こうの岩まで泳ぎ比べをしてくれませんか?」
 それを聞いたクジラの親分は、
(のろまで有名ななまこが、何を馬鹿な事を)
と、思いましたが、ここで断ったら、なまこに負けた事になります。
「いいだろう、さっそく始めよう」
 クジラの親分は向こうの岩をめざして、ゆっくりと泳ぎはじめました。
 いくらゆっくり泳いでも、なまこに負ける心配はありません。
 それでも、あっという間に向こうの岩に着いてしまいました。
(さて、なまこのやつ、いつ泳ぎ着く事か)
 そう思って、ふと前を見ると、なんとそこにはなまこがいて、
「おやおや、ずいぶんと遅かったですね。今まで何をしていたのですか?」
と、言うではありませんか。
「そんなばかな!」
 クジラの親分は、どうしてなまこに負けたのか、さっぱりわかりません。
「よし、今度は、あの岬まで勝負だ!」
 言うなり、クジラの親分はものすごい勢いで泳いでいきました。
「よし、これなら大丈夫だ」
 岬についたクジラの親分が、後ろを振り返ろうとすると、
「やあ、今度は、さっきより早かったですね」
と、目の前の岩で、なまこの声がしました。
「なに! いったい、どうなっているんだ?!」
 すっかりあせったクジラの親分は、今度はあの岩、次はあの岬と言って、なまこと何度も泳ぎ勝負をしましたが、不思議な事に、いつも負けてしまいます。
 さすがのクジラの親分も、すっかり困ってしまいました。
(なまこに負けたなんて事がばれたら、ほかの魚に馬鹿にされてしまう。・・・仕方がない。出ていこう)
 そこでクジラの親分は子分たちを引き連れて、遠い南の方の海へ引っ越していきました。
 日本の海にクジラがいなくなったのは、その時からだそうです。
 さて、なまこはどうしてクジラの親分に勝ったのかというと、実は、なまこは仲間たちと相談して、あちこちの岩にはじめから隠れていたのです。
 そんな事とは知らないクジラの親分は、自分が負けたと思い込んだのでした。


山口県の民話 福娘童話集より
http://hukumusume.com/douwa/index.html
関連記事

Posted on 2018/07/11 Wed. 10:58 [edit]

category: 山口むかし話

TB: --    CM: 0

11

はたけ40-5 

IMG_3663_2018071110561980d.jpg

IMG_3664_20180711105621aa8.jpg

IMG_3666_20180711105622c4d.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/11 Wed. 10:56 [edit]

category: はたけ

TB: --    CM: 0

11

はたけ40-4 

IMG_3656_20180711105451e34.jpg

IMG_3657_20180711105453657.jpg

IMG_3658_201807111054545cc.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/11 Wed. 10:55 [edit]

category: はたけ

TB: --    CM: 0

11